メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

初土俵

関連キーワード

  • 御嶽海(2015年12月30日 朝刊)

    1992年12月25日生まれ。上松小1年の時、木曽少年相撲クラブで相撲を始めた。木曽町の福島中、木曽青峰高を卒業。東洋大4年の昨年、学生横綱とアマ横綱に。今年2月に出羽海部屋に入門し、春場所で初土俵。長野県出身力士では大鷲以来47年ぶりの新十両となった名古屋場所で11勝4敗で優勝し、続く秋場所は12勝3敗。所要4場所で入幕を果たし、西前頭11枚目で臨んだ九州場所は8勝7敗だった。

  • 出羽ケ嶽文治郎(2010年08月29日 朝刊)

    1902(明治35)年生まれ。17(大正6)年に初土俵。歌人斎藤茂吉の養父の医師斎藤紀一に養育され、茂吉の歌にも登場する。上山市役所に等身大の像=がある。1950年、49歳で死去。

  • 魁皇(2012年12月20日 朝刊)

    1972年7月、福岡県直方市生まれ。88年春場所で初土俵。2000年名古屋場所後に大関に昇進した。優勝5度、三賞15度。幕内在位107場所、通算1047勝はいずれも歴代1位、カド番13度は元大関千代大海(現佐ノ山親方)に次ぐ同2位。11年7月に引退し、年寄「浅香山」を襲名した。

最新ニュース

写真・図版

初の双子で関取 貴公俊昇進、貴源治の兄 大相撲春場所(2018/1/31)

 日本相撲協会は31日、東京・国技館で春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、炎鵬(えんほう)(23)=本名中村友哉、石川県出身、宮城野部屋=と貴公俊(たかよしとし)(2…[続きを読む]

写真

  • 炎鵬
  • 会見後、貴公俊(左)と握手をする貴乃花親方=31日、東京・両国の国技館、嶋田達也撮影
  • 松鳳山の攻めをしのぐ栃ノ心(左)=越田省吾撮影
  • 初優勝を祝い、部屋の外に集まった人たちに手を振る栃ノ心=27日午後、東京都墨田区、山本裕之撮影
  • 初優勝を祝い、春日野部屋の外に集まった人たちに手を振る栃ノ心=27日午後、東京都墨田区、山本裕之撮影
  • 栃ノ心は初優勝を果たし、土俵下で観客席を見上げる=越田省吾撮影
  • 栃ノ心(左)は寄り切りで逸ノ城を破る=嶋田達也撮影
  • 昨年8月に巡業で地元を訪れ、子どもらに囲まれ笑顔を見せる旭大星=旭川市
  • 栃ノ心(左)は寄り切りで逸ノ城を破る=26日午後5時16分、東京・両国の国技館、嶋田達也撮影
  • 報道関係者の前でうつむく大砂嵐=21日午後11時22分、東京・両国の国技館
  • 唇をかむ大砂嵐=21日午後11時27分、東京・両国の国技館、竹花徹朗撮影
  • 3日目の前相撲を取り終え、握手する納谷(左)と豊昇龍
  • 前相撲でデビューした豊昇龍
  • 錦木を上手投げで破る竜電(右)=柴田悠貴撮影
  • 十両に昇進した天空海=つくばみらい市
  • 相撲道場「中泊道場」の後輩から花束を贈られた後、握手する阿武咲(右)=中泊町
  • 記者会見に駆けつけた大鵬の妻芳子さん(左)。孫の門出を喜んだ
  • 会見中、うつむく日馬富士=竹花徹朗撮影
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ