メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

副読本

関連キーワード

  • 音読暗唱ブックひまわり(2011年05月25日 朝刊)

    新学習指導要領に言語活動の充実が盛り込まれたことを受けて、北九州市教委が2008年度から小1〜4年の児童を対象に副読本として配布している。詩や古典などの一部を紹介し、声を出して読んでもらうことで、日本語の持つリズムや響きを体で味わうことを目指している。市内の131小学校などで活用されているという。

  • 道徳の教科化(2018年02月27日 朝刊)

    これまで小・中学校で「教科外の活動」とされてきた道徳が、小学校は2018年度、中学校は19年度から「特別の教科道徳」となる。授業は年間35時間。検定教科書や記述による評価が導入される。文部科学省は、副読本を読んで感想を述べることなどが中心の「読み物道徳」から「考え、議論する道徳」への転換を打ち出す。

最新ニュース

【カンヌで最高賞受賞!】小説版『万引き家族』是枝監督の完全書き下ろし 映画公開に先駆けて5/28発売(2018/5/21)

リリース発行企業:株式会社 宝島社[画像1: https://prtimes.jp/i/5069/678/resize/d5069-678-419304-0.jpg ]株式会社宝島社(本社:東京都千代…[続きを読む]

写真

  • 竹田市立図書館に残る冥加訓=本田耕一さん提供
  • サーブと亀山さん=中部盲導犬協会提供
  • 先生の呼びかけに、児童は次々に手を挙げて意見を言った=25日、南魚沼市立三用小学校
  • 道徳の教科化に向けた研究授業=仙台市教育委員会提供
  • 西野真由美さん
  • 道徳教科書の「自己評価」の例(抜粋)
  • 道徳の研究授業を行った三郷市立丹後小学校の5年3組の児童ら=2月9日、三郷市早稲田5丁目
  • 組み立てた骨格化石と記念撮影する田島政人さん(前列右端)=昭島市教委提供
  • <私たちも祈る> 23年前、8人の児童が亡くなった精道小学校の追悼式で、黙祷(もくとう)する児童ら=17日午前9時32分、兵庫県芦屋市、関田航撮影
  • 小学校3年生のころの浅井亜希子さん(浅井鈴子さん提供)
  • 震災時に島民を守る活躍をした小型連絡船「ひまわり」=気仙沼市大島地区の浦の浜漁港
  • 生徒らが訪れた「ポレーシェ国立放射線生態学保護区」の境界。この地区は事故で高汚染地帯となり、今も立ち入りが禁止されている
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ