メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

副読本

関連キーワード

  • 音読暗唱ブックひまわり(2011年05月25日 朝刊)

    新学習指導要領に言語活動の充実が盛り込まれたことを受けて、北九州市教委が2008年度から小1〜4年の児童を対象に副読本として配布している。詩や古典などの一部を紹介し、声を出して読んでもらうことで、日本語の持つリズムや響きを体で味わうことを目指している。市内の131小学校などで活用されているという。

最新ニュース

アマゾンで予約すると電子書籍などがもらえる!『できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版』Amazon予約キャンペーンを10月4日より開始(2017/10/4)

リリース発行企業:株式会社インプレスホールディングスインプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、11月17日発売予定の新刊…[続きを読む]

写真

  • ゴメリ州ホイニキ地区の学校で、放射線に関する活動の説明を受ける生徒ら=7月28日、ベラルーシ、飯沼優仁撮影
  • グラフィック・高山裕也
  • 英語の副読本「エンジョイ・ラクゴ」
  • 「ほととぎす漬」を復活させた「チームほととぎす」のメンバーら=藤枝市駅前2丁目
  • 教育勅語などをめぐる動き
  • 教育勅語の写し
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ