メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

労働基準法

関連キーワード

  • 管理監督者(2008年09月09日 夕刊)

    厚労省の通達で「経営者と一体的な立場にある者」と定義され、労働基準法で残業代の支払いが免除されている。一般的に使われる「管理職」とは必ずしも重ならない。

  • 内定取り消し(2008年10月29日 朝刊)

    厚生労働省によると、内定は雇用を保障する労働契約と認識されている。だが、内定の定義は厳密ではないため、解雇のように労働基準法で厳格に制限されているわけではない。最高裁判例では「客観的に合理的と認められ、社会通念の上で相当と是認できる場合」に限り取り消しができるとしている。同省は、企業経営の悪化などが合理的な理由といえるかは、個々のケースで判断するしかないとしている。

  • 研修・技能実習制度(2009年04月29日 朝刊)

    途上国の人材育成を目的に93年に創設。1年目は研修生、2〜3年目は技能実習生として働く。研修生は労働基準法の対象外で最低賃金制度も適用されないことも手伝い、人手不足に悩む中小企業を中心に広がった。07年現在、計20万人近くが滞在する。

最新ニュース

於、参議院議員会館「日本における児童労働問題」に関する初の院内セミナー開催のお知らせ(2018/6/14)

リリース発行企業:特定非営利活動法人ACE世界の子どもを児童労働からから守るために活動する認定NPO法人ACE(東京都台東区、代表 岩附由香)は、2018年6月18日(月)、参議院議員会館において、セ…[続きを読む]

写真

  • 入江洋一議長(右端)に提言書を手渡す池田慈委員長ら特別委の女性議員=取手市議会
  • 残業の年間上限規制には「抜け穴」がある
  • 厚生労働省に署名を提出する「雇用関係によらない働き方と子育て研究会」のメンバーら=2018年6月4日、厚生労働省、田渕紫織撮影
  • 参院本会議で、働き方改革関連法案の趣旨説明をするため席を立つ加藤勝信厚労相(手前右)。手前左は安倍晋三首相=2018年6月4日午前10時6分、岩下毅撮影
  • 衆院厚労委で、遺影を掲げ採決の様子を傍聴した全国過労死を考える家族の会の寺西笑子代表(左)ら=2018年5月25日午後、飯塚晋一撮影
  • 医師の三島千明さん
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ