メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

労働基準監督署

関連キーワード

  • じん肺と合併症(2008年07月27日 朝刊)

    じん肺は、金属や研磨材、炭素原料などの粉じんを吸い続け、肺が硬くなって呼吸困難になる病気。炭坑や鉱山の労働者に多い。診断で「所見あり」とされると、症状が1〜4の「管理区分」に分けられる。労災保険の休業補償給付では、最も症状が重い4は無条件で対象になる。中程度の2〜3は、続発性気管支炎や肺結核など、じん肺法が認める6種類の合併症のいずれかがないと給付されない。労働基準監督署に給付請求する際、医療機関による合併症の診断証明書が必要になる。続発性気管支炎は6種の合併症の中で最も罹患(りかん)率が高い。

最新ニュース

(けいざい+)ヤマトは変われるか:上 ドライバー、募る不信(2017/6/22)

 「申請した通りに未払い残業代が支払われるのか不安だ。まだ支給額すら伝えられていないのに、会社は総額が見通せたと言えるものなのか」。ヤマト運輸で「宅急便」の配達を担う北日本の30代の男性セールスドライ[続きを読む]

労働基準監督署をコトバンクで調べる

写真

  • 調査で使われたアンケート用紙。労働時間の過少申告や取得できなかった休憩時間の有無など、6項目について尋ねている
  • 「イクボス宣言」をする木村健一郎市長(中央)ら=昨年11月、周南市提供
  • 配送先に向かうヤマト運輸のドライバー
  • パンク寸前の宅配業界
  • 政府が導入をめざす働き方/残業代や手当の支払い方の違い/働く時間は裁量労働制の方が長い
  • いなげや志木柏町店に勤務していた男性の父親。労災認定を伝える新聞を手元に置き、会社の責任を訴えた
  • いなげや志木柏町店に勤務していた男性の父親。労災認定を伝える新聞を手元に置き、会社の責任を訴えた
  • 緊急対応宣言について説明する新潟市民病院の片柳憲雄院長。右は篠田昭市長=6日、新潟市中央区
  • 緊急対応宣言について説明する新潟市民病院の片柳憲雄院長。右は篠田昭市長=6日、新潟市中央区
  • 煙を上げる新日鉄住金名古屋製鉄所の施設=2014年9月3日、愛知県東海市、朝日新聞社ヘリから、山本正樹撮影
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】スマホでは撮れない世界へ!

    今欲しいデジタル一眼

  • 写真

    【&TRAVEL】梅雨時にこそ、読みたい

    絵本のぼうけん

  • 写真

    【&M】深田恭子がカフェ店員に

    「夏は海に行けたらいいな」

  • 写真

    【&w】表情美人を目指す〈PR〉

    資生堂 表情プロジェクト

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム生まれ変わり続ける女性の話

    「小説巧者」佐藤正午の新刊

  • 写真

    WEBRONZA前川氏「出会い系バー調査」

    貧困知る手法として適当か

  • 写真

    ハフポスト日本版 地球に舞い降りた天使

    仕事中に見たら思わず手が止まってしまう子猫28連発

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ