メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

労働基準監督署

関連キーワード

  • じん肺と合併症(2008年07月27日 朝刊)

    じん肺は、金属や研磨材、炭素原料などの粉じんを吸い続け、肺が硬くなって呼吸困難になる病気。炭坑や鉱山の労働者に多い。診断で「所見あり」とされると、症状が1〜4の「管理区分」に分けられる。労災保険の休業補償給付では、最も症状が重い4は無条件で対象になる。中程度の2〜3は、続発性気管支炎や肺結核など、じん肺法が認める6種類の合併症のいずれかがないと給付されない。労働基準監督署に給付請求する際、医療機関による合併症の診断証明書が必要になる。続発性気管支炎は6種の合併症の中で最も罹患(りかん)率が高い。

最新ニュース

写真・図版

医師の働き方改革、どう進める?(2018/4/22)

 医師の「働き方改革」は、どう進めるべきか。命や健康にかかわる専門的な仕事で、長時間労働は珍しくない。高齢社会で医療を必要とする人が増える時代、まず取り組むべきことは。 ■疲労度、病院側が把握して 三…[続きを読む]

写真

  • 医師の三島千明さん
  • イラスト・狩谷宏
  • 閣議後、記者の質問に答える加藤勝信厚労相=10日午前、首相官邸、岩下毅撮影
  • 閣議後、記者の質問に答える加藤勝信厚労相=10日午前8時42分、首相官邸、岩下毅撮影
  • 野村不動産に対する特別指導について加藤勝信厚生労働相が事前に報告を受けた際の資料。厚労省はほとんど黒塗りにして開示した
  • 会見する小林信五さん=県庁
  • 加藤勝信厚生労働相が事前に報告を受けた際の資料。厚労省はほとんど黒塗りにして開示した
  • 野村不動産に対する特別指導について加藤勝信厚生労働相が事前に報告を受けた際の資料。厚労省はほとんど黒塗りにして開示した
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ