メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 北九州市立松本清張記念館(2008年12月06日 朝刊)

    松本清張の生涯と作品を紹介する目的で98年8月、小倉城内に開館。自宅の書斎や3万冊を収めた書庫を移し再現。これまでに20回の企画展を開催。研究者や作家らによる講演会や、清張作品が原作の映画などの上映会も開いている。

  • 北九州の公害(2010年09月02日 夕刊)

    洞海湾を中心とする地域は1901(明治34)年の官営八幡製鉄所の誕生を機に工業都市へと発展した。戦後の60年代には工場排煙による大気汚染、排水による水質汚染が深刻化し、69年には日本初のスモッグ警報が出された。洞海湾では海水にシアンやヒ素などの有害物質が高濃度に含まれていることが判明。「七色の煙が覆う空」「死の海」と称された。71年、北九州市は公害防止条例を公布。企業と公害防止協定を結んで対策を進め、経済協力開発機構の環境白書(85年)で「灰色の街から緑の街に変わった」と評された。市は2008年、国の環境モデル都市に選ばれた。

  • 北九州市議選偽用紙事件(2009年07月13日 朝刊)

    2月1日投開票の北九州市議選で計66枚の偽用紙が見つかったのが事件の発端。偽の紙を投票箱に入れて正規の計44枚を持ち帰った詐欺罪で、小倉北区から立候補、落選した山田国義被告(73)らが5月、起訴された。福岡県警は、カネを渡して投票を頼んだ公選法違反(買収、被買収)容疑のほか、集めた用紙で山田被告に投票した同法違反(投票偽造)容疑でも陣営関係者らを逮捕、書類送牽摘発人数は最終的に約80人に上る見通しだ。

最新ニュース

三浦大知、自身最長ツアー発表(2017/6/29)

 歌手の三浦大知が9月からスタートさせる全国ツアー『DAICHI MIURA BEST HIT TOUR 2017』の日程が29日、公式サイトで発表された。三浦大知ニューシングル「U」ジャケット写真3[続きを読む]

北九州をコトバンクで調べる

写真

  • 9月からツアーをスタートさせる三浦大知
  • 小文字通りの300メートル区間が通行止めになり、映画「相棒」の撮影が進められた=2016年7月、北九州市小倉北区
  • アニメ版「シティーハンター」で主人公役を務めた思い出などを語る神谷明さん。背景は「シティーハンター」のイラスト=2015年、北九州市小倉北区
  • アイデアが生まれた瞬間を振り返る音楽館社長の向谷実さん=9日午後、東京都品川区、岩田智博撮影
  • 小倉祇園太鼓の稽古をする児童ら=北九州市小倉北区昭和町の中島市民センター
  • スターフライヤーがつくったCAの初代制服の生地を用いた人形
  • 法廷での筧被告=京都地裁、絵・岩崎絵里
  • 法廷での筧千佐子被告=京都地裁、絵・岩崎絵里
  • 黒部ダムの観光放水を楽しむ観光客ら=26日午前、富山県立山町、高津守撮影
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ