メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

北方領土問題

関連キーワード

  • 北方領土問題(2016年10月04日 朝刊)

    第2次世界大戦末期、ソ連が択捉(えとろふ)島、国後(くなしり)島、色丹(しこたん)島、歯舞(はぼまい)群島の四島を占領。日ソは国交を回復した1956年の日ソ共同宣言で、平和条約締結後に歯舞、色丹二島を日本に引き渡すと明記。その後、ロシアとも交渉が続いたが返還の見通しは立っていない。

  • メドベージェフ大統領と北方領土問題(2011年05月10日 朝刊)

    2008年5月に就任したメドベージェフ大統領は「独創的で型にはまらないアプローチ」が必要だとの考えを示した。しかし09年5月に麻生首相が「ロシアによる不法占拠が続いている」と発言したことなどで態度を硬化。日本での政権交代を経て菅政権誕生後の10年11月には、ソ連・ロシアの最高指導者として初めて、北方領土の国後島を訪れた。

  • 北方領土問題と返還運動(2015年02月08日 朝刊)

    第2次世界大戦末期、ソ連が日ソ中立条約を破棄して旧満州や千島列島などに侵攻。北方四島(択捉、国後、色丹の3島と歯舞群島)を占領した。日本側は、法的根拠のない占拠として四島の返還を要求。一方、ソ連から交渉を引き継いだロシア側は、第2次大戦の結果として四島がロシアに移ったとしている。千島歯舞諸島居住者連盟によると、1万7635人いた元島民のうち昨年3月末現在の生存者は6927人。2〜4世は計2万8830人にのぼり、次世代への返還運動の継承が課題となっている。

最新ニュース

日ロ、安保すれ違い 日本、北方領土の軍増強に懸念 ロシアは中国との協調関係言及(2017/3/21)

 北方領土問題の進展や中国への牽制(けんせい)を見据える日本に対し、日米関係にくさびを打ち込みたいロシア――。それぞれの思惑を抱えた日ロが20日、3年4カ月ぶりに外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)を[続きを読む]

北方領土問題をコトバンクで調べる

写真

  • 2プラス2の冒頭、握手する(右から)稲田朋美防衛相、岸田文雄外相、ロシアのラブロフ外相、ショイグ国防相=20日午後1時44分、東京都港区の外務省飯倉公館、飯塚晋一撮影
  • トランプ米大統領と各国首脳の関係
  • 志発島民3世の広瀬知香子さん=根室市の千島会館
  • 「トランプ大統領の時代、日本は自分で考えて行動しないといけなくなった」=東京都千代田区、林敏行撮影
  • 清水基嗣さん
  • 原田親仁・日ロ関係担当大使
  • 原田親仁・日ロ関係担当大使
  • 昨年末にもロシアを訪れた。今年はロシア革命100年。「ナロードニキ革命家の伝記を書き上げ、僕の研究の最後を締めくくりたい」=東京都中央区築地、郭允撮影
  • 前年のソ連のアフガニスタン侵攻について、華国鋒氏は「ソ連の世界戦略、南下政策の一構成部分」と述べている。日本との対ソ連での連携が、日中関係が深まるきっかけとなった
  • 中曽根康弘首相(左から2人目)と会談する胡耀邦総書記(右から2人目)。左端は安倍晋三首相の父・安倍晋太郎外相=1983年11月24日
  • 当面の政治日程
  • 伊勢神宮内宮を参拝する安倍首相と閣僚ら=4日午後、三重県伊勢市、小川智撮影
  • 戦前の北方四島の様子を写した写真を提供してもらい、その思い出とともに紹介するコーナーも設けられた=根室市納沙布
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】コスパで人気!

    気になるイヤホンランキング

  • 【&TRAVEL】有名店で確実に食事できる技

    世界美食紀行

  • 【&M】「ニッポンの宝島」〈PR〉

    掲載の紙面を太陽光にあてると

  • 【&w】お母さん、元気になってね

    あゆみ食堂のお弁当

  • ブック・アサヒ・コム「誰にも読まれなくていい」

    西村賢太の新作は新境地か

  • WEBRONZA「総理から寄付」何が問題か

    「安倍総理の寄付金」の本質

  • 写真

    ハフポスト日本版 「笑ワレテ 笑ワレテ ツヨクナル」

    イチローの個性的なTシャツ集

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ