メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

北朝鮮、ミサイル発射

写真・図版

北朝鮮ミサイルの飛距離、過去最長 グアム到達距離 (2017/9/15)

北朝鮮は15日午前6時57分ごろ、平壌近郊の順安(スナン)地区から弾道ミサイル1発を太平洋に向けて発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。日本政府は、北朝鮮からのミサイルが北海道上空を通過し、襟裳岬東方の太平洋上に落下したと発表。発射直後…[続きを読む]

【動画】北朝鮮の弾道ミサイルは、過去最長の3700キロ飛行したとみられる(音声はありません)(2017/09/16)

  北朝鮮は15日朝、平壌近郊から弾道ミサイルを発射した。日韓は、北朝鮮が8月29日に発射したものと同じ中距離弾道ミサイル「火星(ファソン)12」(射程4500~5千キロ)で、日本上空を通る飛行コースもほぼ同じだったと分析…[続きを読む]

北朝鮮ミサイル、グアム射程を誇示 国際圧力に焦燥感も(2017/9/15)

北朝鮮は15日に発射した弾道ミサイルによって、米領グアムに対する攻撃能力を誇示した。軍事挑発の間隔も短くなり、強まる国際社会の圧力への焦燥感もにじむ。緊張は高まる一方で、今後は経済制裁だけでなく、より強硬な措置を検討するのか、それとも対話…[続きを読む]

【スライドショー】北朝鮮の6回の核実験にともなうとみられる地震波の波形=気象庁提供(2017/09/03)

 北朝鮮による核実験問題にからみ、気象庁は3日、自然の地震とは異なる波形の地震を観測したと発表した。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・1で、過去5回の核実験で最も大きかった昨年と2009年(M5・3)に比べ、10倍以上のエネルギーだったという。…[続きを読む]

写真・図版

北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本上空を通過(2017/8/29)

北朝鮮は29日午前5時57分ごろ、平壌近郊の順安(スナン)地区から弾道ミサイル1発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。日本政府は、北朝鮮からのミサイルが北海道・襟裳岬東方の太平洋上に落下したと発表。全国瞬時警報システム(Jアラート)は、北海道、東北、北関東など12道県の住民に避難を…[続きを読む]

最新ニュース

■北朝鮮のミサイル戦力と近年の動き

■北朝鮮のミサイル発射と核実験の主な動き

最新ニュース

「フレア使用訓練、海上で」 防衛相、米軍に申し入れ(2017/10/17)

 広島県北広島町の上空で11日、訓練中の米軍機とみられる戦闘機から正体不明の光の球が発射されるのが目撃された問題で、小野寺五典防衛相は17日、米軍機が敵のミサイルを攪乱(かくらん)する火炎弾「フレア」…[続きを読む]

!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ