メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

医師法

関連キーワード

  • 医師法違反の罰則(2011年08月19日 夕刊)

    医師法では、医師ではないのに医師を名乗ったり紛らわしい名称を使ったりした場合には「50万円以下の罰金」、無資格で医療行為をした場合には「3年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金」と定めている。

  • 陽光クリニックの医師法違反事件(2014年11月07日 朝刊)

    岐阜県警は10月21日、同県羽島市にあった診療所「陽光クリニック」の元代表仲嶋淑人容疑者(48)と、元事務長の高橋雅樹容疑者(51)を医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕した。2人の逮捕容疑は、昨年6〜7月、医師免許がないにもかかわらず、看護師に対し患者4人に注射するよう指示していたというもの。診療所は治療に保険が適用されない自由診療で、昨年5月の開業から同9月の閉鎖までにがんや脳卒中などの約900人を治療。管理医師の横浜市の男性医師ら数人が勤務していたが、診療日の約半数は医師不在だったとされる。

  • ミッドレベル・プロバイダー(2009年12月16日 朝刊)

    手術のときの開閉腹や助手、病気の治療、薬の処方、麻酔など、日本では医師法で医師しかできない仕事の一部が認められている医療職の総称。NPやPA、看護麻酔師などが該当する。日本では正式名称はまだないが、「非医師診療師」などとも言われる。修士課程で2〜3年学んだ後、国家試験に合格後に州に免許を申請する。NPは1〜3年ごと、PAは6年ごとに更新が必要。看護麻酔師は100年以上の歴史を持つ。NPとPAはともに1960年代後半から養成が始まった。

最新ニュース

無届け臍帯血移植、大阪の医師らに罰金命令(2017/9/22)

 医師免許がないのに健康状態などを診断したなどとして、医師法違反と医薬品医薬機器法違反の罪に問われた「アムスジャパン」の元社長、杉喬夫(たかお)被告(70)=松山市=の初公判が21日、松山地裁であった…[続きを読む]

写真

  • シンポジウムでは、過労死した医師の遺族や代理人が長時間労働の改善について議論した=東京都千代田区
  • シンポジウムでは、過労死した医師の遺族や代理人が長時間労働の改善について議論した=東京都千代田区
  •   
  • 臍帯血が流出したルート
  • スマホ診療の流れ/患者のメリット/医師のメリット<グラフィック・福宮千秋>
  • 彫り師が握るグリップと呼ばれる器具の先端に取り付けられた針が高速で上下に動き、皮膚を刺しながら色をつけていく=大阪市内、遠藤真梨撮影
  • 彫り師が握るグリップと呼ばれる器具の先端に取り付けられた針が高速で上下に動き、皮膚を刺しながら色をつけていく=大阪市内、遠藤真梨撮影
  • 杉喬夫容疑者が理事長を務める「ホリスティック予防医学研究所」=昨年11月1日、松山市、大川洋輔撮影
  • 杉喬夫容疑者が理事長を務める「ホリスティック予防医学研究所」=昨年11月1日、松山市、大川洋輔撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ