メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

医療費

関連キーワード

  • 医療費(2012年12月12日 朝刊)

    2011年度の全国の医療費は37.8兆円(前年度比3.1%増)で、9年連続で過去最高を更新した。70歳以上の医療費は半分近い17兆円(同4.4%増)を占める。75歳以上が加入する後期高齢者医療制度は、患者の窓口負担(原則1割)を除いた医療費の約4割を現役世代が支える。08年度から特例で原則1割に据え置かれていた70〜74歳の窓口負担を2割にするかどうかの結論は出ていない。

  • 重度障害者の医療費補助(2008年08月15日 朝刊)

    3月まで、65歳以上の重度障害者の大半は老人保健制度の適用を受けて窓口負担は1割。各都道府県に、重度障害者が対象の医療費補助制度があり、窓口負担はゼロだった。4月に75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度(後期医療)が導入されたのに伴い、65歳〜74歳は後期医療に移るか、引き続き加入していた国保や健保などにとどまるか選ぶことになった。この際、10道県は医療費補助の対象者を後期医療の加入者としていた。

  • 子どもの医療費無料化(2008年11月29日 朝刊)

    大沢正明知事は知事選で「15歳までの医療費無料化」を公約に掲げた。県は今年度、通院で就学前まで(従来は3歳未満)、入院で中学卒業まで(同5歳未満)、医療費の自己負担分の補助を拡大した。補助主体は市町村で県は半額を補助する仕組み。

最新ニュース

全国初の自治体向け特定健診・がん検診促進ソリューション スマートバリューとマーソが協業で提供開始(2017/2/23)

株式会社スマートバリュー(本社:大阪市西区、代表取締役社長:渋谷 順)と、マーソ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山口 博道)は、地域における特定健診・がん検診の受診を促進するソリューションの展[続きを読む]

写真

  • 2017年度 佐賀市一般会計当初予算案
  • 原爆被爆地域と被爆体験者区域
  • インタビューの様子=県警提供

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ビジネス用にも子供用にも

    クラウドベースのノートPC

  • 【&TRAVEL】歴史とロマンと

    世界の天空の城

  • 【&M】&M読者にプレゼント

    時計やカメラなど抽選で

  • 【&w】ランウェイの裏は戦場!?

    ファッションショーの舞台裏

  • ブック・アサヒ・コム直木賞も近い?須賀しのぶ

    小説「また、桜の国で」が話題

  • WEBRONZAトランプと自動車業界の攻防

    1980年代の「摩擦」を振り返る

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ