メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

医療費

関連キーワード

  • 医療費(2012年12月12日 朝刊)

    2011年度の全国の医療費は37.8兆円(前年度比3.1%増)で、9年連続で過去最高を更新した。70歳以上の医療費は半分近い17兆円(同4.4%増)を占める。75歳以上が加入する後期高齢者医療制度は、患者の窓口負担(原則1割)を除いた医療費の約4割を現役世代が支える。08年度から特例で原則1割に据え置かれていた70〜74歳の窓口負担を2割にするかどうかの結論は出ていない。

  • 重度障害者の医療費補助(2008年08月15日 朝刊)

    3月まで、65歳以上の重度障害者の大半は老人保健制度の適用を受けて窓口負担は1割。各都道府県に、重度障害者が対象の医療費補助制度があり、窓口負担はゼロだった。4月に75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度(後期医療)が導入されたのに伴い、65歳〜74歳は後期医療に移るか、引き続き加入していた国保や健保などにとどまるか選ぶことになった。この際、10道県は医療費補助の対象者を後期医療の加入者としていた。

  • 子どもの医療費無料化(2008年11月29日 朝刊)

    大沢正明知事は知事選で「15歳までの医療費無料化」を公約に掲げた。県は今年度、通院で就学前まで(従来は3歳未満)、入院で中学卒業まで(同5歳未満)、医療費の自己負担分の補助を拡大した。補助主体は市町村で県は半額を補助する仕組み。

最新ニュース

「長期政権こそ、票取りにくい政策を」旭化成・小堀社長(2017/6/26)

■旭化成 小堀秀毅社長に聞く 安倍政権は成長に向けた政策や、経済回復に向けた政策を打ち出していますが、財政再建のための明確な方針は打ち出していません。財政が悪化し、高齢者に対しても医療費の自己負担を求[続きを読む]

写真

  • 旭化成の小堀秀毅社長
  •   
  • 都内自治体の人口増減
  • 都議会、任期4年のあゆみ
  • 犯行電話に絶え間なく電話をかける「集中架電システム」=府警本部
  •   
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ