メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

千葉市

関連キーワード

  • 千葉市立郷土博物館(千葉城)(2011年09月15日 朝刊)

    4層5階の天守閣の姿で鉄骨鉄筋コンクリート造り。特産品などの展示施設として1967年に完成し、83年に博物館に模様替えした。一帯が千葉氏の本拠だったのは平安後期〜室町中期で、当時は山すその平地に館などがあったと推定される。丘の上に残る土塁や堀は、千葉氏の拠点が本佐倉城(酒々井町)に移った後の戦国時代のもので出城的施設の遺構らしい。天守閣が築かれるのは織田信長の安土城からとされ、亥鼻地区にこのような姿の城が存在した史実はない。小田原城と会津若松城を模したという。

  • 国籍法違憲訴訟(2008年07月09日 朝刊)

    外国人女性が未婚のまま日本人男性の子どもを生む場合、国籍法3条1項は、父親が胎児認知していれば子どもの日本国籍取得を認める。しかし、生後認知の場合は認めていない。この規定について、最高裁大法廷は6月4日、「日本国籍を取るうえで著しく不利益な差別的な取り扱いが生まれており、憲法が定める法の下の平等に違反する」と述べ、生後認知でも国籍を認めるべきだとの判断を示した。外国人登録者数が2万人超で県内最多の千葉市の場合、「出生前認知」は少なく、03年から5年間で57件。判決後、市には「出生後の認知だが日本国籍を取れるのか」などの相談が入り始めている。国籍を取得するには法務局に国籍取得証明書の申請をすることが必要だが、審査は保留状態になっている。法務省は法改正まで待つか、待たずに認めるかを検討中という。

  • 重粒子線治療(2008年09月29日 朝刊)

    重粒子(炭素イオン)を加速器で飛ばし、体の奥にあるがんをたたく新しい治療烹体にメスを入れないだけでなく、一定の深さの位置にあるがんだけを集中して壊せるため、副作用も少ない。肺がんや肝臓がん、前立腺がんなどに効果がある。保険の適用外で患者は300万円ほどの自己負担が必要。国内で現在治療を行っている施設は千葉市と兵庫県の2カ所のみだが、各地で建設計画が持ち上がっている。

最新ニュース

大洗被曝事故、3人が4回目の入院治療(2017/7/24)

 茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターの被曝(ひばく)事故で、放射線医学総合研究所(千葉市)は24日、被曝した作業員5人のうち、内部被曝量が比較的多かった3人が4回目の入院をしたと[続きを読む]

千葉市をコトバンクで調べる

写真

  • 患者らを案内するヒト型ロボット「Pepper」の「マリンくん」=千葉市美浜区
  • 6月にあった東京都小学校PTA協議会の情報交換会。改正個人情報保護法がテーマの一つになった。「児童の顔写真の扱いは?」などの質問が出た=東京都世田谷区(画像の一部を加工しています)
  • ミヤマ☆仮面(右)とクワガタ忍者(中央)による昆虫ショー。左は司会の垣原綾乃さん=2日、東京都江東区
  • 県水道局千葉分場1号配水池=同局提供
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ