メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

南シナ海

南シナ海をめぐる中国の最近の主な動き

南シナ海問題

 豊富な天然資源が眠るとされる海域で、中国、台湾、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイが領有権を主張している。対立回避のため東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国は2002年に行動宣言を結んで自制と協調を目指した。だが中国は、独自の「9段線」を根拠にほぼ全域での管轄権を主張。軍事力や経済力を背景に、監視船を派遣するなど実効支配を強めてきた。フィリピンはスプラトリー(南沙)諸島ミスチーフ礁を奪われた経緯から中国と激しく対立。国連海洋法裁判所に仲裁を申し立てている。中国はベトナムとも漁船妨害などで衝突してきたが、最近はフィリピンを孤立させる戦略もあって、友好を保っていた。

最新ニュース

艦名は「台湾」? 中国初の国産空母、艦載機は増加か(2017/4/27)

 中国初の実戦用の国産空母が26日、進水した。旧ソ連の未完成空母を改修した訓練用の「遼寧」とほぼ同じ設計だが、搭載できる艦載機が増えるなど、戦力が向上しているとされる。遠洋での作戦能力向上を目指す中国[続きを読む]

南シナ海をコトバンクで調べる

写真

  • 進水してドックから離れた中国初の国産空母=26日、中国遼寧省大連、平賀拓哉撮影
  • 中国の空母
  • 進水した中国初の国産空母=26日午前、中国遼寧省大連、平賀拓哉撮影
  • 韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する「少女像」
  • 8日、南シナ海を航行する米原子力空母カールビンソン(米海軍提供、ロイター)
  • 8日、南シナ海を航行する米原子力空母カールビンソン=米海軍提供、ロイター
  • ドックに注水された建造中の中国国産空母=23日、中国・遼寧省大連、平賀拓哉撮影
  • 会談後の記者会見の最後に握手するペンス米副大統領(左)とターンブル豪首相=22日、シドニー、小暮哲夫撮影
  • ビショップ豪外相(左から2人目)とペイン豪国防相(左端)の表敬訪問を受ける安倍晋三首相=20日午前11時32分、首相官邸、岩下毅撮影
  • 演説するペンス米副大統領=19日午前、神奈川県横須賀市
  • 原子力空母ロナルド・レーガンの上で演説するペンス米副大統領=19日午前10時31分、神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地、前田基行撮影

!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】妻へ愛と感謝を伝える

    リラックス系ギフト〈PR〉

  • 【&TRAVEL】フィリピンの美食を世界に

    世界美食紀行

  • 【&M】春夏の大人カジュアル提案

    男の服飾モノ語り 山本晃弘

  • 【&w】10万枚の写真を部屋中に

    「東京の家族写真」〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム三池崇史「コミック履歴書」

    「浴びるように読んで育った」

  • WEBRONZAどうする受動喫煙対策

    飲食店に打撃VS影響なし

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ