メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

南シナ海

南シナ海をめぐる中国の最近の主な動き

南シナ海問題

 豊富な天然資源が眠るとされる海域で、中国、台湾、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイが領有権を主張している。対立回避のため東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国は2002年に行動宣言を結んで自制と協調を目指した。だが中国は、独自の「9段線」を根拠にほぼ全域での管轄権を主張。軍事力や経済力を背景に、監視船を派遣するなど実効支配を強めてきた。フィリピンはスプラトリー(南沙)諸島ミスチーフ礁を奪われた経緯から中国と激しく対立。国連海洋法裁判所に仲裁を申し立てている。中国はベトナムとも漁船妨害などで衝突してきたが、最近はフィリピンを孤立させる戦略もあって、友好を保っていた。

最新ニュース

「中国の侵略から尖閣・沖縄を守る大会・デモ」日本を愛する沖縄県民と有志は、目覚めて立ち上がろう!(2016/08/26)

8月に入り、中国は、民兵を乗せた300隻もの漁船と武装した公船を尖閣諸島に集結し、尖閣上陸をうかがう緊張状態を作り、日本をおどしています。中国の狙いは南シナ海支配に続いて尖閣支配を既成事実化することで[続きを読む]

南シナ海をコトバンクで調べる

写真

  • 共同記者発表を終え、握手する(右から)韓国の尹炳世外相と岸田文雄外相。左は中国の王毅外相=24日、岩下毅撮影
  • 日中韓外相会談を翌日に控えた夕食会を前に、記念撮影する(左から)中国の王毅外相、岸田文雄外相、韓国の尹炳世外相=23日午後、東京都千代田区、代表撮影
  • アフリカを巡る日中のせめぎ合い
  • アフリカを巡る日中のせめぎ合い
  • 7日に領海侵入した中国海警局の公船「海警33102」。機関砲らしきものを搭載していた=海上保安庁提供
  • 複雑化する日中関係のゆくえ
  • 東シナ海における最近の中国公船の動き/南シナ海をめぐる最近の動き

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】パンク修理の手間を短縮

    スポーツ自転車用CO2ボンベ

  • 【&TRAVEL】アフリカの“戦士”

    女性写真家が裸で撮影する理由

  • 【&M】ヤマハSR世界一のカスタム

    モーターサイクル・リポート

  • 【&w】人気美容家のお気に入り

    美容家・小林ひろ美さん

  • ブック・アサヒ・コム水無田気流が相談に回答

    「長男に彼女ができた…」

  • WEBRONZA香取慎吾、勤労少年の悲しさ

    ミニカーで遊ぶ頃から働く人生

  • 写真

    ハフポスト日本版 橋本マナミ画像集

    人々を虜にするその魅力

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ