メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 南相馬市(2013年11月20日 朝刊)

    震災発生当時の人口は7万1千人だったが、10月末現在の市内居住者は4万6千人。2万2千人が市外に転出・避難。沿岸部を中心に農地の32%が津波で流失・冠水。周辺の自治体が軒並み役場の機能を外に移す中でもとどまり、通常の行政サービスを続けている。

  • 原発事故と南相馬市(2016年07月15日 夕刊)

    原発事故で20キロ圏内の同市南部の小高区などに国の避難指示が出て、7万2千人のうち、避難指示が出ていない地域の人も含めて一時6万人以上が避難した。今も1万人以上が市外に避難を続ける。12日、帰還困難区域の2人を除く1万807人を対象に避難指示が解除されたが、帰還する住民は1〜2割と見られる。除染は完了しておらず、医療・教育環境の整備や産業復興が課題だ。

  • 外来魚(2009年03月18日 朝刊)

    国は05年6月施行の外来生物法で、生態系や人の生命・身体、農林水産業に被害を及ぼすものや、その恐れがあるものを「特定外来生物」に指定、輸入や飼育、運搬、放流などを原則禁止している。県内で確認された4種はいずれも同法の指定魚。オオクチバスとブルーギルは県内の湖と河川全域で確認。阿賀川で96年、阿武隈川で99年、それぞれ初確認されたコクチバスは、この十年前後で両河川の全域で確認されるようになり、04年には南相馬市のはやま湖でも確認された。チャネルキャットフィッシュも阿武隈川で05年に確認された。

最新ニュース

(いま子どもたちは)五つの休校:3 1人きりの部活、励まし合った(2017/2/25)

 (No.1240) 福島県立双葉翔陽高3年の武田弦輝(げんき)さん(18)と双葉高3年の菅野裕生(かんのひろき)さん(17)はこの3年間、昼も夜もほとんど同じ場所にいた。 双葉郡にあった両高は原発事[続きを読む]

写真

  • 教室で話す菅野裕生さん(左)と武田弦輝さん=福島県いわき市
  • 鵜戸玲子さん
  • 鵜戸玲子さん
  • 柳さんとは被爆クスノキのある山王神社なども訪れた=長崎市坂本2丁目
  • 小高小学校の黒板に記されていたメッセージ。書かれて1年以上、そのまま残っていた=2013年8月、福島県南相馬市
  • 江俣悠輔さん  
  • 対談する作家の柳美里さん(左)と青来有一さん=19日午後、長崎市平野町の長崎原爆資料館、小宮路勝撮影
  • 県内の巡礼地
  • 鎌田清衛さん(右端)のナシ園を見る柳美里さん(右から2人目)と青来有一さん(左端)=福島県大熊町
  • 避難指示を4月1日に解除する案を受け入れる意向を示した宮本皓一町長=郡山市
  • これまでの連載で登場した、本やゲートル、焼けた水筒などを紹介するコーナー=長崎原爆資料館
  • 洗濯物をのせ、老人ホームの廊下をゆっくり進む「カゴヤン」=福島県南相馬市原町区
  • 柳沢樹里愛さん=遺族提供
  • 中学校の部で全国大会出場を決めた山形市立第三フルート三重奏=酒田市
  • 洗濯物を入れ、廊下をゆっくり走行する「カゴヤン」=南相馬市原町区

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】バルミューダ製品が当たる

    読者アンケート&プレゼント

  • 【&TRAVEL】歴史とロマンと

    世界の天空の城

  • 【&M】&M読者にプレゼント

    時計やカメラなど抽選で

  • 【&w】深夜0時に出勤していく夫へ

    あゆみ食堂のお弁当

  • ブック・アサヒ・コム直木賞も近い?須賀しのぶ

    小説「また、桜の国で」が話題

  • WEBRONZA終戦直後のラジオの世界描く

    こまつ座『私はだれでしょう』

  • 写真

    ハフポスト日本版 思わず見つめてしまう子猫

    とにかくご覧ください

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ