メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

博多祇園山笠

関連キーワード

  • 博多祇園山笠(2011年06月30日 夕刊)

    鎌倉時代の1241年、博多で流行した疫病除去のため、僧が街に祈祷(きとう)水をまいたことが始まりとされる。祭りの運営主体は、十数の町を束ねた自治組織の流。山笠を担いで走る「舁き山笠」には七つの流がある。祭り期間中に公開される飾り山笠は、14団体が出展。華やかな人形などの飾りが街を彩る。

  • 川端商店街(2010年03月01日 夕刊)

    JR博多駅から1キロほど離れた福岡市の中心部にある。アーケードの長さは南北に約400メートル、店舗数は約100。同市によると、戦前から店が立ち並んでにぎわっており、組合発足は1971年4月。明治通りと国体道路に挟まれ、近くには博多祇園山笠で有名な櫛田神社や博多座などがある。大型複合商業施設のキャナルシティ博多が96年に開業した際は、「地下鉄からの通り道」とアピールし、大規模店と連携する街づくりを進めた。全国から商店街関係者が視察に訪れている。

最新ニュース

写真・図版

(語る 人生の贈りもの)小松政夫:2 テキ屋の口上、全部覚えて披露(2018/2/13)

 ■コメディアン・小松政夫 《実家は博多祇園山笠などの祭りで知られる博多の総鎮守、櫛田(くしだ)神社の向かい。「生粋の博多っ子」を自負する》 終戦後、実業家だった父が4階建てのビルを建てたんです。1階…[続きを読む]

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ