メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

脱法ドラッグ、改め「危険ドラッグ」

関連キーワード

  • 危険ドラッグ(2015年04月05日 朝刊)

    興奮や幻覚作用を引き起こす化学物質を含んだ粉末や液体で、植物片に付着させたものが主流。医薬品医療機器吠旧薬事頬で規制され、厚生労働省は現在1400種類以上を違法成分として指定している。

  • 危険ドラッグと都道府県(2014年08月23日 朝刊)

    東京都は全国に先駆けて2005年に製造、販売を禁止する条例を施行。6都府県が薬物乱用防止条例で独自に規制している。警察官や麻薬取締官だけでなく、各都道府県の麻薬取締員も違法な危険ドラッグを取り締まれる。

  • 大阪府立公衆衛生研究所、大阪市立環境科学研究所(2016年08月19日 夕刊)

    いずれも感染症や食中毒の原因を特定したり、食品添加物や残留農薬の検査をしたりする。公衛研は国内流通前の危険ドラッグを合成して分析するなど、全国81カ所ある地方衛生研究所の中でも屈指の高い機能を持つ。公衛研は106人、環科研は75人(ともに今年4月時点)の職員を抱える。両研究所の統合に関する議案は府議会で2013年12月、市議会では今年3月に可決された。来年4月の統合とともに、地方独立行政法人となる。

最新ニュース

写真・図版

(いちからわかる!)「準暴力団」の「半グレ」、どんな人たちなの?(2018/6/7)

 ■暴走族OBなどの集団。犯罪ごとに集まり、把握が難しい アウルさん 金塊(きんかい)を密輸しようとしたとして、警視庁が「半グレ」の男の逮捕(たいほ)状を取ったというのを新聞で読んだよ。 A 集団で犯…[続きを読む]

危険ドラッグをコトバンクで調べる

写真

  • これまでに「半グレ」が関わったとされる主な事件/暴力団構成員などの推移
  • 関東信越厚生局麻薬取締部が押収した大麻リキッド。右部分に粘液状の大麻リキッド約0.3グラムが詰められている=同部提供
  • 関東信越厚生局麻薬取締部が男の部屋から押収した大麻リキッドのカートリッジ(左)。電子パイプ(右)とつなげ、熱で気化させて吸うという(同部提供)
  • 大麻事件の推移
  • 大麻事件の推移
  • 関東信越厚生局麻薬取締部横浜分室が押収したスナック菓子
  • 関東信越厚生局麻薬取締部横浜分室が押収したスナック菓子
  • 押収された危険ドラッグの原料など=警視庁練馬署
  • 睡眠薬の乱用行為についての書き込みのあるインターネットのサイト
  • 不夜城=東京都新宿区歌舞伎町1丁目
  • ミーティング中、入所者は覚醒剤を断つ心構えなどが書かれたマニュアルを輪読する=大津市丸の内町
  • ミーティング後に手をとりあい、薬物を断つ決意を誓った入所者たち=大津市丸の内町
  • ヒト型ロボット「ペッパー」と一緒に薬物乱用防止について学ぶ児童ら=草津市立草津小学校
  • 押収した原料のハーブ(関東信越厚生局麻薬取締部提供)
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ