メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

脱法ドラッグ、改め「危険ドラッグ」

関連キーワード

  • 危険ドラッグ(2015年04月05日 朝刊)

    興奮や幻覚作用を引き起こす化学物質を含んだ粉末や液体で、植物片に付着させたものが主流。医薬品医療機器吠旧薬事頬で規制され、厚生労働省は現在1400種類以上を違法成分として指定している。

  • 危険ドラッグと都道府県(2014年08月23日 朝刊)

    東京都は全国に先駆けて2005年に製造、販売を禁止する条例を施行。6都府県が薬物乱用防止条例で独自に規制している。警察官や麻薬取締官だけでなく、各都道府県の麻薬取締員も違法な危険ドラッグを取り締まれる。

  • 大阪府立公衆衛生研究所、大阪市立環境科学研究所(2016年08月19日 夕刊)

    いずれも感染症や食中毒の原因を特定したり、食品添加物や残留農薬の検査をしたりする。公衛研は国内流通前の危険ドラッグを合成して分析するなど、全国81カ所ある地方衛生研究所の中でも屈指の高い機能を持つ。公衛研は106人、環科研は75人(ともに今年4月時点)の職員を抱える。両研究所の統合に関する議案は府議会で2013年12月、市議会では今年3月に可決された。来年4月の統合とともに、地方独立行政法人となる。

最新ニュース

写真・図版

びわこダルクが開設15年 薬物依存の回復支援(2017/11/18)

 覚醒剤や危険ドラッグに手を染めた人たちの回復を支援する民間の自助団体「びわこダルク」(大津市)が今年で開設15周年を迎えた。完治が難しいとされる依存症。地域の理解を得る難しさを感じながらも、社会復帰…[続きを読む]

写真

  • ミーティング中、入所者は覚醒剤を断つ心構えなどが書かれたマニュアルを輪読する=大津市丸の内町
  • ミーティング後に手をとりあい、薬物を断つ決意を誓った入所者たち=大津市丸の内町
  • ヒト型ロボット「ペッパー」と一緒に薬物乱用防止について学ぶ児童ら=草津市立草津小学校
  • 押収した原料のハーブ(関東信越厚生局麻薬取締部提供)
  • 会場には被害者の等身大の人型パネルが並ぶ=高松市
  • 押収された大麻ワックス(手前の樹脂状のもの)と乾燥大麻の花=7月、横浜市中区の関東信越厚生局麻薬取締部横浜分室
  • 押収された大麻ワックス(手前の樹脂状のもの)と乾燥大麻の花=7月、横浜市中区の関東信越厚生局麻薬取締部横浜分室
  • 押収された大麻ワックス(手前の樹脂状のもの)と乾燥大麻の花=7月、横浜市中区の関東信越厚生局麻薬取締部横浜分室
  • 桜井容疑者が製造した危険ドラッグ、原料の薬品などが押収された=警視庁練馬署
  • 車から押収された危険ドラッグ=27日午前、大阪市中央区の近畿厚生局麻薬取締部
  • 発見された指定薬物「ラッシュ」=横浜税関提供
  • 飲み会の誘いを断るため、互いに役割を決めて演技をする大学生ら=東京都杉並区
  • 飲み会の誘いを断るため、互いに役割を決めて演技をする大学生ら=東京都杉並区
!

アプリで紙面ビューア-の点滅を設定できるように

!

サイト内記事検索をリニューアルしました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】部屋をクリスマスムードに

    家で楽しむグッズ3選〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】南部路線を効率よく制覇へ!

    スマトラ島のディープ列車旅

  • 写真

    【&M】試写会に30組60人を招待

    映画『デトロイト』

  • 写真

    【&w】18年春夏パリコレクション

    フォトギャラリー

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「基本は農家のおばちゃん」

    重労働と執筆は同時並行だった

  • 写真

    WEBRONZA柿澤勇人インタビュー

    「メリー・ポピンズ」に出演

  • 写真

    アエラスタイルマガジン伝説の繁盛店を作った男

    金があれば幸せだと思っていた

  • 写真

    T JAPAN新・竹本織太夫インタビュー

    襲名公演への意気込みを語る

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃から76年

    瀬戸内寂聴「逃げることも勇気よ」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ