メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

厚木基地

住宅街の中に位置する厚木基地

住宅街の中に位置する厚木基地

関連キーワード

  • 厚木基地(2012年04月28日 朝刊)

    旧日本海軍が航空基地として建設。戦後、米軍が接収した。1950年、朝鮮戦争を契機に滑走路が修復され、米海軍の基地となった。横須賀を母港とする第7艦隊の後方支援基地として、原子力空母ジョージ・ワシントンの艦載機約70機や、対潜哨戒機P3Cなどの拠点となっている。71年、滑走路、格納庫などの施設と航空管制圏が日本側に移され、海上自衛隊との共同使用となった。綾瀬市と大和市にまたがる500万平方メートルの敷地は、東京ディズニーランド約10個分。周辺は住宅密集地のため、騒音問題は深刻で、64年9月には大和市内の鉄工所に戦闘機が墜落し、5人が亡くなる事故も起きている。

厚木基地騒音訴訟とは

1976年に基地周辺住民らが国を相手取り第1次提訴。第3次までの判決は確定し、いずれも騒音の違法性を認めて損害賠償を命じた。第1次と第2次で求めた飛行差し止めは却下された。第3次では、うるささ指数が75以上の区域の原告に賠償を認めた。2007年12月提訴の第4次は町田市民が加わり、原告数は合計約7千人で最も多い。(2011年7月5日朝刊)

地図検索サービスについて

最新ニュース

写真・図版

憲法の番人、過去の判断は? 「一票の格差」など 最高裁裁判官7人、国民審査(2017/10/17)

 最高裁判所の裁判官を市民がチェックする「国民審査」が22日、衆院選と同時に投票される。15人いる裁判官のうち今回は前回衆院選後に安倍内閣に任命された7人が対象。「憲法の番人」として、これまでどんな判…[続きを読む]

写真

  • 国民審査対象の最高裁裁判官が関与した主な最高裁判断
  • 国民審査の投票用紙(見本)
  • 横田基地騒音訴訟の判決内容を示す原告団の弁護士=11日午前10時34分、東京都立川市、柴田悠貴撮影
  • 駐機中のP3C(手前)と離陸するP1=昨年11月、厚木基地
  • 模擬着艦訓練をするために駐機場で待機する空母艦載機部隊=米海軍厚木基地
  • 移駐第1陣として岩国基地に到着した早期警戒機E2D=9日午後、山口県岩国市、時事
  • 岩国基地に到着した早期警戒機E2D=岩国市
  • 厚木基地西門にぶつかる道路。一般車両は中に入れない。綾瀬市は西門から入って基地内の南端を抜ける道路用地の返還を求める=綾瀬市深谷上
  • 厚木基地へ帰還するため住宅街上空を飛ぶ米空母艦載機部隊の戦闘攻撃機=7日、大和市
  • 早稲田実・清宮幸太郎選手
  • 妻子と横浜地裁への提訴に駆けつけた宮崎努さん=4日、横浜市中区
  • 「爆音止めろ」と声を合わせ、横浜地裁に向けて行進する原告ら=4日午後1時20分、横浜市中区日本大通、古田寛也撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ