メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

厚生労働省

関連キーワード

  • 療養病床の削減計画(2008年06月29日 朝刊)

    介護施設不足や家庭の事情などで退院できず、本来は入院の必要がない「社会的入益をなくし、医療費を抑制しようとする厚生労働省の計画。療養病床には、緊急の治療を受けたり、リハビリテーションを受けたりした後、引き続き一定の医療ケアが必要な人が入院している。

  • 助産所(2014年09月11日 夕刊)

    国家資格を持つ助産師が、お産の補助や妊婦・新生児の保健指導などを行う施設。厚生労働省によると、2012年末時点で助産師が開設している助産所は全国で897カ所。1982年には2533カ所だったが、病院や診療所での出産が主流となり、減った。全国の助産師3万1835人のうち助産所にいるのは1742人。医師はいないため、診断や帝王切開などの医療行為はできない。

  • 地域若者サポートステーション(2008年08月10日 朝刊)

    全国で約62万人いるとされる未就学、未就職の若者(主に15〜34歳)を対象に自立を支援する。厚生労働省と地方自治体の委託事業でNPO(非営利団体)などが設置し、キャリアカウンセラーや臨床心理士による個別相談、自立支援プログラムなどが利用できる。昨年度までに全国50カ所で開かれ、今年度は77カ所まで増える予定。

最新ニュース

埼玉)補助犬知って 所沢市が特別住民票を交付(2016/12/9)

 3~9日の障害者週間を機に、所沢市は市内の補助犬3頭に「特別住民票」を交付した。 補助犬の認知度向上を図って、盲導犬2頭、聴導犬1頭に2日に交付。盲導犬は視覚障害者の目の役割を果たし、聴導犬は聴覚障[続きを読む]

写真

  • 交付された特別住民票=所沢市提供
  • 薬価改定の仕組み
  • 2025年に向け、みとりができる医療・介護人材を養成するための「エンドオブライフ・ケア協会」の講座。約2800人をみとってきた在宅医の小澤竹俊医師(中央)が、人生の最終段階のコミュニケーション術について教えた=東京都中央区、2015年9月
  • メーガン法のウェブサイト。名前を検索すると、性犯罪の前科がある人の居住地などが表示された
  • 男女の育休取得率と、育休取得期間の割合
!

シンプルコースの読み放題は12月14日まで

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】暖房器具に「第3世代」登場

    スマホで制御するデロンギ

  • 【&TRAVEL】そろそろクリスマス

    人気のイルミネーション選

  • 【&M】これぞSTIが手がけた走り

    スバルXVハイブリッドtS

  • 【&w】フェミニズムうたう新しさ

    上間常正@モード

  • ブック・アサヒ・コム「銀河鉄道の夜」の秘密

    ますむらひろしがひもとく賢治

  • WEBRONZA安倍政権のメディア戦略

    自民党副幹事長と「ガチ論」

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃

    あの日を写真で振り返る

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ