メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

厚生労働省

関連キーワード

  • 療養病床の削減計画(2008年06月29日 朝刊)

    介護施設不足や家庭の事情などで退院できず、本来は入院の必要がない「社会的入益をなくし、医療費を抑制しようとする厚生労働省の計画。療養病床には、緊急の治療を受けたり、リハビリテーションを受けたりした後、引き続き一定の医療ケアが必要な人が入院している。

  • 助産所(2014年09月11日 夕刊)

    国家資格を持つ助産師が、お産の補助や妊婦・新生児の保健指導などを行う施設。厚生労働省によると、2012年末時点で助産師が開設している助産所は全国で897カ所。1982年には2533カ所だったが、病院や診療所での出産が主流となり、減った。全国の助産師3万1835人のうち助産所にいるのは1742人。医師はいないため、診断や帝王切開などの医療行為はできない。

  • 地域若者サポートステーション(2008年08月10日 朝刊)

    全国で約62万人いるとされる未就学、未就職の若者(主に15〜34歳)を対象に自立を支援する。厚生労働省と地方自治体の委託事業でNPO(非営利団体)などが設置し、キャリアカウンセラーや臨床心理士による個別相談、自立支援プログラムなどが利用できる。昨年度までに全国50カ所で開かれ、今年度は77カ所まで増える予定。

最新ニュース

がん患者のリンパ浮腫 どうすればいいの?(2017/2/26)

 乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、皮膚がんなどの治療後に起こる後遺症の一つとして、リンパ浮腫があります。がんの外科手術でリンパ節を切除してしまったり、放射線治療でリンパ液の流れが悪くなったりし[続きを読む]

写真

  • 廣田彰男・広田内科クリニック理事長、日本リンパ浮腫学会理事長。北海道大学医学部卒。東邦大学医学部第三内科、東京労災病院第三内科部長(循環器)、東京専売病院第二内科部長(循環器)を経て、2002年開業。著書『リンパ浮腫知って!』(芳賀書店)、『リンパ浮腫が分かる本』(研友)、『むくみとり!ストレッチ』(青春出版)、『リンパ浮腫の手技とケア』(学研)など。
  • 男女間、正規・非正規の賃金格差が縮小している
  • 大豆モヤシの混ぜご飯
  • 資料をめくりながら父親を含むベトナムの残留日本兵に思いをはせる添野江実子さん=土浦市
  • 男女間、正規・非正規の賃金格差が縮小している
  • 超党派の「受動喫煙防止法を実現する議員連盟」が集会を開いた=22日、東京・永田町
  • 麻生太郎財務相
  • 「バランス」という製品。右下の角に製品名や医療用承認番号が記載されている=ブリヂストン化成品提供

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ビジネス用にも子供用にも

    クラウドベースのノートPC

  • 【&TRAVEL】歴史とロマンと

    世界の天空の城

  • 【&M】住野よる氏の注目の3作目

    『よるのばけもの』〈PR〉

  • 【&w】ランウェイの裏は戦場!?

    ファッションショーの舞台裏

  • ブック・アサヒ・コム直木賞も近い?須賀しのぶ

    小説「また、桜の国で」が話題

  • WEBRONZAトランプと自動車業界の攻防

    1980年代の「摩擦」を振り返る

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ