メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

厚生省

関連キーワード

  • ねんりんピック(2008年10月25日 朝刊)

    全国健康福祉祭の愛称で、お年寄りの年輪とオリンピックを掛けた造語。県内からは例年の約4倍の617人が参加する。旧厚生省の創立50周年記念として88年に始まり、今年で21回目。都道府県の持ち回りで開催される。音楽祭や美術展、ファッションショーもある。

  • レーシック手術(2010年12月07日 夕刊)

    角膜の表面をめくり、レーザー光を当てて角膜を削った後、めくった表面を元に戻すことで光の屈折を矯正し、視力を回復させる。通常40分程度、短い例では10〜15分で終わり、ほとんどの場合翌日から視力が回復する。海外で始まり、日本では2000年に厚生省(当時)が手術機器を承認。有名スポーツ選手らが受けたことなどから話題になり、広まった。銀座眼科の問題を受け、日本眼科学会は医師向けの講習会を増やし、対象患者を18歳以上に限ることなどを盛り込んだ新たな指針も出した。

  • 引き揚げ(2017年02月06日 朝刊)

    厚生省などの資料によると、終戦時に660万人以上の日本人が海外にいた。国は戦後、引き揚げ者らの検疫や救護のための引揚援護局を全国各地に設置。佐世保(長崎県)に次ぐ規模の引き揚げ者の窓口だった博多港には1947年4月までに139万人が引き揚げた。

最新ニュース

写真・図版

栄養士・薬剤師…専門職の視点で介護状態の改善めざす(2018/1/17)

 高齢化が進む日本。団塊の世代が75歳以上になる2025年に高齢化率は30%に達する見通しだ。東北では秋田、山形、岩手、青森の4県がすでに30%台。高齢になっても自立生活ができるように、国は介護予防に…[続きを読む]

写真

  • ケアマネジャーが作った介護計画について、管理栄養士、薬剤師、歯科衛生士、理学療法士が専門家の立場からアドバイスする個別地域ケア会議=岩手県金ケ崎町
  • 販売されていたフグのパック。切り身に交じって、肝臓(右上)が含まれていた(愛知県提供)
  • 移植後の経緯
  • 移植後の経緯
  • 復興プロジェクトに携わった熊本市動植物園で話す梅崎世成さん=熊本市東区、日吉健吾撮影
  • 復興プロジェクトに携わった熊本市動植物園で話す梅崎世成さん=熊本市東区、日吉健吾撮影
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ