メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

厚生省

関連キーワード

  • ねんりんピック(2008年10月25日 朝刊)

    全国健康福祉祭の愛称で、お年寄りの年輪とオリンピックを掛けた造語。県内からは例年の約4倍の617人が参加する。旧厚生省の創立50周年記念として88年に始まり、今年で21回目。都道府県の持ち回りで開催される。音楽祭や美術展、ファッションショーもある。

  • レーシック手術(2010年12月07日 夕刊)

    角膜の表面をめくり、レーザー光を当てて角膜を削った後、めくった表面を元に戻すことで光の屈折を矯正し、視力を回復させる。通常40分程度、短い例では10〜15分で終わり、ほとんどの場合翌日から視力が回復する。海外で始まり、日本では2000年に厚生省(当時)が手術機器を承認。有名スポーツ選手らが受けたことなどから話題になり、広まった。銀座眼科の問題を受け、日本眼科学会は医師向けの講習会を増やし、対象患者を18歳以上に限ることなどを盛り込んだ新たな指針も出した。

  • 引き揚げ(2017年02月06日 朝刊)

    厚生省などの資料によると、終戦時に660万人以上の日本人が海外にいた。国は戦後、引き揚げ者らの検疫や救護のための引揚援護局を全国各地に設置。佐世保(長崎県)に次ぐ規模の引き揚げ者の窓口だった博多港には1947年4月までに139万人が引き揚げた。

最新ニュース

月100回超も…訪問介護の使いすぎ、自治体ごと検証へ(2017/11/18)

 厚生労働省は訪問介護の利用回数が多い人たちについて、自治体が設ける専門職らの会議で妥当性を判断する仕組みを導入する方針を固めた。財務省が月100回以上使っている人がいると問題視し、介護保険で使える利…[続きを読む]

写真

  • 鈴木航さんが15歳の時、年末の家族旅行で訪れた浜松市の舘山寺で撮った母親ゆかりさんとの一枚。ゆかりさんはブログに載せる際に「子育て中は楽しいことも大変なこともあったけど、息子がいてくれて私の人生は豊かになったから」と「Thank you」の文字を付け加えた(ゆかりさん提供)
  • 地域の高齢者が加わって寸劇も行われた認知症サポーター養成講座=我孫子市社会福祉協議会提供
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】超気軽! スマホVRで新体験

    実世界により近い没入感を実現

  • 写真

    【&TRAVEL】元大統領料理番が監修

    海上のグルメワールド〈PR〉

  • 写真

    【&M】シリーズ優勝の行方は

    スーパーGT最終第8戦

  • 写真

    【&w】新しいロマンチックを抱く

    18年春夏ミラノコレクション

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「リベラル」とは何か

    保守との対立の基本構図

  • 写真

    WEBRONZA龍真咲「クラシックは原点」

    宝塚時代よりも忙しい日々

  • 写真

    アエラスタイルマガジン昭和の名物パワーランチ!

    部長がすすめる名店教えます

  • 写真

    T JAPANホテル王が贅を凝らした

    プーケットの“究極リゾート”

  • 写真

    ハフポスト日本版 国民投票の結果で歓喜に沸く

    同性婚の合法化「賛成」が61%

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ