メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

厚生省

関連キーワード

  • ねんりんピック(2008年10月25日 朝刊)

    全国健康福祉祭の愛称で、お年寄りの年輪とオリンピックを掛けた造語。県内からは例年の約4倍の617人が参加する。旧厚生省の創立50周年記念として88年に始まり、今年で21回目。都道府県の持ち回りで開催される。音楽祭や美術展、ファッションショーもある。

  • レーシック手術(2010年12月07日 夕刊)

    角膜の表面をめくり、レーザー光を当てて角膜を削った後、めくった表面を元に戻すことで光の屈折を矯正し、視力を回復させる。通常40分程度、短い例では10〜15分で終わり、ほとんどの場合翌日から視力が回復する。海外で始まり、日本では2000年に厚生省(当時)が手術機器を承認。有名スポーツ選手らが受けたことなどから話題になり、広まった。銀座眼科の問題を受け、日本眼科学会は医師向けの講習会を増やし、対象患者を18歳以上に限ることなどを盛り込んだ新たな指針も出した。

  • 引き揚げ(2017年02月06日 朝刊)

    厚生省などの資料によると、終戦時に660万人以上の日本人が海外にいた。国は戦後、引き揚げ者らの検疫や救護のための引揚援護局を全国各地に設置。佐世保(長崎県)に次ぐ規模の引き揚げ者の窓口だった博多港には1947年4月までに139万人が引き揚げた。

最新ニュース

(be report)ネット診療 待ち時間ゼロ、働き盛りに拡大(2017/7/29)

 スマートフォンやタブレットなどの動画画面を通して、自宅や職場にいながら医師の診察を受けられる手軽なオンラインでの遠隔診療が都会を中心に広まりつつある。処方箋(せん)も自宅に郵送で届けてもらえ、通院の[続きを読む]

写真

  • スマホ診療の流れ/患者のメリット/医師のメリット<グラフィック・福宮千秋>
  • 2016年5月、オバマ米大統領(当時)が広島を訪問するのを前に、ロサンゼルスで記者会見した据石和さん
  • 日野原重明さん=2008年撮影
  • 聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さん=2008年9月、高波淳撮影
  • 日野原重明さん=2008年
  • 日野原重明さん=2013年5月、東京都中央区
  • 聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さん=2016年11月1日
  • 安倍政権の3人の内閣官房副長官
  • ツタが絡まる旧湊海軍病院の病棟。「自然に囲まれたオフィス」の目玉にしたいという=南伊豆町湊
  • 河内隆氏
  •  蒲原 基道氏(かもはら・もとみち)東大卒、82年厚生省(現厚生労働省)に入り、官房長などを経て16年6月から老健局長。57歳。
  • 蒲原基道氏
  • 通常国会での首相入りの衆参予算委の日数と政府提出法案の数
  • 通常国会での首相入りの衆参予算委の日数と政府提出法案の数
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ