メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

原子力災害

関連キーワード

  • 原子力災害対策特別措置法(2011年05月14日 朝刊)

    1999年に起きたJCO臨界事故の対応で初動が遅れたことを教訓に同年制定、2000年に施行された。原子力災害が発生した時の迅速な対応や国、都道府県、市町村の有機的な連携の確保、緊急時に対応する国の体制強化を定めている。原子力事業者に対しては、原子力災害の発生防止に万全の措置を講じるとともに、災害が起きた時はその拡大の防止と復旧に誠意をもって必要な措置を講じる責務を課している。

  • 国の原子力災害対策(2016年03月13日 朝刊)

    1999年に核燃料加工会社ジェー・シー・オー東海事業所(茨城県)で国内初の臨界事故が起き、作業員2人が死亡、住民ら660人以上が被曝した。これを機に原子力災害対策特別措置法が成立。事故拡大防止の責務は第一義的に事業者が負うとし、国にも防災対策などを定めた指針の策定を求めた。

  • 原子力災害対策指針(2016年08月03日 朝刊)

    いまの指針は2012年10月末に策定された。東京電力福島第一原発事故で想定が甘かったことを踏まえ、原発から0〜5キロ圏を即時避難する区域に定め、8〜10キロ圏だった重点区域を30キロ圏に拡大した。ただ、原発の単独事故を想定し、避難路や橋、建物の損壊は考慮していない。

最新ニュース

福島)震災前の夜のにぎわいを 浪江の復興、官民で協議(2017/3/19)

 今月31日に避難指示区域の一部が解除されることになった浪江町の復興を進めようと、町民の有志と国や町の関係者が話し合う推進会会議の初会合が18日、二本松市の町役場二本松事務所であった。有志からJR常磐[続きを読む]

原子力災害をコトバンクで調べる

写真

  • 会議には、国や町の関係者が顔をそろえた=二本松市の浪江町役場二本松事務所
  • 東京電力や国の津波への対応の経緯
  • 震災直後の星北斗さんの動きを報じた2012年6月25日朝刊紙面
  • 気仙沼市内の脇(ないのわき)地区の災害公営住宅=2016年9月撮影、古屋聡さん提供
  • 「プロメテウスの罠 病院、奮戦す」の紙面
  • 42自治体の首長アンケート<グラフィック・荻野史杜>
  • 3月31日の避難指示解除について「容認する」と表明した馬場有町長=二本松市の浪江町仮役場
  • 避難指示を4月1日に解除する案を受け入れる意向を示した宮本皓一町長=郡山市
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】祖母から譲り受けたコート

    代官山で聞いたお気に入り

  • 【&TRAVEL】春の景色味わう京弁当

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 【&M】ハイブリッドRSの出来栄えは

    スズキ・スイフト試乗記

  • 【&w】駆け出しパパママ至福の習慣

    東京の家族写真〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZA教育勅語いいこと言ってる?

    原文に即してじっくり検討

  • 写真

    ハフポスト日本版 「笑ワレテ 笑ワレテ ツヨクナル」

    イチローの個性的なTシャツ集

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ