メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

原子力災害

関連キーワード

  • 原子力災害対策特別措置法(2011年05月14日 朝刊)

    1999年に起きたJCO臨界事故の対応で初動が遅れたことを教訓に同年制定、2000年に施行された。原子力災害が発生した時の迅速な対応や国、都道府県、市町村の有機的な連携の確保、緊急時に対応する国の体制強化を定めている。原子力事業者に対しては、原子力災害の発生防止に万全の措置を講じるとともに、災害が起きた時はその拡大の防止と復旧に誠意をもって必要な措置を講じる責務を課している。

  • ベラルーシ・ウクライナ福島調査団(2011年11月16日 朝刊)

    1986年のチェルノブイリ原発事故で深刻な原子力災害にあった地域の放射線対策や健康管理、復興策や生活を直接知ろうと、福島県や南相馬市、浪江町の担当者、川内村村長、福島大の研究者ら約30人で構成。原発のあるウクライナ共和国と隣のベラルーシ共和国を10月31日から11月7日までの日程で訪れ、原発や政府機関、周辺の学校、病陰研究所などを視拶現地で意見交換した。

  • 原発事故の避難計画(2014年11月14日 朝刊)

    福島第一原発の事故の反省から、政府は原子力災害特別措置法を改正し、原発から30キロ圏内の自治体に事故の避難計画を作ることを義務づけた。これまでは10キロ圏内の住民が対象だったが、新たな計画では30キロ圏内に広がった。大事故が起きた場合、まず5キロ圏内の住民を避難させ、状況を見て30キロ圏内に広げる。女川原発の場合、立地する女川町と石巻市のほか、南三陸町、登米市、涌谷町、美里町、東松島市の一部が30キロ圏内に入る。この7市町は来年3月までに避難計画をまとめる。県は女川町など4市町をのぞく県内の全31市町村に避難者を受け入れてもらう考えだ。

最新ニュース

避難指示解除へ、楢葉町民に説明 政府が懇談会(2015/04/26)

 東京電力福島第一原発事故でほぼ全員の住民が避難する福島県楢葉町(人口約7400人)の町民に、政府の原子力災害現地対策本部が復興状況を説明し、質疑に答える住民懇談会が25日、始まった。 懇談会などでの[続きを読む]

原子力災害をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 出版記念パーティーで柴田敬三さん(左)と
  • 地図
  • 仮設住宅から衣類を運び出し、帰還の準備をする坪井秀幸さん(左)。娘たちも自分たちのぬいぐるみを車に積み込む手伝いをしていた=3月28日午後、福島県田村市、杉本康弘撮影

注目コンテンツ

  • ショッピング一人旅にはこの一眼を

    スマホ感覚で使える軽さ

  • ブック・アサヒ・コム森繁久彌からたけしまで

    高田文夫が語る「笑い」の本

  • 【&M】藤田朋子さん&ブリトニー

    人とペットの幸せな暮らし

  • 【&w】モデルの枠を超えたモデル

    山口小夜子展、都現美で

  • Astandオッサンだらけの政治

    おばちゃんたちが注目

  • 写真

    ハフポスト日本版 世界で最も美しい顔100人

    日本から何人ランクイン?

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ