メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

原子力災害

関連キーワード

  • 原子力災害対策特別措置法(2011年05月14日 朝刊)

    1999年に起きたJCO臨界事故の対応で初動が遅れたことを教訓に同年制定、2000年に施行された。原子力災害が発生した時の迅速な対応や国、都道府県、市町村の有機的な連携の確保、緊急時に対応する国の体制強化を定めている。原子力事業者に対しては、原子力災害の発生防止に万全の措置を講じるとともに、災害が起きた時はその拡大の防止と復旧に誠意をもって必要な措置を講じる責務を課している。

  • 国の原子力災害対策(2016年03月13日 朝刊)

    1999年に核燃料加工会社ジェー・シー・オー東海事業所(茨城県)で国内初の臨界事故が起き、作業員2人が死亡、住民ら660人以上が被曝した。これを機に原子力災害対策特別措置法が成立。事故拡大防止の責務は第一義的に事業者が負うとし、国にも防災対策などを定めた指針の策定を求めた。

  • 原子力災害対策指針(2016年08月03日 朝刊)

    いまの指針は2012年10月末に策定された。東京電力福島第一原発事故で想定が甘かったことを踏まえ、原発から0〜5キロ圏を即時避難する区域に定め、8〜10キロ圏だった重点区域を30キロ圏に拡大した。ただ、原発の単独事故を想定し、避難路や橋、建物の損壊は考慮していない。

最新ニュース

家庭でできる、原子力災害への“ワンランク上の備え” 放射性物質を清浄化する家庭用空気清浄機を、防災のセレクトショップ「SEISHOP」が発売!(2017/2/24)

株式会社セイエンタプライズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平井 雅也)は、運営する防災グッズ通販専門店「SEISHOP(セイショップ)」にて、普段の生活はもちろん、原子力災害時にも空気をきれい[続きを読む]

原子力災害をコトバンクで調べる

写真

  • 避難指示を4月1日に解除する案を受け入れる意向を示した宮本皓一町長=郡山市
  • 2017年度 福井県一般会計当初予算案
  • ガスタービン発電機車の説明を受ける米山隆一知事(中央)=東京電力柏崎刈羽原子力発電所
  • 民生委員の福永美幸さん(右)に付き添われ、福祉車両に乗り込む中向ソエさん=薩摩川内市寄田町
  • 政府が浪江町で解除日(3月31日)を示した区域
  • 初めて開催された「かつらおサークルミーティング」=葛尾村のみどり荘
  • がれきの上を走ることができる小型無線ロボットのデモンストレーション=美浜町久々子
  • 中村時広知事(右)と意見交換する原子力規制委員会の田中俊一委員長=県庁
  • センターで最後に完成したみらい棟=福島市の県立医科大ふくしま国際医療科学センター
  • センターで最後に完成したみらい棟=福島市の県立医科大ふくしま国際医療科学センター

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】耳に差し込むだけ!

    手軽にハンズフリー通話

  • 【&TRAVEL】貴重品の管理術

    おとな女子のひとり旅

  • 【&M】ミツオカ・ビュートに限定車

    マカロンをイメージしたカラー

  • 【&w】春の夜、光のアート〈PR〉

    ヴァン クリーフ&アーペル

  • ブック・アサヒ・コム直木賞も近い?須賀しのぶ

    小説「また、桜の国で」が話題

  • WEBRONZA受精卵ゲノム編集の是非

    米報告書、遺伝病患者には容認

  • 写真

    ハフポスト日本版 思わず二度見

    東京マラソンの個性派ランナー

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ