メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

原子力災害

関連キーワード

  • 原子力災害対策特別措置法(2011年05月14日 朝刊)

    1999年に起きたJCO臨界事故の対応で初動が遅れたことを教訓に同年制定、2000年に施行された。原子力災害が発生した時の迅速な対応や国、都道府県、市町村の有機的な連携の確保、緊急時に対応する国の体制強化を定めている。原子力事業者に対しては、原子力災害の発生防止に万全の措置を講じるとともに、災害が起きた時はその拡大の防止と復旧に誠意をもって必要な措置を講じる責務を課している。

  • ベラルーシ・ウクライナ福島調査団(2011年11月16日 朝刊)

    1986年のチェルノブイリ原発事故で深刻な原子力災害にあった地域の放射線対策や健康管理、復興策や生活を直接知ろうと、福島県や南相馬市、浪江町の担当者、川内村村長、福島大の研究者ら約30人で構成。原発のあるウクライナ共和国と隣のベラルーシ共和国を10月31日から11月7日までの日程で訪れ、原発や政府機関、周辺の学校、病陰研究所などを視拶現地で意見交換した。

  • 緊急時避難準備区域(2013年10月01日 朝刊)

    東京電力福島第一原発から20〜30キロ圏内で、大量の放射性物質の放出などに備えて、屋内退避や避難の準備をしておくよう求められた地域。対象は福島県の広野町全域と、南相馬市、田村市、川内村、楢葉町のそれぞれ一部地域の計5市町村。原子力災害対策特別措置法に基づき政府が2011年4月22日に設定し、子どもや妊婦、要介護者らの立ち入り自粛を求めた。11年9月30日に区域を解除され、翌12年8月には住民1人あたり10万円の慰謝料も打ち切られた。

最新ニュース

福島事故。班目春樹・元原子力安全委員長に聞く(2015/03/30)

 4年前の福島第一原発の事故当時、原子力安全委員長だった班目春樹氏が朝日新聞のインタビューに答えた。班目氏は原発規制の責任者であり、事故直後、首相官邸に詰めて、アドバイザー役を務めた。大事故を許した日[続きを読む]

原子力災害をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 免震重要棟で初めて実施された総合訓練=松江市鹿島町
  • インタビューに答える内堀雅雄知事=福島県庁
  • 仮設住宅のサロンで催しをする学生メンバーら=昨年8月、福島県南相馬市、WW提供
  • 事故から間もなく4年を迎える福島第一原発=3日、福島県大熊町、本社ヘリから、川村直子撮影
  • 川内原発事故時の避難の流れ

注目コンテンツ

  • ショッピング和風は2段、洋風は3段?

    雪だるまとスノーマンの違い

  • ブック・アサヒ・コム短編集「突然ノックの音が」

    中東発約40カ国で翻訳

  • 【&M】立体的な美しいVゾーンを

    出石尚三 紳士服飾研究

  • 【&w】隠し子いても育ててくれた母

    花のない花屋

  • Astandピケティをどう読むか

    水野和夫さん講座にご招待!

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代の映画スターは今

    色あせない銀幕の美女たち

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ