メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

原子力災害

関連キーワード

  • 原子力災害対策特別措置法(2011年05月14日 朝刊)

    1999年に起きたJCO臨界事故の対応で初動が遅れたことを教訓に同年制定、2000年に施行された。原子力災害が発生した時の迅速な対応や国、都道府県、市町村の有機的な連携の確保、緊急時に対応する国の体制強化を定めている。原子力事業者に対しては、原子力災害の発生防止に万全の措置を講じるとともに、災害が起きた時はその拡大の防止と復旧に誠意をもって必要な措置を講じる責務を課している。

  • ベラルーシ・ウクライナ福島調査団(2011年11月16日 朝刊)

    1986年のチェルノブイリ原発事故で深刻な原子力災害にあった地域の放射線対策や健康管理、復興策や生活を直接知ろうと、福島県や南相馬市、浪江町の担当者、川内村村長、福島大の研究者ら約30人で構成。原発のあるウクライナ共和国と隣のベラルーシ共和国を10月31日から11月7日までの日程で訪れ、原発や政府機関、周辺の学校、病陰研究所などを視拶現地で意見交換した。

  • 緊急時避難準備区域(2013年10月01日 朝刊)

    東京電力福島第一原発から20〜30キロ圏内で、大量の放射性物質の放出などに備えて、屋内退避や避難の準備をしておくよう求められた地域。対象は福島県の広野町全域と、南相馬市、田村市、川内村、楢葉町のそれぞれ一部地域の計5市町村。原子力災害対策特別措置法に基づき政府が2011年4月22日に設定し、子どもや妊婦、要介護者らの立ち入り自粛を求めた。11年9月30日に区域を解除され、翌12年8月には住民1人あたり10万円の慰謝料も打ち切られた。

最新ニュース

試される判断・指導力(2014/10/29)

 ●要求多様化どう対応 街頭で笑顔を振りまいていた内堀雅雄氏(50)が一瞬、戸惑ったような表情を浮かべた。16日に桑折町であった街頭演説での一幕だ。 除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設をめぐり[続きを読む]

原子力災害をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 通った車両の放射線量を検査できるゲートモニター=島根県出雲市大社町中荒木
  • 民家の裏庭の汚染地点で地上1メートルの空間放射線量を測定する環境省職員ら。住民も立ち会う=南相馬市原町区
  • 訓練の主要機関会議に集まる関係者は、島根、鳥取両県の職員、両県警、自衛隊、中国電力社員ら90人を超える=9月、松江市殿町の県原子力防災センター
  • 福島県知事選の新顔候補の訴えを聞く聴衆ら=福島市内の応急仮設住宅
  • 帰還困難区域
  • 安定ヨウ素剤が入る袋を住民に渡す保健師(左)=伊方町
  • 伊方原発からの距離を示す地図。四万十市と梼原町の一部が50キロ圏内に含まれる=県提供

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング寒い朝の味方「着る毛布」

    ぐっすり眠る冬のポカポカ寝具

  • ブック・アサヒ・コム画数の多い漢字が好き

    キーンさんが語る日本語修行

  • 【&M】雪中救助で有名な超大型犬

    生涯で40人を助けた伝説も

  • 【&w】長く使えるロッキングチェア

    「ソーシャルな、お買い物。」

  • Astand陥りがちな「昔は良かった」

    その幻想から脱却を

  • 写真

    ハフポスト日本版 西洋人が魅せられた世界

    鮮やかな江戸・明治期の写真

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報