メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

原子力災害

関連キーワード

  • 原子力災害対策特別措置法(2011年05月14日 朝刊)

    1999年に起きたJCO臨界事故の対応で初動が遅れたことを教訓に同年制定、2000年に施行された。原子力災害が発生した時の迅速な対応や国、都道府県、市町村の有機的な連携の確保、緊急時に対応する国の体制強化を定めている。原子力事業者に対しては、原子力災害の発生防止に万全の措置を講じるとともに、災害が起きた時はその拡大の防止と復旧に誠意をもって必要な措置を講じる責務を課している。

  • ベラルーシ・ウクライナ福島調査団(2011年11月16日 朝刊)

    1986年のチェルノブイリ原発事故で深刻な原子力災害にあった地域の放射線対策や健康管理、復興策や生活を直接知ろうと、福島県や南相馬市、浪江町の担当者、川内村村長、福島大の研究者ら約30人で構成。原発のあるウクライナ共和国と隣のベラルーシ共和国を10月31日から11月7日までの日程で訪れ、原発や政府機関、周辺の学校、病陰研究所などを視拶現地で意見交換した。

  • 緊急時避難準備区域(2013年10月01日 朝刊)

    東京電力福島第一原発から20〜30キロ圏内で、大量の放射性物質の放出などに備えて、屋内退避や避難の準備をしておくよう求められた地域。対象は福島県の広野町全域と、南相馬市、田村市、川内村、楢葉町のそれぞれ一部地域の計5市町村。原子力災害対策特別措置法に基づき政府が2011年4月22日に設定し、子どもや妊婦、要介護者らの立ち入り自粛を求めた。11年9月30日に区域を解除され、翌12年8月には住民1人あたり10万円の慰謝料も打ち切られた。

最新ニュース

原子力規制庁のオフサイトセンターが入る建物=横須賀市

(核リポート)核燃料棒は「横須賀製」(2014/11/25)

■原子力空母のマチ:4 オフサイトセンターがあるのは原子力発電所の周辺だけではない。横須賀市にもある。 オフサイトセンターとは原子力災害時、国の現地拠点となる施設のことだ。 横須賀にあるのは、原発で使[続きを読む]

原子力災害をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 原子力規制庁のオフサイトセンターが入る建物=横須賀市
  • スクリーニング検査を受ける避難訓練の参加者たち=22日、田村市都路町、福留庸友撮影
  • 青森県太平洋沖で大地震時の各地の震度
  • 公民館の玄関に設置されたモニタリングポスト=伊万里市南波多町
  • 遠隔操作で原子炉格納容器の模型をのぞき込むロボット=松江市鹿島町
  • 日米合同訓練とは別に、横須賀市が11月11日に開いた防災訓練。サーベイメーターを使った訓練を住民が体験した=横須賀市長浦町2丁目
  • 「福島は今も有事にある」。内堀知事は県職員への初訓示で「明るい未来をともに切り開こう」と呼びかけた=県庁
  • 「福島は今も有事にある」。内堀知事は県職員への初訓示で「明るい未来をともに切り開こう」と呼びかけた=県庁
  • インタビューに答える嘉田由紀子・前滋賀県知事=6日午後、大津市、戸村登撮影
  • 物産展を企画した学生たち=福島県立テクノアカデミー会津提供
  • バスに乗って避難する志加浦小の児童ら。長袖、長ズボンの体操服を着て、マスクと帽子をつけている=志賀町上野
  • 通った車両の放射線量を検査できるゲートモニター=島根県出雲市大社町中荒木
  • 民家の裏庭の汚染地点で地上1メートルの空間放射線量を測定する環境省職員ら。住民も立ち会う=南相馬市原町区
  • 訓練の主要機関会議に集まる関係者は、島根、鳥取両県の職員、両県警、自衛隊、中国電力社員ら90人を超える=9月、松江市殿町の県原子力防災センター

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング特産地を狙った「カニ旅行」

    格安で旬の味覚を食べ尽くす

  • ブック・アサヒ・コム飼い主のしつけが得意です

    小さな体に宿る野生、猫を学ぶ

  • 【&M】「降格救済金」の制度の是非

    サッカー界の“今”に迫る

  • 【&w】行正り香のパーティレシピ

    溶けたチーズをパンにのせて

  • Astand最後は来るけど…いつまでも

    来春宝塚卒業の柚希、新曲作詞

  • 写真

    ハフポスト日本版 安藤美姫が交際宣言

    スペイン選手と「愛と家族を築きあげたい」

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報