メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

原子力災害

関連キーワード

  • 原子力災害対策特別措置法(2011年05月14日 朝刊)

    1999年に起きたJCO臨界事故の対応で初動が遅れたことを教訓に同年制定、2000年に施行された。原子力災害が発生した時の迅速な対応や国、都道府県、市町村の有機的な連携の確保、緊急時に対応する国の体制強化を定めている。原子力事業者に対しては、原子力災害の発生防止に万全の措置を講じるとともに、災害が起きた時はその拡大の防止と復旧に誠意をもって必要な措置を講じる責務を課している。

  • 国の原子力災害対策(2016年03月13日 朝刊)

    1999年に核燃料加工会社ジェー・シー・オー東海事業所(茨城県)で国内初の臨界事故が起き、作業員2人が死亡、住民ら660人以上が被曝した。これを機に原子力災害対策特別措置法が成立。事故拡大防止の責務は第一義的に事業者が負うとし、国にも防災対策などを定めた指針の策定を求めた。

  • 原子力災害対策指針(2016年08月03日 朝刊)

    いまの指針は2012年10月末に策定された。東京電力福島第一原発事故で想定が甘かったことを踏まえ、原発から0〜5キロ圏を即時避難する区域に定め、8〜10キロ圏だった重点区域を30キロ圏に拡大した。ただ、原発の単独事故を想定し、避難路や橋、建物の損壊は考慮していない。

最新ニュース

南スーダン陸自、弔慰金増額 駆けつけ警護付与 最高で9000万円(2016/12/3)

 防衛省は、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣した陸上自衛隊の部隊が任務中に死亡したり、重度障害になったりした場合の弔慰・見舞金の最高限度額を、現行の6千万円から9千万円に引き上げる方針を決[続きを読む]

原子力災害をコトバンクで調べる

写真

  • 簡易除染などの訓練を受ける参加者ら=揖斐川町健康広場
  • 新規制基準への適合性審査で使用済み核燃料再処理工場を現地調査する原子力規制委員ら=18日、六ケ所村
  • 高松サービスエリアでの避難バスなどのスクリーニング訓練=かほく市二ツ屋
  • 第一声のマイクをにぎる桜井雅浩氏=柏崎市豊町
  • 防護服を着た救急隊員らが傷病者をヘリコプターで搬送する訓練が行われた=13日午前、北海道共和町、佐久間泰雄撮影
  • 安倍晋三首相
  • 国内外の専門家が集まり、食品の安全性について話し合った=コラッセふくしま
  • 朝日新聞のインタビューに答える内堀雅雄知事=県庁
  • 地震発生で机の下に潜り込む子どもたち=糸島市立福吉小
  • 原発事故時の対応や安定ヨウ素剤について学ぶ市民ら=小浜市の市文化会館
  • 鳥取県の地震/鳥取県で起きた主な地震/西日本の地殻変動
  • 鳥取県の地震
!

地域面の紙面イメージが一週間分読めるように

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】立体感で選んだカットソー

    渋谷で買ったモノ見せて

  • 【&TRAVEL】そろそろクリスマス

    人気のイルミネーション選

  • 【&M】国内バイクのニューモデル

    モーターサイクル・リポート

  • 【&w】走り出す前に読みたい2冊

    ほんやのほん

  • ブック・アサヒ・コムボブ・ディラン関連の本

    一筋縄ではいかない「自伝」

  • WEBRONZA大阪万博アゲイン!何のため

    テーマは人類の進歩から健康へ

  • 写真

    ハフポスト日本版 ありし日の戦艦武蔵

    堂々たるその威容

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ