メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

原子力規制委員会

原子力規制委員会をコトバンクで調べる

関連キーワード

  • 原子力規制委員会(2013年07月09日 朝刊)

    東京電力福島第一原発の事故を受け、新たに原発の安全規制を担う国の機関として昨年9月に発足した。原子力推進の経済産業省から原子力安全・保安院を切り離し、内閣府原子力安全委員会と統合した。環境省の外局で、公正取引委員会と同じ国家行政組織法3条に基づく「3条委員会」として独立性を担保。委員5人は原子力工学や地震などの専門家で構成する。委員長は原子力委員会委員長代理などを務めた田中俊一氏。

  • 原子力規制委員会の新規制基準(2015年07月16日 朝刊)

    福島の原発事故の反省から、事故を起こさないための対策を強化・新設、炉心損傷などの重大事故が起きたときの対策を新設して策定された。島根原発2号機の主な審査項目は地震7項目と津波2項目、重大事故対策7項目と設計基準事故対策11項目。今年6月23日までに計55回の審査会合が開かれ、計27項目のうち、実施済みは2項目、実施中は19項目、未実施は6項目。

  • 日本原子力研究開発機構(2015年12月18日 朝刊)

    文部科学省が監督する独立行政法人で、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の運営など原子力に関連する業務を担う。年間の予算額は約1800億円で、約9割を国の交付金など税金が占める。原子力規制委員会は11月、トラブル続きの「もんじゅ」の運営主体を機構から別の組織に代えるよう文部科学相に勧告した。

最新ニュース

管理システムを2県6市が確認(2017/8/18)

◆原発記録虚偽問題◆ 中国電力島根原発(松江市)で2015年6月に発覚した低レベル放射性廃棄物点検記録虚偽問題で、県と松江市は17日、安全協定に基づいて島根原発に立ち入り調査をした。この問題をめぐって[続きを読む]

写真

  • 中国電力の書類を調べる自治体の職員ら。白いシャツが自治体側、青い服が中電社員=松江市鹿島町の島根原発管理事務所
  • 福島第一原発の凍土壁と地下水位
  • 福島第一原発の凍土壁と地下水位
  • 各委員の主な発言
  • 島根原発1号機の廃炉作業で放射線測定の準備をする作業員=28日午前11時38分、松江市、奥平真也撮影
  • 東電の小早川社長(右)に再稼働の「条件」を説明する桜井市長=柏崎市役所
  • 福島第一原発3号機のロボット調査の概要
  • 関西電力大飯原発3、4号機の再稼働についての町民説明会=おおい町本郷の町総合町民センター
  • 福島第一原発3号機のロボット調査の概要
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ