メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

原子力規制委員会

原子力規制委員会をコトバンクで調べる

関連キーワード

  • 原子力規制委員会(2013年07月09日 朝刊)

    東京電力福島第一原発の事故を受け、新たに原発の安全規制を担う国の機関として昨年9月に発足した。原子力推進の経済産業省から原子力安全・保安院を切り離し、内閣府原子力安全委員会と統合した。環境省の外局で、公正取引委員会と同じ国家行政組織法3条に基づく「3条委員会」として独立性を担保。委員5人は原子力工学や地震などの専門家で構成する。委員長は原子力委員会委員長代理などを務めた田中俊一氏。

  • 原子力規制委員会の新規制基準(2015年07月16日 朝刊)

    福島の原発事故の反省から、事故を起こさないための対策を強化・新設、炉心損傷などの重大事故が起きたときの対策を新設して策定された。島根原発2号機の主な審査項目は地震7項目と津波2項目、重大事故対策7項目と設計基準事故対策11項目。今年6月23日までに計55回の審査会合が開かれ、計27項目のうち、実施済みは2項目、実施中は19項目、未実施は6項目。

  • 日本原子力研究開発機構(2015年12月18日 朝刊)

    文部科学省が監督する独立行政法人で、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の運営など原子力に関連する業務を担う。年間の予算額は約1800億円で、約9割を国の交付金など税金が占める。原子力規制委員会は11月、トラブル続きの「もんじゅ」の運営主体を機構から別の組織に代えるよう文部科学相に勧告した。

最新ニュース

(インタビュー)原発立地県知事として 前新潟県知事・泉田裕彦さん(2016/12/10)

 東京電力福島第一原発の事故原因の検証も不完全なまま、各地の原発の再稼働に向けた動きが進む。廃炉や除染など事故処理費の試算は倍増となった。事故後、世界最大級の柏崎刈羽原発がある新潟県の知事を務めた泉田[続きを読む]

写真

  • 「年内は世話になった人へのあいさつ回りです。今後のことはゆっくり考えます」=東京都内、堀英治撮影
  • 朝日新聞のインタビューに応じる泉田裕彦前知事=加茂市
  • 九州電力の川内原発。手前から1号機、2号機=8月、鹿児島県薩摩川内市、朝日新聞社ヘリから、小宮路勝撮影
  • 東海再処理施設=茨城県東海村
  • 高放射性固体廃棄物貯蔵庫のイメージ
  • 高速増殖原型炉「もんじゅ」(奥)の近くでデモ行進する市民団体のメンバーら=敦賀市白木1丁目
  • トレンチ内で断層について説明を受ける原子力規制委員会の委員ら=東通原発
  •   
  • 東海再処理施設=2015年12月、本社ヘリから
  • 東海再処理施設=2015年12月、茨城県東海村、朝日新聞社ヘリから
  • 敦賀原発2号機=福井県敦賀市
!

シンプルコースの読み放題は12月14日まで

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】AFも操作系もパワーアップ

    進化したキヤノンのミラーレス

  • 【&TRAVEL】京の台所でこだわりの逸品

    年の瀬、ゆるり散歩

  • 【&M】女優たちが素顔をさらけ出す

    ピレリ・カレンダー2017

  • 【&w】今、自分の声を鍛えはじめた

    Charaデビュー25年

  • ブック・アサヒ・コム作家・三浦しをんが共感

    女子高校生「父が嫌いです」

  • WEBRONZA小泉進次郎、初めて「挫折」

    農協改革に挑んだ闘いの内幕

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃

    あの日を写真で振り返る

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ