メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

原子炉建屋

関連キーワード

  • 浜岡原発の地震対策(2011年04月29日 朝刊)

    中部電力は、東海地震が起きた場合に浜岡原発に到達する津波の高さを最大8・3メートルと想定。海岸線と原発施設の間にある高さ10〜15メートルの砂丘で防げるとしている。さらに東日本大震災で福島第一原発に到達した津波が14〜15メートルだったことを踏まえ、砂丘と原発の間に高さ15メートル以上の防波壁も2〜3年後をめどにつくる計画。地震で原発への電力供給が途絶えた場合に備え、原子炉建屋の屋上など予備も含めて計12個の非常用電源装置を設置する。

  • 遠隔操作ロボット(2011年05月14日 夕刊)

    有線ケーブルや無線を介して操作できるロボット。99年のJCO臨界事故後、放射線量や温度の測定などの機能や、ドアやバルブの開閉、配管の切断、除染などの作業機能を備えた6台が開発された。福島第一原発事故では、原子炉建屋内の撮影や放射線量などの測定のため米国製ロボットが投入されたほか、遠隔操作できる油圧ショベルやブルドーザーなどもがれき撤去や薬剤散布に使われている。だが、高放射線下での使用を想定していない機械が多く、計器を除染できないなどの問題を抱えている。

  • 福島第一原発2号機の事故(2012年01月20日 朝刊)

    第一原発の全6基のうち、1、3号機とともに運転中に地震や津波を受け炉心溶融を起こした。1、3号機のように水素爆発で原子炉建屋が吹き飛ぶことはなかったが、高濃度の放射能汚染水が原子炉建屋からタービン建屋に流れ出た。昨年4月にはその一部が坑道を通じて海に流れ出た。東電の解析では、溶けた燃料のほとんどが原子炉圧力容器の底に落ちた。一部の燃料が格納容器の底にも漏れたとされるが、その割合は1〜3号機の中では最も少ないとみられている。

最新ニュース

がれき撤去中、金属台も落下 福島原発3号機(2014/08/31)

 東京電力福島第一原発3号機の原子炉建屋上部のがれき撤去作業中に、機器の一部を使用済み燃料プールに落とした問題で、東電は30日、機器を据え付けていた台も一緒に落ちていたと発表した。プールの水に含まれる[続きを読む]

原子炉建屋をkotobankで調べる

PR情報

写真

  • ゲートモニター(左端と右端)の間を通過する撤去物を積んだトラック=御前崎市の浜岡原発
  • 水彩画「巨大画で描かれるフクシマ」=仙台市青葉区のせんだいメディアテーク
  • 金沢満春・大間町長
  • 嘉門雅史さん
  • 小学校の渡り廊下にあった放射線をはかる機械。「ほうしゃせん見守り隊」と記されていた=福井県敦賀市
  • 浜岡原発周辺の交通網と工場/全国の原子力発電所/防災重点区域内の人口が多い原発/浜岡原発事故によって想定される通行止めの影響
  • 非常用復水器の構造

注目コンテンツ

  • ショッピングホチキスで部屋をリフォーム

    工事なしで大型TVを壁掛けに

  • ブック・アサヒ・コム石巻の製紙工場、奇跡の復活

    出版の危機、被災社員が救った

  • 【&M】古内義明のメジャー見聞録

    初の永久欠番を作った男

  • 【&w】シャトーオーナーの食卓

    フランス弾丸の旅

  • Astand羽生結弦が「怪人」に!?

    新プログラムを詳しくリポート

  • 写真

    ハフポスト日本版 モアイからウユニ塩湖まで

    世界一周旅行の写真をHDR合成

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報