メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

原子炉建屋

関連キーワード

  • 浜岡原発の地震対策(2011年04月29日 朝刊)

    中部電力は、東海地震が起きた場合に浜岡原発に到達する津波の高さを最大8・3メートルと想定。海岸線と原発施設の間にある高さ10〜15メートルの砂丘で防げるとしている。さらに東日本大震災で福島第一原発に到達した津波が14〜15メートルだったことを踏まえ、砂丘と原発の間に高さ15メートル以上の防波壁も2〜3年後をめどにつくる計画。地震で原発への電力供給が途絶えた場合に備え、原子炉建屋の屋上など予備も含めて計12個の非常用電源装置を設置する。

  • 遠隔操作ロボット(2011年05月14日 夕刊)

    有線ケーブルや無線を介して操作できるロボット。99年のJCO臨界事故後、放射線量や温度の測定などの機能や、ドアやバルブの開閉、配管の切断、除染などの作業機能を備えた6台が開発された。福島第一原発事故では、原子炉建屋内の撮影や放射線量などの測定のため米国製ロボットが投入されたほか、遠隔操作できる油圧ショベルやブルドーザーなどもがれき撤去や薬剤散布に使われている。だが、高放射線下での使用を想定していない機械が多く、計器を除染できないなどの問題を抱えている。

  • 福島第一原発2号機の事故(2012年01月20日 朝刊)

    第一原発の全6基のうち、1、3号機とともに運転中に地震や津波を受け炉心溶融を起こした。1、3号機のように水素爆発で原子炉建屋が吹き飛ぶことはなかったが、高濃度の放射能汚染水が原子炉建屋からタービン建屋に流れ出た。昨年4月にはその一部が坑道を通じて海に流れ出た。東電の解析では、溶けた燃料のほとんどが原子炉圧力容器の底に落ちた。一部の燃料が格納容器の底にも漏れたとされるが、その割合は1〜3号機の中では最も少ないとみられている。

最新ニュース

中部電力浜岡原発に配備された放水砲の説明を聞く県、御前崎市の担当者ら=御前崎市佐倉

静岡)県・御前崎市、浜岡原発の安全対策工事点検(2016/02/05)

 県と御前崎市は4日、中部電力浜岡原発(同市)で進む安全対策工事の49回目の点検と確認作業をした。過酷事故の際に、原子炉から放出される放射性物質の拡散を抑えるために配備した放水砲などを確認した。 東京[続きを読む]

原子炉建屋をコトバンクで調べる

写真

  • 中部電力浜岡原発に配備された放水砲の説明を聞く県、御前崎市の担当者ら=御前崎市佐倉
  • This life-size model of the lower part of a reactor containment vessel at the Fukushima No.1 nuclear power plant is nearing completion in Naraha, Fukushima Prefecture. (Hisashi Hattori)◇福島第一原発の格納容器の下部と同じ大きさで建設中の試験設備=福島県楢葉町、服部尚撮影
  • 福島第一原発の格納容器の下部と同じ大きさで建設中の試験設備=福島県楢葉町、服部尚撮影
  • 原発構内の汚染水タンクをバスの車内から視察する人たち=2015年9月、福島県大熊町、AFW提供
  • 原発構内の汚染水タンクをバスの車内から視察する人たち=2015年9月、福島県大熊町、AFW提供
  • 原子炉建屋内の様子を立体的に体感できるVRシステム=福島県楢葉町の楢葉遠隔技術開発センター、諫山卓弥撮影◇A worker views a simulated 3-D virtual reality image of the interior of a reactor building at the embattled Fukushima No. 1 nuclear power plant at a research and training center in Naraha, Fukushima Prefecture. (Takuya Isayama)
  • 原子炉建屋内の様子を立体的に体感できるVRシステム=福島県楢葉町の楢葉遠隔技術開発センター、諫山卓弥撮影
  • 原子炉建屋内の様子を立体的に体感できるVRシステム=福島県楢葉町の楢葉遠隔技術開発センター、諫山卓弥撮影
  • 事故後の福島第一原発=米デジタルグローブ提供
  • 遠隔操作で大型のペンチが動き、鉄骨をつかんだ=広野町
  • 富山県のドクターヘリに患者を運び込む場面=氷見市鞍川
  • オフサイトセンターではテレビ会議を使って原子力災害合同対策協議会全体会議が開かれた=志賀町西山台2丁目

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行手放せなくなるSDカード

    データの保存は全自動

  • ブック・アサヒ・コム「日本は本来の姿に戻って」

    「柔らかな海峡」の金惠京

  • 【&M】ジラール・ペルゴの大傑作

    「時計のセカイ」広田雅将

  • 【&w】41歳で母になるまで

    蝶々さんインタビュー

  • WEBRONZAゆっくり生活水準下げよう

    鶴見俊輔さんの思想から学ぶ

  • 写真

    ハフポスト日本版 14歳の素顔

    シンディ・クロフォードの娘、鮮烈デビュー

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

  • ITで業務がはかどる!差がつくヒントが満載