メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

原子炉

関連キーワード

  • 原子炉の置き換え(2010年06月29日 朝刊)

    古い原発を廃炉にし、代わりに新しい炉を造るのが「置き換え(リプレース)」だ。最新の大規模な原子炉にすることで、経済性や安全性が向上すると期待されている。国内の原発では、日本原電敦賀1号帰中部電力浜岡原発1・2号機ですでに「置き換え」が決まっている。新たな原子炉の建設には10年以上かかるが、廃炉はそれを上回る20年ほどかかるとされる。運転を止めてから、放射線の影響が小さくなるまで5〜10年ほど間を置く必要があるからだ。

  • 柏崎刈羽原発の原子炉許可取り消しを求めた行政訴訟(2012年07月13日 朝刊)

    1号機の原子炉設置許可取り消しを求め、1979年に地域住民たちが当時の通商産業相を訴えた。1、2審で「国の安全審査に不合理な点はない」との判決が出て、上告。その後の2007年に中越沖地震が起きて同原発が被災し、3千カ所以上が壊れるなどしたため、原告側は口頭弁論を開くよう求めたが、最高裁は同地震の発生は「判断を左右するものではない」として、09年に上告を棄却。住民側の敗訴が決まった。

  • 原子力供給国グループ(NSG)(2008年08月28日 朝刊)

    核燃料や原子炉、原子力関連機器・技術の輸出を管理・規制し、核不拡散を目指す国際的な枠組み。核不拡散条約(NPT)非加盟のインドが74年に核実験をしたのをきっかけに、78年に正式発足。米ロ英仏中の核保有国のほか、日本、オーストラリア、欧州各国など計45カ国が加盟。インド、パキスタン、北朝鮮、イスラエルは参加していない。核燃料や原子炉を輸出できるのは、輸入国が国際原子力機関(IAEA)と包括的保障措置(核査史を受け入れる協定を結んでいることが条件になっている。

最新ニュース

福井)もんじゅ廃炉求め全国集会 今年で21回目 敦賀(2016/12/4)

 政府が廃炉を含めた抜本的見直しを進めている日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を求める全国集会が3日、敦賀市内であった。集会は、もんじゅで1995年にナトリウム漏れ事故が起きた翌[続きを読む]

写真

  • 高速増殖原型炉「もんじゅ」(奥)の近くでデモ行進する市民団体のメンバーら=敦賀市白木1丁目
  •   
  • 敦賀原発2号機=福井県敦賀市
  • 福島第一原発とJヴィレッジを結ぶ送迎バスの車内で眠る作業員たち=11月、福島県の富岡町から大熊町間、小玉重隆撮影
  • 送迎バスの車内で眠る作業員たち=11月、福島県の富岡町から大熊町間、小玉重隆撮影
  • 協議会では、北陸電力側が事故の一連の経緯を説明した=県庁
  • 安田成美さん
!

地域面の紙面イメージが一週間分読めるように

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】iPadで路上も仕事場に

    辛酸なめ子さんの愛用品

  • 【&TRAVEL】プラナカン料理を味わう

    世界美食紀行

  • 【&M】普通の家の子として育てたい

    亀田興毅、子育てを語る

  • 【&w】腸がよろこぶ料理って?

    たなかれいこさんインタビュー

  • ブック・アサヒ・コム梯久美子が見た昭和の妻

    島尾敏雄の妻・ミホの評伝

  • WEBRONZAコクトーの耽美な世界

    【公演評】宙組『双頭の鷲』

  • 写真

    ハフポスト日本版 ありし日の戦艦武蔵

    堂々たるその威容

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ