メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

参院選

関連キーワード

  • 参院選道選挙区(2009年11月11日 朝刊)

    3年ごとに2議席を改選する。民主党結成後の98年から07年まで4回続けて同党と自民党が1議席ずつ分け合ってきた。04年は初めて民主が公認候補2人を擁立したが、鈴木宗男氏が無所属で立候補して野党票が割れた。これを教訓に民主は07年、公認を1人とし、無所属の候補者を新党大地と一緒に推薦する形で事実上の2議席獲得をめざした。無所属候補は落選したが、合計得票は164万票余。自民(約75万8千票)の2倍以上だった。

  • 今夏の参院選(2010年05月12日 朝刊)

    定数242議席のうち、半数が7月25日に任期満了を迎える。6月16日までの国会を会期延長せずに日曜日を投開票日にした場合、「6月24日公示、7月11日投開票」となるが、会期延長した場合、それ以降の投開票も取りざたされている。

  • 2010年参院選(2010年12月31日 朝刊)

    岐阜選挙区(改選数2)では、民主が現職と新顔の計2人を擁立したのに対し、自民は現有議席を死守するために候補者を1人に絞った。共産、幸福実現は各1人で計5人が立候補した。7月11日に投開票(投票率59・75)された結果、民主と自民が議席を分け合った。自民の渡辺猛之氏が42万5594票、民主の小見山幸治氏が22万9225票をそれぞれ獲得し初当選。3選をめざした山下八洲夫氏は22万1343票で落選した。

最新ニュース

最初のページに謝罪広告、文春に掲載命令 田島みわ氏記事巡り 東京地裁(2015/05/28)

 2013年の参院選で自民党が比例区で公認した元女優の田島みわ氏(51)が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、文芸春秋に1650万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。[続きを読む]

参院選をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 成人・少年の線引き
  • 安全保障関連法案を審議する衆院本会議が始まった=26日午後1時1分、飯塚晋一撮影
  • 資産ゼロ議員の推移/今回の74人を党派別で見ると…
  • 安全保障法制をめぐる各党のスタンス
  • 資産ゼロ議員の推移
  • 記者会見で語る市川昭男市長=山形市役所
  • 岸政権と安倍政権の歩み
  •   
  • 江田憲司前代表(右)と握手する松野頼久氏=19日午後、東京・永田町、飯塚晋一撮影

注目コンテンツ