メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

双葉町

関連キーワード

  • 中間貯蔵施設(2015年04月04日 夕刊)

    福島県内の除染で出た汚染土など最大2200万立方メートルを保管する施設。福島第一原発を囲み、大熊町と双葉町にまたがる16平方キロの用地を国が買い取るなどして建設。汚染土などを分別したり、焼却して体積を減らしたりする施設も造る。今年2月には施設の一部の建設が、3月には予定地への汚染土の搬入が始まった。

  • NTT柏豊四季社宅(2014年03月04日 朝刊)

    「NTT柏豊四季社宅」は柏市旭町にある4階建ての集合住宅。そのうち5棟に東日本大震災の被災者が入居している。福島県からは、60世帯123人が暮らす(2月7日現在)。避難指示区域がある市町村からの避難世帯は、47世帯(浪江町14世帯、南相馬市13世帯、大熊町7世帯、双葉町5世帯、富岡町4世帯、楢葉町3世帯、飯舘村1世帯)と、ほとんどを占める。

  • 県内への福島からの避難者(2015年03月10日 朝刊)

    福島県のウェブサイトによると、2月12日時点で、福島県から茨城県に避難しているのは3461人。避難者数は2013年3月の4023人をピークに徐々に減ってきている。福島県では現在、東京電力福島第一原発がある大熊町、双葉町を含む10市町村が国から「避難指示区域」に指定されている。放射線量に応じ、(1)帰還困難区域(2)居住制限区域(3)避難指示解除準備区域に分けられており、区域によって、東電からの賠償額も異なる。

最新ニュース

撤去予定の看板の前で咲くサクラ=双葉町

福島)撤去予定の看板前にもサクラ咲く 双葉(2015/04/18)

 福島第一原発事故で全町避難が続く双葉町の帰還困難区域に17日、記者が入った。「原子力 明るい未来のエネルギー」と標語を記した町中心部の看板の前でも、サクラが咲いていた。小学生の時にこの標語を考え、事[続きを読む]

双葉町をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 撤去予定の看板の前で咲くサクラ=双葉町
  • ゲレンデを登る逆走マラソン=ホテルリステル猪苗代提供
  • ホームページで公開された双葉中の教室。震災当日は卒業式で、黒板には生徒たちの寄せ書きが残されている=筑波大提供
  • 高浜原発3、4号機の再稼働を差し止める仮処分決定が出て、幕を出して喜ぶ申立人と弁護団ら=14日午後2時16分、福井市の福井地裁、筋野健太撮影
  • 報道陣の質問を受ける跡部昌洋村長=7日午後2時17分ごろ、宮城県大衡村、辻隆徳撮影
  • 町役場の元同僚らが見守る中、鈴木久友さんが自宅(右奥)の前に立てたこいのぼり。屋根の向こうに福島第一原発敷地内のクレーンが見える=4日午前、福島県大熊町、福留庸友撮影
  • 町役場の元同僚らが見守る中、鈴木久友さんが自宅(右奥)の前に立てたこいのぼり。屋根の向こうに原発敷地内のクレーンが見える=いずれも4日午前、福島県大熊町、福留庸友撮影
  • 開花したトウカイザクラ=水野重紀さん撮影
  • 福島第一原発敷地内の食堂でカツカレーを食べる東京電力や協力企業の幹部ら=大熊町
  • 原発の歩み
  • 公示地価は下げ止まりつつある
  • 東京駅のすぐ隣に立つ「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」(奥右側)=東京都千代田区、山下龍一撮影
  • 保存が検討されることになった看板=9日午後、福島県双葉町
  • 保存が検討されることになった看板。周辺は帰還困難区域で、バリケード(手前)で立ち入りが制限されており、歩く人の姿はない=9日午後、福島県双葉町
  • 原発PRの看板の前で撤去反対を訴える大沼勇治さん。故郷はほぼ全域が帰還困難区域のままだ=15日午前10時36分、福島県双葉町

注目コンテンツ

  • ショッピング飛行機の技術を扇風機に応用

    「補助翼」で遠くまで届く風

  • ブック・アサヒ・コムその後の「有頂天家族」

    人気小説の続編ついに刊行

  • 【&M】東京で地産地消、伊府麺

    小川糸さんのイケ麺

  • 【&w】母の日に喜ばれるのは?

    久保純子さん、理想のギフト

  • Astand20代女性の痩せすぎが問題

    日本は飽食?栄養の世代間格差

  • 写真

    ハフポスト日本版 世界で最も美しい顔100人

    日本から何人ランクイン?

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ