メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

双葉町

関連キーワード

  • 双葉町の避難状況(2017年03月06日 朝刊)

    原発事故後、双葉町は約7千人の町民全員が全国各地に避難している。幼児から中学生までの594人は、20都道県に分散している。双葉中学校は2014年4月にいわき市で再開。当初3学年6人だったが、現在は12人が通っている。

  • NTT柏豊四季社宅(2014年03月04日 朝刊)

    「NTT柏豊四季社宅」は柏市旭町にある4階建ての集合住宅。そのうち5棟に東日本大震災の被災者が入居している。福島県からは、60世帯123人が暮らす(2月7日現在)。避難指示区域がある市町村からの避難世帯は、47世帯(浪江町14世帯、南相馬市13世帯、大熊町7世帯、双葉町5世帯、富岡町4世帯、楢葉町3世帯、飯舘村1世帯)と、ほとんどを占める。

  • 県内への福島からの避難者(2015年03月10日 朝刊)

    福島県のウェブサイトによると、2月12日時点で、福島県から茨城県に避難しているのは3461人。避難者数は2013年3月の4023人をピークに徐々に減ってきている。福島県では現在、東京電力福島第一原発がある大熊町、双葉町を含む10市町村が国から「避難指示区域」に指定されている。放射線量に応じ、(1)帰還困難区域(2)居住制限区域(3)避難指示解除準備区域に分けられており、区域によって、東電からの賠償額も異なる。

最新ニュース

介護保険料、平均6%上昇 月額5869円に(2018/5/22)

 65歳以上が払う介護保険料の基準額が、4月に見直された。全国平均で月額5869円。3年前の前回見直し時より355円(6・4%)高くなった。厚生労働省が21日、全国の自治体の保険料を公表した。 最も高…[続きを読む]

双葉町をコトバンクで調べる

写真

  • 福島第一原発の桜並木=2018年4月4日午前11時58分、福島県大熊町、竹花徹朗撮影
  • 福島第一原発の桜並木=2018年4月4日午前11時58分、福島県大熊町、竹花徹朗撮影
  • 福島の原発事故でいったん建設が止まった電源開発の大間原発。工事は今も全体の4割程度にとどまるという=2012年12月、青森県大間町、上地兼太郎撮影
  • 寄贈された防災器具。双葉町と川俣町の人たちの交流も深めたいという=川俣町
  • トウカイザクラが春を告げる。咲き始めから一気に開花が進んだ=鶴岡市双葉町の水野重紀さん宅
  • 福島の公示地価
  • 地方自治総合研究所の今井照・主任研究員
  • JR常磐線夜ノ森駅とその先に広がる帰還困難区域を撮影する石田省三郎弁護士=2月18日、福島県富岡町
  • 多摩大学の学生たち=10日、東京・六本木の東京ミッドタウン
  • 自宅の玄関前で「地震で棚が倒れたんだ」と話す武藤康広さん。棚は元に戻したが、中に入っていた工具や花の肥料などは今も散らばったままだ=双葉町
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ