メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

反原発

関連キーワード

  • 反原発デモ(2012年11月29日 朝刊)

    今年3月から毎週金曜日、官邸前や国会議事堂でデモが実施されている。ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアで情報は拡散。当初は数百人規模だったが、6月ごろから急増し、社会現象に。多い時で数万人が集まった。全国に波及し、長野市でも毎週金曜日に実施されている。

  • 反原発団体への嫌がらせ(2014年05月03日 朝刊)

    1986年のチェルノブイリ原発事故を機に、国内で反原発運動が急増。ほぼ同時に、嫌がらせが始まった。ひわいな手紙や隠し撮りした写真、虫、毛髪の送りつけなどで、日本弁護士連合会が悪質な人権侵害と認定した。

  • 緑の党(2012年09月14日 朝刊)

    環境保護、反原発、反戦、フェミニズムといった社会運動を母体にした政党。1970年代のオーストラリアで結成され、欧州にも広まった。90年代にドイツ、フランスなどで連立政権に参加。ドイツでは原発からの段階的撤退、フランスでは高速増殖炉廃止の道筋をつけた。日本では90年代、環境保護や生活者重視を訴える各地の地方議員の連携が活発になり、08年に地方議員らが政治団体「みどりの未来」を結成。これを母体に今年7月28日、国政政党の日本版「緑の党」が発足した。中山氏をはじめ地方議員ら4人が共同代表に就き、「原発のない社会」「公正な税制による所得再分配」「市民が行動・参加する民主主義の実現」を掲げている。

最新ニュース

東京)弁護士が監督した映画あすから渋谷で(2017/2/24)

 ◇原発ゼロ後の世界を探り歩く ◆経済界へ 「自然エネルギー もうかる」  脱原発後の未来を探るドキュメンタリー映画「日本と再生 光と風のギガワット作戦」が完成した。25日から都内で公開される。監督は[続きを読む]

写真

  • 「映画を見て、自然エネルギーで発展していける未来が待っていると確信した」と語る小泉純一郎・元首相(右)と、監督の河合弘之弁護士=16日、渋谷区
  • 「日本と再生」の一場面。風力発電の現場を歩く河合弘之弁護士ら。自然エネルギーの実情を知るために地球を2周したという=(C)Kプロジェクト
  • 過激派をめぐる主な事件
  • 第2回の会合に出席した専門委の委員ら=鹿児島市
  • 2005年提出の政府案/今回の政府案
  • 主な特集
  • DIME30年
  •   
  • 原発が台湾の電源構成に占める割合(15年)
  • 『ロックフェスの社会学 個人化社会における祝祭をめぐって』
  • 川内原発1号機の特別点検の結果について、九州電力から説明を受ける専門委の委員=鹿児島市
  • 安保法成立の直前、国会前デモで演説する落合恵子さん。亡き母の介護中に時間節約で始めた「怒髪」と呼ぶ髪形に、怒り続ける意思を込める=2015年9月、東京・永田町
  • 発言の一部を取り消すことを市議会で述べる小川議員=鹿児島市
  • チェルノブイリ原発4号炉と石棺を封印する新しいかまぼこ形のシェルターの完成を祝うポロシェンコ大統領(中央)ら。右端にハンス・ブリクス氏も=29日、ウクライナ北部チェルノブイリ、松尾一郎撮影
  • 日立製作所の東原敏昭社長
  • 川内原発1号機の運転再開を認めないよう求め、県庁前に座り込む反原発団体のメンバー=鹿児島市の県庁

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】バルミューダ製品が当たる

    読者アンケート&プレゼント

  • 【&TRAVEL】歴史とロマンと

    世界の天空の城

  • 【&M】&M読者にプレゼント

    時計やカメラなど抽選で

  • 【&w】深夜0時に出勤していく夫へ

    あゆみ食堂のお弁当

  • ブック・アサヒ・コム直木賞も近い?須賀しのぶ

    小説「また、桜の国で」が話題

  • WEBRONZA終戦直後のラジオの世界描く

    こまつ座『私はだれでしょう』

  • 写真

    ハフポスト日本版 思わず見つめてしまう子猫

    とにかくご覧ください

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ