メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

反原発

関連キーワード

  • 反原発デモ(2012年11月29日 朝刊)

    今年3月から毎週金曜日、官邸前や国会議事堂でデモが実施されている。ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアで情報は拡散。当初は数百人規模だったが、6月ごろから急増し、社会現象に。多い時で数万人が集まった。全国に波及し、長野市でも毎週金曜日に実施されている。

  • 反原発団体への嫌がらせ(2014年05月03日 朝刊)

    1986年のチェルノブイリ原発事故を機に、国内で反原発運動が急増。ほぼ同時に、嫌がらせが始まった。ひわいな手紙や隠し撮りした写真、虫、毛髪の送りつけなどで、日本弁護士連合会が悪質な人権侵害と認定した。

  • 緑の党(2012年09月14日 朝刊)

    環境保護、反原発、反戦、フェミニズムといった社会運動を母体にした政党。1970年代のオーストラリアで結成され、欧州にも広まった。90年代にドイツ、フランスなどで連立政権に参加。ドイツでは原発からの段階的撤退、フランスでは高速増殖炉廃止の道筋をつけた。日本では90年代、環境保護や生活者重視を訴える各地の地方議員の連携が活発になり、08年に地方議員らが政治団体「みどりの未来」を結成。これを母体に今年7月28日、国政政党の日本版「緑の党」が発足した。中山氏をはじめ地方議員ら4人が共同代表に就き、「原発のない社会」「公正な税制による所得再分配」「市民が行動・参加する民主主義の実現」を掲げている。

最新ニュース

高橋源一郎さん=池永牧子撮影

(論壇時評)記録する 「狂気」とみなされる怖さ 作家・高橋源一郎(2015/07/30)

 大岡昇平が、太平洋戦争の激戦地レイテ島での経験をもとに書き上げた『野火』(〈1〉)は、単に戦争小説の傑作であるだけではなく、およそ「文学」と呼ばれる人間の営みの頂点に属する作品だ。 主人公の「田村一[続きを読む]

PR情報

写真

  • 高橋源一郎さん=池永牧子撮影
  • 岩本千枝子さん=長崎市平和町の自宅で
  • アトミック・カフェで話す(左から)津田大介さん、TOSHI-LOWさん、細美武士さん=湯沢町
  • Tシャツを着た芸術家グループのメンバー=角井てんこさん提供
  • 台湾総統選の構図
  • 安全保障関連法案に反対する集会で「戦争させない」などと書かれたボードを掲げる参加者たち=14日午後6時14分、東京都千代田区、西畑志朗撮影
  • 大三島と生口島にかかる多々羅大橋。わき上がる雲の下、サイクリストが走り抜ける=愛媛県今治市
  • 「サイエンティフィック・リポーツ」
  • ソウルのパレードには日本から約40人が参加した
  • 河内愛子さん。後ろの遺影は夫の久雄さん=山形市南栄町
  • 沖縄入りしたベコ・トラ
  • 【1970年5月】チッソ本社前で抗議する水俣病患者と家族の代表者たち=東京都千代田区
  • 「誰が福島の責任をとることができるのか」と書いたプラカードを持ってデモ行進する参加者=2011年3月26日、ベルリン
  • 東京電力の株主総会を前に脱原発を訴える「脱原発・東電株主運動」のメンバーら=東京都千代田区の東京国際フォーラム前
  • 九電の株主総会会場前で、川内原発再稼働反対のビラを配る人たち=25日午前9時21分、福岡市中央区、池田良撮影
  • 東京電力の株主総会を前に脱原発を訴える、「脱原発・東電株主運動」のメンバーら=東京都千代田区の東京国際フォーラム前

注目コンテンツ