メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

反原発

関連キーワード

  • 反原発デモ(2012年11月29日 朝刊)

    今年3月から毎週金曜日、官邸前や国会議事堂でデモが実施されている。ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアで情報は拡散。当初は数百人規模だったが、6月ごろから急増し、社会現象に。多い時で数万人が集まった。全国に波及し、長野市でも毎週金曜日に実施されている。

  • 反原発団体への嫌がらせ(2014年05月03日 朝刊)

    1986年のチェルノブイリ原発事故を機に、国内で反原発運動が急増。ほぼ同時に、嫌がらせが始まった。ひわいな手紙や隠し撮りした写真、虫、毛髪の送りつけなどで、日本弁護士連合会が悪質な人権侵害と認定した。

  • 緑の党(2012年09月14日 朝刊)

    環境保護、反原発、反戦、フェミニズムといった社会運動を母体にした政党。1970年代のオーストラリアで結成され、欧州にも広まった。90年代にドイツ、フランスなどで連立政権に参加。ドイツでは原発からの段階的撤退、フランスでは高速増殖炉廃止の道筋をつけた。日本では90年代、環境保護や生活者重視を訴える各地の地方議員の連携が活発になり、08年に地方議員らが政治団体「みどりの未来」を結成。これを母体に今年7月28日、国政政党の日本版「緑の党」が発足した。中山氏をはじめ地方議員ら4人が共同代表に就き、「原発のない社会」「公正な税制による所得再分配」「市民が行動・参加する民主主義の実現」を掲げている。

最新ニュース

ECDさん死去(2018/1/26)

 ECDさん(イー・シー・ディー=ラッパー、本名石田義則〈いしだ・よしのり〉)24日、急性呼吸不全で死去、57歳。妻は写真家の植本一子さん。 87年にラッパーとして活動を始め、日本のヒップホップシーン…[続きを読む]

写真

  • 広野房一さんが16冊のノートに残した32年間の記録。伊方原発訴訟の一審松山地裁判決で敗訴した1978年4月25日には、地裁前で掲げた旗と同じ「辛酸入佳境」と書き、赤鉛筆で下線を引いた
  • 防城港原発近くの海岸で潮干狩りする住民。地元には原発の安全性を懸念する声も多い=11月、広西チワン族自治区、冨名腰隆撮影
  • チェルノブイリ原発事故とその後
  • 東京サミット「原発事故声明」こう変わった
  • <チェルノブイリ> 事故直後のチェルノブイリ原発4号機=同原発提供
  • サミットに向け外務省がまとめた、中曽根康弘首相の発言要領。「原子力発電の推進は電力需要の増大及びエネルギー源の多様化の観点から不可欠」と記されている
  • NUMOの職員らと意見を交わす参加者ら=鹿児島市
  • 記者会見する「伊方原発をとめる会」のメンバーら=県庁
  • 書類や本がうずたかく積まれた会長室で話し込む稲垣喜代志さん=2013年11月8日、名古屋市中区の風媒社旧社屋
  • 注目された天皇陛下の主な発言
  • 稲垣喜代志さん
  • 道路脇の看板。遠くに志賀原発の排気筒2本が見えた=志賀町
  • 野党候補の演説を聞きに来た本間信和さん。足を止める学生たちの姿に「『若者の政治離れ』とかって簡単に言ってほしくない」=14日午後、東京都豊島区
  • 野党候補の演説を聞きに来た本間信和さん。足を止める学生たちの姿に「『若者の政治離れ』とかって簡単に言ってほしくない」=14日、東京都豊島区
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ