メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

反原発

関連キーワード

  • 反原発デモ(2012年11月29日 朝刊)

    今年3月から毎週金曜日、官邸前や国会議事堂でデモが実施されている。ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアで情報は拡散。当初は数百人規模だったが、6月ごろから急増し、社会現象に。多い時で数万人が集まった。全国に波及し、長野市でも毎週金曜日に実施されている。

  • 反原発団体への嫌がらせ(2014年05月03日 朝刊)

    1986年のチェルノブイリ原発事故を機に、国内で反原発運動が急増。ほぼ同時に、嫌がらせが始まった。ひわいな手紙や隠し撮りした写真、虫、毛髪の送りつけなどで、日本弁護士連合会が悪質な人権侵害と認定した。

  • 緑の党(2012年09月14日 朝刊)

    環境保護、反原発、反戦、フェミニズムといった社会運動を母体にした政党。1970年代のオーストラリアで結成され、欧州にも広まった。90年代にドイツ、フランスなどで連立政権に参加。ドイツでは原発からの段階的撤退、フランスでは高速増殖炉廃止の道筋をつけた。日本では90年代、環境保護や生活者重視を訴える各地の地方議員の連携が活発になり、08年に地方議員らが政治団体「みどりの未来」を結成。これを母体に今年7月28日、国政政党の日本版「緑の党」が発足した。中山氏をはじめ地方議員ら4人が共同代表に就き、「原発のない社会」「公正な税制による所得再分配」「市民が行動・参加する民主主義の実現」を掲げている。

最新ニュース

沖縄を見る目は右も左も思い上がりだ(2017/8/18)

 今年2月、沖縄へ行ってきた。理由は、沖縄に対して無知だったからである。 無知ならば現地に行き、知るしかないと考え、1泊2日という短期間ながら那覇市、宜野湾市、名護市辺野古、東村高江へ行き、様々な人の[続きを読む]

写真

  • 「いのちの岐路に立つ~核を抱きしめたニッポン国」の撮影。「蒲生田岬原発絶対反対」の文字がかすかに残る看板を前に、打ち合わせをする矢間さん(右端)と椋本さん(左端)ら=2016年8月、阿南市椿町
  • 九州電力の資料に示されているコンプライアンスカード=九州電力のホームページより
  • 就任1年のインタビューに答える三反園知事=県庁
  • 記者の質問に答える三反園訓知事=県庁
  • 原発を巡る三反園鹿児島知事の主な発言
  • 原発を巡る三反園鹿児島県知事の主な発言
  • (左)困民党が敗れ去った八ケ岳のふもと。梅雨の晴れ間の下、高原野菜畑が広がる(右)海尻橋では歴史愛好家らが、困民党の足跡をたどっていた=いずれも長野県南牧村
  • 公演に向けて稽古を重ねる出演者たち=大阪市大正区
  • 江戸の風情を伝える白壁などで知られる広島県旧上下町(現・府中市)の街並み
  • 家宅捜索の経験を語る雨宮処凛さん=東京都杉並区
  • 家宅捜索の経験を語る雨宮処凛さん=東京都杉並区
  • 玄海原発3、4号機の再稼働差し止め仮処分申し立ての却下を受け、声明文を読む申立人代表の石丸初美さん。右は冠木克彦弁護団長=13日午後1時7分、佐賀市、福岡亜純撮影
  • 池内了さん  
  • 「共謀罪」について話す池内了・名古屋大名誉教授=迫和義撮影
  • 関電本社前で「反原発」を訴える中嶌哲演さん=5月17日、大阪市北区
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ