メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

反原発

関連キーワード

  • 反原発デモ(2012年11月29日 朝刊)

    今年3月から毎週金曜日、官邸前や国会議事堂でデモが実施されている。ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアで情報は拡散。当初は数百人規模だったが、6月ごろから急増し、社会現象に。多い時で数万人が集まった。全国に波及し、長野市でも毎週金曜日に実施されている。

  • 反原発団体への嫌がらせ(2014年05月03日 朝刊)

    1986年のチェルノブイリ原発事故を機に、国内で反原発運動が急増。ほぼ同時に、嫌がらせが始まった。ひわいな手紙や隠し撮りした写真、虫、毛髪の送りつけなどで、日本弁護士連合会が悪質な人権侵害と認定した。

  • 緑の党(2012年09月14日 朝刊)

    環境保護、反原発、反戦、フェミニズムといった社会運動を母体にした政党。1970年代のオーストラリアで結成され、欧州にも広まった。90年代にドイツ、フランスなどで連立政権に参加。ドイツでは原発からの段階的撤退、フランスでは高速増殖炉廃止の道筋をつけた。日本では90年代、環境保護や生活者重視を訴える各地の地方議員の連携が活発になり、08年に地方議員らが政治団体「みどりの未来」を結成。これを母体に今年7月28日、国政政党の日本版「緑の党」が発足した。中山氏をはじめ地方議員ら4人が共同代表に就き、「原発のない社会」「公正な税制による所得再分配」「市民が行動・参加する民主主義の実現」を掲げている。

最新ニュース

(特派員メモ)国境越えるリスク @ルクセンブルク・シェンゲン(2016/05/19)

 フランス北東部のカトゥノムは原発の城下町。住民らは「原発は雇用を生む」「町は潤い、柔道場ができた」と話した。だが車で北へ15分、国を挙げてフランスに廃炉を求めているルクセンブルクに入ると、一変した。[続きを読む]

写真

  • 「脱原発勇敢賞」の授賞式に出席した菅直人氏(中央)=4月30日、独フランクフルト、玉川透撮影
  • 「民主主義が壊されるという危機感を抱いたとき、市民は司法に望みを託す」と語る井戸謙一弁護士=滋賀県彦根市
  • 井戸謙一弁護士
  • 水俣病事件60年を考えるつどいで、実行委員会の各団体の代表者が一言ずつアピールの言葉を述べた=水俣市のもやい館
  • 中国電力の清水希茂社長(左)は、島根原発1号機廃炉計画の了解を溝口善兵衛知事に申し入れた=島根県庁
  • ヴラディーミル・チェルトコフさん=兵庫県西宮市、田井中雅人撮影
  • 仏カトゥノム原発(奥)の閉鎖を求めるルクセンブルク。住民らは「大事故があったら我々も犠牲になる」と話す=16日、ルクセンブルク南部ビュールムランジュ、ソフィー・デュピュイ撮影
  • 主な国の原発/総電力量に占める原子力の割合/世界の原発の設備容量(運転中)の推移
  • 抗告棄却の決定を受け、記者会見する申立人と弁護団ら=6日午前11時30分、宮崎市旭1丁目、長沢幹城撮影
  • 『バラカ』
  • 東日本大震災後の市民や政治の主な動き
  • 東日本大震災後の市民や政治の主な動き
  • 参加者は5年間を振り返った=12日、熊本市中央区草葉町
  • 「西蔵より肖像」より 1998年
  • 反対同盟の旗を持つ石丸さん
  • 約800人が参加したデモ行進。小出裕章さん(前列左から2人目)が先頭を歩いた=松本市の松本駅前
!

PC版トップページ変更、「ライフ」ジャンル新設のお知らせ(5/18)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】人工クロスにはない力

    あらゆる拭き掃除をこの一枚で

  • 【&TRAVEL】極上のワイルドジャーニー

    魂が震えるナミブ砂漠の絶景

  • 【&M】『週刊文春』独壇場の理由

    関口一喜 イチ押し週刊誌

  • 【&w】非ピンク礼賛主義女子の山服

    山道具日記

  • ブック・アサヒ・コム吉沢悠のコミック履歴書

    「墓場鬼太郎」が新鮮だった

  • WEBRONZA原発事故の賠償責任ルール

    有限?無限?議論の行方は?

  • 写真

    ハフポスト日本版 美しいドレス姿

    カンヌ映画祭で話題沸騰

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ