メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

取材・報道の自由

最新ニュース

写真・図版

ロシアに入国拒否撤回要求 独記者、W杯取材で(2018/5/14)

 【ベルリン共同】ドイツ政府のザイベルト報道官は14日、ロシア陸上界の国ぐるみのドーピングを暴いたドイツの記者がサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の取材に必要なビザ(査証)を取り消されたのは不…[続きを読む]

写真

  • ドイツ公共放送ARDのハヨ・ゼペルト記者=2017年12月、ローザンヌ(AP=共同)
  • カンボジアの首都プノンペンで7日、プノンペン・ポスト紙を広げる新聞販売店員=AFP時事
  • ラリー・ケさんが殺害された現場。周囲に多くの人がいた中で撃たれたという。白い建物がケさんの保険会社だった=カタンドゥアネス島、鈴木暁子撮影
  • 曽我部真裕・京大教授
  • 汚職疑惑のあるイスラエルのネタニヤフ首相に対し抗議デモをする市民=4月21日、テルアビブ、杉本康弘撮影
  • 法廷に入る前、笑顔を見せるワローン記者=4月20日、ヤンゴン、染田屋竜太撮影
  • 廃品で墓碑を作る少年。輸入品は高価なため、幼いころから技術を学ぶ。これも「自立」の実践だ=アスマラ、小森保良撮影
  • 工事が進むガフテレイダム
  • 「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」から。メリル・ストリープ(右)がワシントン・ポスト社主のキャサリン・グラハムを、トム・ハンクスが編集主幹ベン・ブラッドリーを演じた。スピルバーグ監督は「今すぐこの映画を作らなければ」と短期間で完成させた。(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
  • 「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」から。メリル・ストリープ(右)がワシントン・ポスト社主のキャサリン・グラハムを、トム・ハンクスが編集主幹ベン・ブラッドリーを演じた。スピルバーグ監督は「今すぐこの映画を作らなければ」と短期間で完成させた。(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
  • マレーシア・クアラルンプールの地下鉄の壁広告。鼻が伸びた人がスマートフォンをいじり、「ウソを拡散することは、あなたをウソつきにする」との文言が添えられている=AP
  • マレーシア・クアラルンプールの地下鉄の壁広告。鼻が伸びた人がスマートフォンをいじり、「ウソを拡散することは、あなたをウソつきにする」との文言が添えられている=AP
  • 街中に掲げられた候補者の看板や幕はシーシ氏ばかりが目立つ。ムーサ氏のものはほとんど見かけない=13日、カイロ
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ