メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

受精卵

関連キーワード

  • 受精卵診断(2012年07月11日 夕刊)

    体外受精させた受精卵が4〜8個の細胞に分裂した段階で、遺伝子や染色体を調べ、異常のない受精卵を子宮に戻す技術。「着床前診断」とも呼ばれる。羊水中の胎児の細胞などを調べる出生前診断と違い、妊娠前に調べられる。日本産科婦人科学会は対象を重い遺伝病や染色体異常が原因の習慣流産などに限っている。

  • 受精卵検査(2015年01月21日 朝刊)

    特定の遺伝子や染色体を調べる「着床前診断」と、全染色体を調べるPGSがある。今回認められたPGSの臨床研究はまず3年間実施する。対象は体外受精を3回以上しても妊娠しなかったか、流産を2回以上経験した女性など。

  • 胚培養士(2009年02月21日 夕刊)

    シャーレ内で精子と卵子を混合して受精を促したり、顕微鏡を使って精子を卵子に注入したりする作業のほか、受精卵の培養、精液検査、精子の凍結保存などを担う技術者。英語名で「エンブリオロジスト」とも呼ばれる。国家資格ではないが、独自の認定資格を出している学会もある。現場では臨床検査技師などの国家資格者が兼務する場合も多い。

最新ニュース

写真・図版

石川)ライチョウのヒナ3羽誕生 いしかわ動物園(2018/6/14)

 石川県といしかわ動物園(石川県能美市徳山町)は13日、国の特別天然記念物のライチョウが人工繁殖で3羽孵化(ふか)したと発表した。同園が富山市ファミリーパークから7日に受精卵三つを受け入れ、孵卵器で温…[続きを読む]

写真

  • 誕生したライチョウのヒナ3羽=2018年6月、いしかわ動物園提供
  • iPS細胞ストックを使う移植の流れ
  • 幻想的なサンゴの産卵の様子。淡いピンクの粒が夜の海を染めた=2018年6月2日午後11時、鹿児島県・加計呂麻島沖、興克樹さん撮影
  • 採卵を試みる県職員。この日は産卵のタイミングに合わず、腹を搾っても出血するだけの個体が目立った=広島県呉市・情島沖
  • (C)六花チヨ/集英社クリエイティブ
  • 京都大のチームがつくった、再生医療に使えるヒトのES細胞=京都大提供
  • 京都大のチームがつくった、再生医療に使えるヒトのES細胞(京都大提供)
  • 中学校の性教育ではどの程度まで教えればいいと思いますか?
  • 朝日新聞デジタルのアンケート
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】組立式レコードプレーヤー

    超軽量仕様で持ち運びも可能

  • 写真

    【&TRAVEL】世界遺産、最古の山岳鉄道

    ダージリン・ヒマラヤ鉄道

  • 写真

    【&M】N-VANが新たに軽ベースに?

    キャンピングカーで行こう

  • 写真

    【&w】映画でみる愛とファッション

    上間常正@モード

  • 写真

    好書好日読書面の最新書評を掲載

    小説「万引き家族」など紹介

  • 写真

    WEBRONZA女性研究者「優遇」の意義

    活躍を阻む無意識のバイアス

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2018下半期、財運開運占い

    自己改革時代がやってきた!

  • 写真

    T JAPAN最旬、エスパドリーユ8選

    最旬、エスパドリーユ8選

  • 写真

    GLOBE+ママ記者が特派員になったら

    ハノイ支局長日記

  • 写真

    sippo猫がくつろぐ「猫の美術館」

    猫に囲まれ「猫ねこ展」味わう

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ