メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

古事記

関連キーワード

  • 古事記(2011年12月29日 朝刊)

    天武天皇が681年、皇室の記録「帝紀」と神話・伝説を記した「旧辞」を整理・一本化するため、側近の稗田阿礼(ひえだのあれ)に覚えさせた。天武天皇の死去で中断したが、元明天皇が太安万侶に阿礼の語りを聞き取って編集するよう命じ、712年に献上された。3巻あり、国の誕生から推古天皇の時代までの神々の世界や天皇家の系譜を描く。

  • 神武東征伝説(2010年10月05日 朝刊)

    古事記』や『日本書紀』によれば、神武天皇は、天下ったニニギノミコトの子孫で、第1代の伝説上の天皇。『日本書紀』によると、日向にいたとき、東の方に都をつくるのによい土地があると聞いて「東征」の旅に出る。海路や陸路で近畿へ進み、地元勢力と戦いを交えながら、大和の橿原宮で即位したと伝えられる。

  • 出雲国造(2013年05月08日 朝刊)

    国造は律令制導入以前の地方の主で、「くにのみやつこ」「こくぞう」と読むが、出雲では「こくそう」と濁らない。「古事記」「日本書紀」にある高天原から大国主神の下に遣わされた神「天穂日命(あめのほひのみこと)」を祖とする。南北朝時代に千家・北島両家に分家し、月交代で杵築(出雲)大社の祭祀(さいし)を執った。明治政府が第80代出雲国造の千家尊癖たかとみ)氏を出雲大社大宮司に任命してからは、千家国造家が宮司を務める。現在の千家尊祐宮司は第84代出雲国造。

最新ニュース

写真・図版

学者も「よく分からない」 大相撲の女人禁制、起源とは(2018/4/18)

 土俵上で懸命に救命活動をする女性に「降りて」とアナウンスした日本相撲協会の対応が物議を醸している。大相撲における「女人禁制」はどのように「伝統」となったのか。 奈良時代の古事記や日本書紀に記述があり…[続きを読む]

写真

  • 大相撲千秋楽の最後にある「神送りの儀式」。場所前の「土俵祭」で迎えた神を送り出すため、力士たちが土俵の上で行司を胴上げする=2017年秋場所、恵原弘太郎撮影
  • 大相撲千秋楽の「神送りの儀式」=2017年秋場所
  • 『雪の階』
  • 早春の西都原古墳群。幾何学的ともいえる古墳の形がよくわかる=宮崎県西都市、ドローンから
  • これまで元号に使われた漢字ランキング
  • これまで元号に使われた漢字ランキング
  • 山陰地方の伝統工芸品などを採用する「あめつち」(1号車)の内装イメージ
  • 特設舞台で稽古に励む劇団員ら=20日、津市芸濃町椋本の東日寺
  • 巨大な能面が登場する「フエルサブルータ WA!!」の舞台
  • アルゼンチン人が見た日本が描かれている「フエルサブルータ WA!!」の舞台=東京都港区のステラボール、飯塚晋一撮影
  • 宇倍神社の檜皮(ひわだ)ぶき本殿=鳥取市国府町宮下
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ