メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

古代ギリシャ

関連キーワード

  • ホースセラピー(2017年06月05日 夕刊)

    乗馬や馬の世話を通して、心身の治療や教育の質向上、生活の充実を目指す。実施する団体・個人により、子どもや高齢者、障害者などの対象者と目的は異なり、「障害者乗馬」「乗馬療没とも呼ばれる。欧州では古代ギリシャで関連の記録が残るほど歴史は古く、研究も盛ん。

  • 論文日本の自殺の要旨(2012年01月10日 朝刊)

    日本は古代ギリシャやローマ帝国が欲望の肥大化による退廃で崩壊したのと同じ道を歩んでいる。国鉄(現JR)労組の荒廃、母親の子捨てや子殺し多発はその予兆だ。人気とりの福祉や減税競争は赤字を増やし、人間の自律精神を失わせる。豊かさの代償は資源枯渇と環境破壊、使い捨ての生活様式、判断力の衰弱など。権利の主張と悪平等をイデオロギーとする疑似民主主義は衆愚政治を招く。歴史に学んでエゴを自制し、自立の精神を育て、大衆迎合から決別しなければならない。

  • ブラジャーの歴史(2014年02月12日 朝刊)

    起源は古代ギリシャまでさかのぼるとされる。当時は現在のようにバストを覆うのではなく、乳房が垂れ下がらないよう支えるベルト状のものだったという。16〜18世紀には、欧州を中心に胸を締め付けて女性の身体的特徴を隠すコルセットが流行した。1914年、米国人女性のメアリー・フェルプス・ジェイコブさんが、ハンカチ2枚をつないで肩ひもをつけたような形状の下着「BacklessBrassiere」で特許を取得。現代ブラジャーの原型とされるが、起源には複数の説がある。国内では、大正末から昭和初期に「乳房バンド」などの名前で登場。しかし、洋装が広まる戦後までブラジャーは普及しなかった。

最新ニュース

写真・図版

(書評)『憲法9条へのカタバシス』 木庭顕〈著〉(2018/6/23)

 ■ローマ法まで掘り下げ論理を解明 著者はローマ法学者、いわゆるロマニストである。本書には憲法9条論だけではなく、漱石と鴎外をめぐる2編の文学論、ホッブズ論など、序論を含め全部で9編の文章が収められて…[続きを読む]

写真

  • 『憲法9条へのカタバシス』
  • 対談するマルクス・ガブリエルさん(中央右)と國分功一郎さん(同左)。右端は通訳を務めた斎藤幸平・大阪市立大学准教授、左端は朝日新聞の高久潤記者=2018年6月12日午後、東京・築地、越田省吾撮影
  • ギリシャとマケドニアが国境を接するプレスパ湖で17日、マケドニアの新国名を「北マケドニア」とする合意に署名するギリシャの外相(右手前)とマケドニアの外相(左手前)。後ろに立つのは両国の首相=AFP時事
  •   
  • マケドニアの地図
  • 『日本の分断』
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】明るい単焦点レンズが欲しい!

    レンズ追加で広がる世界

  • 写真

    【&TRAVEL】満潮時は沈む、屋久島の温泉

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】音楽のルーツはドイツ時代

    関取花、4歳の『私の一枚』

  • 写真

    【&w】各地の厳選野菜と炭火料理を

    ワインバル・クルージング

  • 写真

    好書好日読書面の最新書評を掲載

    小説「万引き家族」など紹介

  • 写真

    WEBRONZAサランスクの奇跡、真相は

    「選手を信じ切る」西野監督

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2018下半期、財運開運占い

    自己改革時代がやってきた!

  • 写真

    T JAPANTASAKIの真珠養殖場へ

    至極の真珠はどう生まれるのか

  • 写真

    GLOBE+ママ記者が特派員になったら

    ハノイ支局長日記

  • 写真

    sippo猫がくつろぐ「猫の美術館」

    猫に囲まれ「猫ねこ展」味わう

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ