メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

古代ギリシャ

関連キーワード

  • ホースセラピー(2017年06月05日 夕刊)

    乗馬や馬の世話を通して、心身の治療や教育の質向上、生活の充実を目指す。実施する団体・個人により、子どもや高齢者、障害者などの対象者と目的は異なり、「障害者乗馬」「乗馬療没とも呼ばれる。欧州では古代ギリシャで関連の記録が残るほど歴史は古く、研究も盛ん。

  • 論文日本の自殺の要旨(2012年01月10日 朝刊)

    日本は古代ギリシャやローマ帝国が欲望の肥大化による退廃で崩壊したのと同じ道を歩んでいる。国鉄(現JR)労組の荒廃、母親の子捨てや子殺し多発はその予兆だ。人気とりの福祉や減税競争は赤字を増やし、人間の自律精神を失わせる。豊かさの代償は資源枯渇と環境破壊、使い捨ての生活様式、判断力の衰弱など。権利の主張と悪平等をイデオロギーとする疑似民主主義は衆愚政治を招く。歴史に学んでエゴを自制し、自立の精神を育て、大衆迎合から決別しなければならない。

  • ブラジャーの歴史(2014年02月12日 朝刊)

    起源は古代ギリシャまでさかのぼるとされる。当時は現在のようにバストを覆うのではなく、乳房が垂れ下がらないよう支えるベルト状のものだったという。16〜18世紀には、欧州を中心に胸を締め付けて女性の身体的特徴を隠すコルセットが流行した。1914年、米国人女性のメアリー・フェルプス・ジェイコブさんが、ハンカチ2枚をつないで肩ひもをつけたような形状の下着「BacklessBrassiere」で特許を取得。現代ブラジャーの原型とされるが、起源には複数の説がある。国内では、大正末から昭和初期に「乳房バンド」などの名前で登場。しかし、洋装が広まる戦後までブラジャーは普及しなかった。

最新ニュース

<23>AVEDAのPR担当から、和菓子職人へ~「和のかし 巡」(前編)(2017/8/16)

 「和のかし 巡(以下、巡)」という店を営む黒岩典子さんとは、かれこれ10年ほど前、「AVEDA」のPR担当の時にご縁を得ました。知的に紡がれるたくさんの言葉に「どんな背景を持った人なのだろう」と好奇[続きを読む]

写真

  • 看板商品でもある大福「福巡り」
  • 「マハーバーラタ」を新作歌舞伎にする尾上菊之助
  • 柱の角度や地面の勾配などを工夫して遠近感を操作している=楠本涼撮影
  • 『山のリスクセンスを磨く本』
  • 二十五菩薩像=一関市博物館提供
  • 小学5年生のクラスでは、自分が習っているダンスをテーマに女子児童が発表をしていた=エスポー市のラフヌクセン小学校
  • 「十字架を持つキリスト」=バッサーノ・ロマーノ、サン・ビンチェンツォ修道院付属聖堂蔵=郭允撮影
  • トルコのトロイ遺跡で猫を抱いて写真に納まる小田実さん。これが最後の旅になった=2007年4月、玄順恵さん撮影
  • 岩崎充益さん  
  • シロップをたっぷりかけた氷の上にフルーツがごろごろ=山尾有紀恵撮影
  • 科学者のチームがDNAを分析した雌ウマの骨。これらの骨は、今日のロシア連邦を構成するトゥバ共和国(モンゴル寄りのシベリア地方)にあったスキタイ人の王族の墓から掘りだした=Michael Hochmuth/German Archaeological Institute、 Berlin via The New York Times/(C)2017 The New York Times
  • シルバー アンクルストラップサンダル(2万2,000円)
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ