メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 認定司法書士制度(2008年12月12日 朝刊)

    03年の改正司法書士法施行により、研修などを受けて法務大臣から認定を受けた司法書士が簡易裁判所で民事訴訟の代理人を務められるようになった。従来の破産申立書や裁判所への訴状など書類作成業務に加え、弁護士にしか認められていなかった過払い金返還請求訴訟については、請求額が140万円以下なら可能になり、特定調停、任意整理などの業務も本格的にできるようになった。日本司法書士会連合会によると、現在、全国で約1万1千人が認定を受けている。

  • 司法書士法人新宿事務所(2016年02月06日 朝刊)

    ホームページなどによると従業員は約500人で、うち約100人が司法書士。新宿本店のほか、関東3県や宮城県に支店を持つ。貸金業界の調べでは2014年度で過払い金請求業務の扱い件数が全国の弁護士・司法書士事務所の中で約2割(金額ベースで約8%)を占めて首位。積極的な広報宣伝戦略でも知られる。

  • 成年後見制度(2016年09月24日 朝刊)

    認知症や知的障害などで判断が十分にできなくなった人が財産管理などを代行してもらう仕組み。本人や家族らが家庭裁判所に申し立てすれば、弁護士や司法書士、親族らを代行役の後見人に選任できる。利用者は資産に応じて月2万〜3万円ほどの報酬を払う。本人の判断能力に応じて、財産管理をすべて代行する「後見人」だけでなく、家裁が決めた範囲だけ代行する「保佐(ほさ)人」などを選ぶこともできる。

最新ニュース

認知症になったときの相続問題に対する不安を解決 新しい相続のかたち「家族信託」セミナーを7月1日に自由が丘で開催(2017/5/30)

一般社団法人 自由が丘相続ガーデン(以下 自由が丘相続ガーデン)は、これまでの相続対策だけでは難しかった“認知症になったときの相続問題” をメインテーマとして、2017年7月1日(土)に自由が丘でセミ[続きを読む]

写真

  • さくらまや
  • 在庫が山積みされた事務所でシークレットシューズをPRする小山秀司さん=大阪市北区、藤波優撮影
  • 手作業で通信講座用のCDをコピーする「ひょうご消費者ネット」事務局員=神戸市
  • ミュージカル「赤毛のアン」制作記者発表会に出席したさくらまや(左)と美山加恋(撮影・大友陽平)
  • さくらまや (C)ORICON NewS inc.
  • 朝日新聞デジタルのフォーラムアンケート
  • 沖縄にアメリカ軍基地が集中している現状について、「本土」による沖縄差別だとの指摘があります。あなたはどう思いますか?/沖縄の基地負担について/年代別回答数
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】スイミング中も音楽を

    海でも使えるウォークマン

  • 【&TRAVEL】今夏、島原の乱の舞台へ

    水の都の「宙に浮く鯉」見学

  • 【&M】家出同然の決意からの快挙

    田中道子さんの「私の一枚」

  • 【&w】世界で一番美しい

    フクロウの図鑑

  • ブック・アサヒ・コム川上未映子が見た村上春樹

    作家が作家に創作について聞く

  • WEBRONZAポスト・トゥルース の深層

    正確な情報より感情が優先

  • 写真

    ハフポスト日本版 中国の纏足、その理由とは

    「男性を魅了するため」という従来の説とは違った見解が出されている。

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ