メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 労働教養制度(2013年05月08日 朝刊)

    1957年、毛沢東が主導した反右派闘争で弾圧された知識人らを大量に収容するためにつくられた。79年に収容期限は4年までと定められたが、反政府的、反社会的な市民を隔離する手段として制度は温存された。中国司法省によると、2012年末現在、全国351の労働教養施設に約5万人が収容されている。

  • FBI(2013年10月29日 朝刊)

    司法省の一局。複数の州にまたがる広域事件や、テロやスパイなどの公安事件、連邦政府の汚職事件などを捜査する。本部はワシントン。情報分析や言語に関する専門職員ら約3万6千人が働く。

  • アメリカン航空とUSエアウェイズの合併計画(2013年08月16日 朝刊)

    米航空3位で経営再建中のアメリカン航空の親会社「AMR」と、米5位USエアウェイズは合併することで合意したと今年2月に発表した。実現すれば、世界最大の航空会社が誕生する見込みだ。だが、米司法省は13日、独占禁止法違反の疑いがあるとして合併差し止めを求める裁判を起こした。

最新ニュース

ロシア疑惑、大統領最側近に クシュナー氏、捜査対象(2017/5/27)

 トランプ米政権の「ロシア疑惑」に関する米連邦捜査局(FBI)の捜査対象が、トランプ大統領の最側近で、長女の夫のクシュナー大統領上級顧問にまで広がっていることが明らかになった。FBIはロシア側との交友[続きを読む]

司法省をコトバンクで調べる

写真

  • トランプ政権の「ロシア疑惑」の数々
  • サルマン・アベディ容疑者
  • 英当局が自爆テロの実行犯とみるサルマン・アベディ容疑者。写真の撮影時期や情報源は不明=AP
  • フランスのエマニュエル・マクロン大統領
  • トランプ政権「ロシア疑惑」、議会と特別検察官の挟み撃ち
  • トランプ政権「ロシア疑惑」、議会と特別検察官の挟み撃ち
  • 今月10日、ホワイトハウスでロシアのラブロフ外相(右)と握手するトランプ米大統領=AP
  • コロンビアのサントス大統領との共同会見でのトランプ米大統領=18日、ワシントン、ランハム裕子撮影
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】初夏に取り入れたい帯選び

    銀座で聞く!初夏ファッション

  • 【&TRAVEL】セレブ御用達、南太平洋の島

    楽園ビーチ探訪

  • 【&M】女優水崎綾女さんのイケ麺

    私の常識を覆したカレーうどん

  • 【&w】華麗なるレッドカーペット

    カンヌ映画祭のセレブたち

  • ブック・アサヒ・コムモチーフは連続不審死事件

    柚木麻子が語る新刊

  • WEBRONZA『魔都夜曲』小西遼生に聞く

    色気あるジャズ、非日常空間へ

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ