メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

同性婚

関連キーワード

  • 同性婚(2015年11月18日 朝刊)

    民法は同性婚の禁止を明言していないが、条文の主語が「男は」「女は」とされるなど男女の婚姻を前提としていると解釈されているため、日本では法的に認められない。全国の同性愛者ら455人は7月、同性婚の法制化を政府や国会に勧告するよう日本弁護士連合会に人権救済を申し立てた。全国に先駆けて東京都渋谷区と世田谷区は5日、生活を共にする同性カップルを夫婦と同じような関係の「パートナー」と認める制度を始めた。

  • 米国の同性婚(2012年06月08日 朝刊)

    米国では、結婚に関する法律は原則として州ごとに定められている。同性婚については、2003年にマサチューセッツ州最高裁が「禁止することは州憲法に反する」という判決を言い渡し、同州が翌年から認めたのが最初となった。ただ、1996年に制定された国の「結婚防衛没は、結婚を男女間の関係に限定している。

  • 同性婚と法制度(2015年04月09日 朝刊)

    日本では同性カップルの婚姻が法的に認められておらず、税の配偶者控除を受ける▽相続権や財産分与請求権を得る▽国民年金の第3号被保険者や遺族年金の受給者になる——などの行政サービスを受けるのは難しい。共有名義で住宅ローンを組んだり、生命保険金の受取人になったりするのは各社の方針によるが、認められにくいのが現状だ。このため、養子縁組で法律上の「親子」になったり、2人の約束を公正証書に残したりして法的な備えをする同性カップルが少なくない。渋谷区の新制度では互いに後見人になる任意後見人契約や、共同生活に関する合意契約を結んだ区内在住の同性カップルに「パートナーシップ証明書」を発行する。区民や区内の事業者に対し、法的な婚姻関係の夫婦と同じように対応するよう求め、違反した事業者名を公表できる。

最新ニュース

結婚の今と未来を考えるメディア「結婚あした研究所」「インフォグラフィックスで学ぶ世界の同性婚事情」公開(2018/4/25)

リリース発行企業:株式会社ウエディングパークhttp://kekkon-ashita.weddingpark.co.jp/755/結婚準備クチコミ情報サイトを運営する株式会社ウエディングパーク(本社:…[続きを読む]

写真

  • 米航空宇宙局長官への就任が承認されたジェームズ・ブライデンスタイン下院議員(同議員の公式ウェブサイトから)
  • 甘党も満足の精進料理
  • シンポに登壇するエヴァン・ウォルフソン氏=LLAN提供
  • シンポに登壇するエヴァン・ウォルフソン氏=LLAN提供
  • 条例案を提出した馬場辰后さんは「誰もが不自由なく暮らせるまちにしようと考えました」と話した=宮崎市
  • 1月9日に結婚したレイニー・キチュケさん(右)とロズ・キチュケさん。式を挙げた自宅の裏庭で愛犬とくつろぐ=ホバート近郊、小暮哲夫撮影
  • 出演した映画について高校生たちに語るダニエラ・ベガさん=東京都杉並区
  • 12日、スピードスケート女子1500メートルで金メダルを獲得したイレイン・ブスト=江陵オーバル、細川卓撮影
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ