メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

名張市

関連キーワード

  • 名張毒ブドウ酒事件(2016年10月27日 朝刊)

    1961年3月28日夜、名張市葛尾の公民館で開かれた地域の懇親会で、ブドウ酒を飲んだ女性らが中毒症状を起こし5人が死亡した。奥西勝元死刑囚は捜査段階で農薬を混入したと自白。妻と愛人との三角関係の清算が動機とされた。起訴直前に否認に転じた。第7次再審請求で名古屋高裁は2005年に再審開始を決定したが、最高裁は13年に請求を認めない決定をした。奥西元死刑囚は15年10月4日、肺炎のため医療刑務所で死亡した。妹の岡美代子さんが第10次の再審請求を続けている。

  • 県内のロンドン五輪・パラリンピック出場選手(2012年12月23日 朝刊)

    ロンドン五輪出場は、男子テニスシングルスの伊藤竜馬選手=いなべ市=、男子サッカーの山口蛍選手=名張市=、女子バレーの山口舞選手=志摩市=、レスリング女子55キロ級の吉田沙保里選手=津市=の4人。パラリンピックに出場した伊藤智也選手=鈴鹿市=は陸上男子800メートル(車いす2)などで銀メダル3個を獲得。男子テニスの斎田悟司選手=四日市市=はダブルスで8強入りした。

  • 三重県文化賞(2015年06月02日 朝刊)

    県の文化振興に貢献し、その活動や功績が優れた個人・団体を表彰する制度。おおむね活動歴の長い順に「文化大賞」「文化功労賞」「文化奨励賞」「文化新人賞」の四つの賞がある。2014年度分の第14回は、文化大賞に「書」の加藤子華(しか)さん=四日市市=、文化功労賞に「伊賀焼」の谷本景さんら3人など、合計13人が選ばれた。これまでに伊賀焼では、06年度に谷本光生さんが文化大賞、岡森章さん(伊賀市上野農人町)が文化功労賞に選ばれ、11年度には山崎龍芳(りゅうほう)さん(名張市箕曲中村)が文化奨励賞を受けている。

最新ニュース

写真・図版

(一緒にTRY!)忍者になろう:2 いよいよ技の指導 高い壁登りの術、つかんだ(2017/12/13)

 「大きくなったら忍者になりたい」。そう夢みる大阪府豊中市の小学4年、陰地(おんじ)将太君(9)と、妹の小学1年、里桜(りお)ちゃん(7)と一緒に11月中旬、三重県名張市の「忍者の森」を訪ね、忍術修行…[続きを読む]

!

アプリで紙面ビューア-の点滅を設定できるように

!

サイト内記事検索をリニューアルしました

注目コンテンツ