メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

沖縄県名護市

最新ニュース

辺野古の米軍基地前でひき逃げ 抗議活動に来た2人けが(2017/8/24)

 24日午前6時ごろ、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、普天間飛行場の辺野古への移設工事に反対する抗議活動に参加するため縁石に座っていた男女2人が車にひかれ、女性は足の骨が折れる[続きを読む]

関連キーワード

  • 海兵隊のグアム移転(2009年02月16日 朝刊)

    海兵隊は主に上陸作戦や特殊作戦などを担当する部隊で、米国では陸海空軍と並び4軍の一つに位置づけられる。沖縄に駐留する米軍人約2万3千人のうち約1万3千人を占める。2006年5月の在日米軍再編を巡る日米合意で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市移設を条件に、14年までに沖縄に駐留する海兵隊員のうち8千人とその家族9千人のグアム移転が盛り込まれた。移転に伴う施設、インフラ整備費は102・7億ドルで、日本側が60・9億ドルを負担。このうち移転する部隊の司令部庁舎や隊舎、学校などの生活関連施設は、家賃や使用料による資金回収が見込めないことから、日本が28億ドルを上限に直接の財政支出をする。

写真

  • 梶山静六元官房長官の墓参りを行う菅義偉官房長官=茨城県常陸太田市、岩尾真宏撮影
  • 日米4閣僚は中国、北朝鮮を牽制
  • 日米外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)に臨む(左から)小野寺五典防衛相、河野太郎外相、ティラーソン国務長官、マティス国防長官=17日午前、米ワシントンの国務省、笹川翔平撮影
  • 県が作成した基地問題の誤解を解説する冊子
  • 訪米で何を伝えるかを話し合ったシンポジウム=13日、名護市・名桜大
  • 県民大会で「NO辺野古新基地」のメッセージを掲げる参加者=12日午後3時22分、那覇市の奥武山陸上競技場、金子淳撮影
  • 県民大会で「NO辺野古新基地」のメッセージを掲げる参加者=12日午後3時22分、那覇市の奥武山陸上競技場、金子淳撮影

名護市をコトバンクで調べる

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ