メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

呼吸器

関連キーワード

  • 射水市民病院の人工呼吸器外し事件(2009年12月22日 朝刊)

    2000〜05年、射水市の射水市民病院に入院していた50〜90代の患者7人が、当時の外科部長ら医師2人に人工呼吸器を外され死亡した。呼吸器を外すよう指示された看護師が病院幹部に相談して発覚し、06年3月に病院が公表した。死亡した7人には、末期の胃がんや膵楕すいぞう)がんのほか、肺炎が悪化して心肺停止となった患者や認知症に加えて急性腎不全になった患者もいた。届けを受けた県警は08年7月、医師2人を殺人容疑で書類送検した。

  • 中東呼吸器症候群(MERS)(2015年06月04日 朝刊)

    MERSコロナウイルスによる感染症。2012年に初めて確認された。せきやくしゃみなどを通じて感染する。感染すると2〜14日程度で、発熱やせきなどの症状が出る。高齢者のほか、糖尿病などの持病がある人は重症化しやすい。ワクチンや治療薬はない。ヒトコブラクダが感染源とみられている。

  • カネミ油症(2013年12月10日 朝刊)

    1968年、カネミ倉庫製の米ぬか油を食べた人に、神経、呼吸器などに様々な症状が現れた。油の製造過程で混入したポリ塩化ビフェニールが加熱されて生じたダイオキシン類が主原因とされる。2013年5月末現在の認定患者数は2210人で、国内最大の食品公害とされる。

最新ニュース

フレームにマグネシウム合金を採用した「サイズ可変型採寸用ストレッチャー型車いす(児童用)」を開発しました(2017/9/26)

リリース発行企業:株式会社マクルウ~横浜市総合リハビリテーションセンターとの共同開発~株式会社マクルウ(本社:静岡県富士宮市、代表取締役:安…[続きを読む]

呼吸器をコトバンクで調べる

写真

  • イラスト・ふくいのりこ
  • ハラブジャが毒ガス攻撃を受けた時の様子を語るカミル・ウェイエスさん。肺に疾患が残り、常に酸素ボンベが必要だ=いずれも21日、翁長忠雄撮影
  • 入院患者2人が中毒死した大口病院=21日午後5時、横浜市神奈川区大口通、山下寛久撮影
  • 入院患者2人が中毒死した大口病院=21日午後5時、横浜市神奈川区大口通、山下寛久撮影
  • 入院患者2人が中毒死した大口病院=横浜市神奈川区
  • 新潟県歯科医師会 佐藤哲也常務理事
  • 「てんとう虫」ブザー。パジャマとつながっていて、患者がベッド上で変わった動きをすると外れ、ブザーが鳴る=鳥居りんこさん写す
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ