メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

命名権

関連キーワード

  • 命名権事業(2010年04月30日 夕刊)

    公共施設に企業が宣伝効果を期待して名前をつけ、施設所有者は対価を受け取って運営費などにあてる。国内の公共施設では、2003年に東京都の東京スタジアム(味の素スタジアム)に導入されたのが始まり。当初はスポーツ施設が多かったが、歩道橋(大阪府)や道路(静岡県磐田市)、トイレ(東京都渋谷区)、民間では商店街(沖縄県石垣市)にも広がっている。

  • ネーミングライツ(命名権)の売却(2012年08月28日 朝刊)

    施設の名称をつける権利を企業などに売ること。国内では2003年に東京スタジアム(東京都調布市)が「味の素スタジアム」になったことが始まりとされる。県や市町村など自治体の施設のほか、プロ野球チームのフランチャイズ球場の命名権売却の動きも広がった。大阪府泉佐野市では、今年6月から新しい市の名前を付けられる権利を売り出している。

  • 命名権(ネーミングライツ)の売却(2013年06月05日 朝刊)

    施設の名前をつける権利を企業などに売ること。売却で得た対価を施設の管理や運営などに使う。県や市町村など自治体の施設のほか、プロ野球チームのフランチャイズ球場の命名権売却の動きも広がった。昨年6月には、大阪府泉佐野市が自治体名を付けられる権利を売り出したことも話題になった。

最新ニュース

写真・図版

(スポーツ好奇心)関西の大学ラグビーリーグに命名権?(2017/9/20)

 ラグビーシーズンが到来し、関西でも大学勢の熱い戦いが30日から始まる。昨季から物流サービスの「ムロオ」(本社・広島県呉市)が冠スポンサーになった「ムロオ関西大学ラグビーリーグ」。同社の山下俊夫会長(…[続きを読む]

命名権をコトバンクで調べる

写真

  • ムロオの山下俊夫会長
  • 命名権者を募集する宜野座村野球場(右手前)と宜野座ドーム(左手前)=宜野座村教育委員会提供
  • 初のFDAチャーター便で北海道旅行に出発する人たち=三沢空港
  • 「KANSEI TENNOJI ZOO TOILET」と命名された天王寺動物園のトイレ。新世界ゲートに完成した=20日、大阪市天王寺区、中村光撮影
  • 青天の霹靂号の前で記念撮影する三村申吾知事(右から4人目)とFDAの三輪徳泰社長(同3人目)=青森空港
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ