メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

和食、無形文化遺産に

関連キーワード

  • 和食の無形文化遺産登録(2015年02月13日 朝刊)

    和食日本人の伝統的な食文化」は2013年12月、ユネスコ無形文化遺産に登録。(1)多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重(2)栄養バランスに優れた健康的な食生活(3)自然の美しさや季節の移ろいの表現(4)正月などの年中行事との密接なかかわり、という四つの特徴がある。

  • 貴乃花親方の会食問題(2010年07月24日 朝刊)

    貴乃花親方が新弟子勧誘で愛媛県南部を訪れた際、地元の和食レストランやスナックで会食した場に、地元の山口組系暴力団会長が同席していたことは、愛媛県警の関係者が確認している。朝日新聞は23日、改めて取材したが、県警関係者は見方を変えていない。また、地元の関係者も朝日新聞の報道前の取材に対し、レストランに暴力団会長がいた、と証言していた。県警関係者によると、貴乃花親方は愛媛県入りした6月11日、保護者ら約10人と夕食をともにし、この場に会長もいた。その後、親方は会長ら数人と、会長の関係者が経営するスナックに行ったという。さらに、貴乃花親方が2008年夏に神戸市内であった地域イベントに出席した際、別の山口組系暴力団の幹部と同席していたことも、兵庫県警の関係者が確認していた。愛媛県での同席問題が16日に報じられた直後、朝日新聞の取材で認めた。この幹部の所属する暴力団は、愛媛県の会食で同席した会長の暴力団の上部組織にあたる。

  • ウニ(2014年07月14日 朝刊)

    国内産ウニの約半分が道内産。日本海側(積丹、利尻、礼文など)、オホーツク海側(羅臼、根室など)、太平洋側(函館、松前など)と産地は点在する。よい昆布の育つ海に、それをエサに味のよいウニが育つと言われる。2012年の道の生産統計では、エゾバフンウニが358トン、キタムラサキウニが442トン。全体的には、色も味も濃いバフンウニの単価が高いが、山吹色であっさりめのムラサキウニは品質による価格差が大きい。各浜で漁期の制限や人工種苗の放流などの資源管理の取り組みも続いている。最近増えている「塩水ウニ」は塩水に漬けてパック詰めしたもの。日持ちしないが、身のやわらかさを生かしてパスタにあえるなど、和食に限らない使い方もされる。羽立さんに聞いたムラサキウニの目利き。殻ごとならトゲが立ったものが鮮度がいい。中身は色つやよく、粒がはっきりしていること。オスの方がメスより色が濃く、きめ細かいそうだ。

最新ニュース

大阪)ものづくりの現場見て 企業取り組み、堺市も助成(2017/4/24)

 ものづくりの現場を見てもらおう――。そんな取り組みが堺市で広がりつつある。伝統産業の刃物製作や、日の当たりにくい中小企業が、たくみの技を紹介することでイメージアップを図る。市は補助金を出し、中小企業[続きを読む]

和食をコトバンクで調べる

写真

  • 見学者を受け入れている工房で、「日本の包丁の良さをわかってもらいたい」と話す八内剛志さん=堺市堺区
  • 蓼科の自然と北欧風の客室
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】視界に浮かぶスクリーン

    新型スマートグラス

  • 【&TRAVEL】記念展示やグッズがいっぱい

    スヌーピー博物館1周年

  • 【&M】砂漠の架空都市と巨大アート

    BURNING MAN

  • 【&w】パリのカフェ猫案内

    フォトギャラリー

  • ブック・アサヒ・コム女優のん「コミック感想文」

    80年代のアイテムが楽しい

  • WEBRONZA宇宙飛行士ただいま訓練中

    油井亀美也さんがリポート

  • 写真

    ハフポスト日本版 外国人が撮った江戸の人々

    西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ