メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

製品の品質データ改ざん問題

写真・図版

(MONDAY解説)製造現場の不正、品質よりコスト優先 「会社のため」失う信用 堀篭俊材 (2017/12/25)

■NEWS 神戸製鋼所は、品質データの改ざんを執行役員3人が認識していたと発表した。品質よりもコストなどを優先する企業風土は、相次ぎ不正が発覚した他の素材メーカーや自動車メーカーにも共通する。日本のものづくりで何がおきているのか。 ■「ケ…[続きを読む]

■東レ子会社に拡大

東レ子会社、規格軽視か データ改ざん、有識者委が指摘 (2017/12/27)

東レは27日、子会社「東レハイブリッドコード」(THC、愛知県西尾市)の品質データ改ざん問題に関して、有識者委員会(委員長=藤田昇三・元名古屋高検検事長)の報告書を公表した。報告書は、納期を優先し多少の規格違反ならば許されるという意識が担…[続きを読む]

■三菱マテリアル系でも

写真・図版

内部通報で不正発覚も 三菱マテ系改ざん、調査の甘さ露呈 (2018/2/9)

三菱マテリアルの子会社でまた、品質データの改ざんが見つかった。不正の全容は昨年末までの調査で出尽くしたはずだったが、その後も内部通報などで不正が次々に発覚。不正品の出荷先も大きく膨らんだ。同社の調査能力やガバナンス(企業統治)に改めて疑問…[続きを読む]

■神戸製鋼所で発覚

核のごみ最終処分の試験データ改ざんか 神戸製鋼子会社 (2018/2/14)

原子力規制委員会は14日、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分に向けた基礎試験のデータを、試験を請け負った神戸製鋼所の子会社が改ざんしていた可能性があるとの報告を受けたと発表した。元データと報告書に記載さ…[続きを読む]

神鋼不正、現役3役員認識 8月発覚前から 事実上更迭 (2017/12/22)

神戸製鋼所の品質データ改ざん問題で、神鋼は21日、不正の中心となったアルミ・銅事業部門の執行役員3人が、今年8月の問題発覚以前から不正を認識していたと発表した。工場長時代などに不正があったことを知りながら黙認し、これまで会社に報告しなかっ…[続きを読む]

【録画】神戸製鋼所の川崎博也社長が会見(2017/10/13)

最新ニュース

写真・図版

宇部興産、未検査で出荷 ポリエチレン製品、虚偽データを記載(2018/2/24)

 化学大手の宇部興産は23日、製造するポリエチレン製品の一部で、顧客と約束した製品検査を実施せず、出荷時につける検査成績表に虚偽のデータを記入していたと発表した。不正は遅くとも1990年代には始まり、…[続きを読む]

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ