メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国土交通省

関連キーワード

  • 路線価(2017年07月04日 朝刊)

    主要道路に面する宅地1平方メートルあたりの評価額。毎年1月1日時点で、国土交通省の地価公示価格、売買実例価格、不動産鑑定士による鑑定評価額などをもとに算出した額の80%としている。県内の調査地点は約7300地点。路線価の詳細は、国税庁のホームページで公開しており、各税務署でも閲覧できる。

  • 地方整備局(2008年07月04日 朝刊)

    国土交通省の地方出先機関。01年の中央省庁再編で、旧建設省の地方建設局と旧運輸省の港湾建設局が統合して発足。関東や近畿など8カ所にあり、職員は2万1千人、予算規模は年間約8兆円。北海道と沖縄を除く国道、河川、港湾などの整備や維持・管理を担う。北海道では、国交省北海道開発局が同様の機能を持つ。各整備局には、公共事業に対する国のコントロールを強める狙いがあった。戦後、都道府県知事が地方選挙で選ばれるようになり、公共事業に批判的な革新知事が誕生。旧建設省は50〜60年代にかけて河川法や道路法を改正して、国の権限を強化。地方出先機関の権限も強めていった。

  • 特定特別監視地域(2008年07月11日 朝刊)

    タクシーを増車する際に事前届け出が必要な特別監視地域のうち、主要都市を含む地区。国土交通省が指定する。07年11月に国交省の局長通達で新設された。参入や増車をする場合、特別監視地域よりも強い規制がある。

最新ニュース

復興に向けて前進!三陸沿岸道路 山田宮古道路が開通(2017/11/19)

2017年11月19日岩手県復興に向けて前進!三陸沿岸道路 山田宮古道路が開通 国土交通省において事業が進められてた復興道路の三陸沿岸道路のうち、「山田宮古道路」(山田IC~宮古南IC)延長約14km…[続きを読む]

写真

  • 磁力線を感知して自動で走行する実験車両=常陸太田市の道の駅ひたちおおた
  • 1964年当時の新宿駅の様子。乗降客は1日110万人で、朝のラッシュ時間帯は通勤客らがホームにあふれた=東京都
  • 米国や国内向けの増産で検査員不足が加速した
  • 会見で謝罪する日産の西川広人社長(手前)=横浜市
  • レバノン在住の芸術家がつくった碑の前で演説するカルロス・ゴーン会長=6月、横浜市の日産本社
  • 客船「飛鳥Ⅱ」が大さん橋を出港。豪華な船体が横浜の夜景を彩った=17日午後5時15分、太田泉生撮影
  • 「弘前」ナンバーのイメージ図=弘前市提供
  • 県が国交省に提案するご当地ナンバーのデザイン=県提供
  • 国土交通省自動車局の奥田哲也局長に報告書を手渡した後、頭を下げる日産自動車の西川広人社長=17日午後2時33分、国土交通省、森田岳穂撮影
  • 「シカ踏切」の仕組み
  • 米国や国内向けの増産で検査員不足が加速した
  • 笠松みなと公園周辺を視察する陸上自衛隊員と木曽川上流河川事務所職員ら=笠松町港町
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】テーマは「乗馬」

    下北で見つけたシックスタイル

  • 写真

    【&TRAVEL】星空の下の映画上映イベントも

    気軽に楽しむ極上船旅〈PR〉

  • 写真

    【&M】アリスの世界をアフリカ系で

    ピレリカレンダー2018発表

  • 写真

    【&w】セロニアス・モンクを特集

    JAZZ@HALL 第3弾

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム私の人生には山があった

    「山と渓谷社」出身の編集者

  • 写真

    WEBRONZA山本芳樹ソロミュージカル

    画家ロートレックの生涯描く

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界遺産近くの魅惑のホテル

    振り返れば遺跡がそびえ立つ

  • 写真

    T JAPAN稀代の蒐集家が出品する

    コレクター垂涎の作品とは

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ