メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国家公務員法

関連キーワード

  • 国家公務員法の守秘義務違反(2010年12月23日 朝刊)

    「職務上知ることのできた秘密」について、在職中だけでなく、退職後も漏らすことを禁じている。最高裁の判例は「秘密」を(1)公には知られていない事実で(2)実質的にも秘密として保護するに値するもの——と定義し、判断は裁判所がするとしている。官公庁が形式的に「秘密」と指定したかどうかは直接関係ないとされる。罰則は1年以下の懲役か50万円以下の罰金。地方公務員法にも同様の規定がある。

  • ヤミ専従(2009年03月27日 朝刊)

    出勤したように装って給与をもらいながら、実際には正規の許可なく職場を離れて労働組合の活動に専従すること。大阪市や社会保険庁などでは勤務実態の伴わない組合活動が問題化した。現行の国家公務員法は、勤務時間中でも労使交渉する権利は認め、適法な交渉は出勤扱いにできる。ただ、同法には、どこまでを適法の交渉とするか時間や日数の制限はない一方で、「交渉の申し入れがあれば当局は応じるべきだ」と規定。農水省の場合、「労使交渉」と称して出勤扱いにし、実質は組合活動に専従していた疑いが浮上している。

  • 公務員の政治的行為(2010年05月13日 夕刊)

    国家公務員は国家公務員法によって政治的行為が禁止されている。人事院規則で具体的な禁止行為が定められ、政党や政治団体の機関紙の発刊や編集、配布のほか、政党への勧誘、署名活動、集会で政治的目的を持つ意見を述べることなどが禁じられている。現在の法定刑は3年以下の懲役、または100万円以下の罰金。地方公務員も、地方公務員法で政治的行為が制限されている。

最新ニュース

いよいよ、待ったなし!平成28年4月より地方公務員法改正に伴う「人事評価制度運用」はすでに始まっています。運用計画はできていますか?(2016/05/25)

リリース発行企業:株式会社ケー・デー・シー~「失敗しない!人事評価制度運用セミナー2016」開催のご案内~ 株式会社ケー・デー・シー(東京都[続きを読む]

写真

  • 青柳幸一元教授=明治大法科大学院のパンフレットから
  • 検察官の冒頭陳述を聞く青柳幸一元教授=10日午前、東京地裁、絵と構成・小柳景義
  • 検察官の冒頭陳述を聞く青柳幸一元教授=10日午前、東京地裁、絵と構成・小柳景義

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】見えない迷路を突き進め

    手のひらサイズの脱出ゲーム

  • 【&TRAVEL】世にも美しき民族に出会う

    極上ワイルドジャーニー

  • 【&M】荻原博子が家計を指南

    手軽に入れる自転車保険も

  • 【&w】世界中の波が主役です

    SWELL

  • ブック・アサヒ・コム川上弘美の小さな世界

    掌編集「このあたりの人たち」

  • WEBRONZA稀勢の里、本当の実力とは

    横綱は“爆発力”示さないと

  • 写真

    ハフポスト日本版 開戦から102年

    カラーで蘇る第一次大戦

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ