メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 国家賠償請求訴訟(2011年01月21日 朝刊)

    公務員の業務中の不法行為で損害を受けたとする人が、国家賠償法1条に基づいて国や地方自治体の賠償責任を問う訴訟。郵便不正事件で無罪判決が確定した村木厚子・厚生労働省元局長も、約3700万円の賠償を求めて提訴している。一方で誤認逮捕などで不当に身柄拘束された場合、刑事補償法に基づいて1日あたり1千〜1万2500円を請求でき、裁判所が金額を決める。大阪地裁所長襲撃事件で逮捕されるなどした5人は、14歳未満で刑事責任を問われなかった1人を除いて拘束期間に応じて約96万〜800万円(1日あたりはいずれも最高額)が支払われた。

  • 泉南アスベスト国家賠償請求訴訟(2010年05月14日 夕刊)

    約100年前から石綿紡織業が始まった大阪・泉南地域で、石綿肺や肺がんなどになった元工場従業員や周辺住民ら30人が2006年以降、国に被害者1人につき3300万〜4400万円の賠償を求めて提訴。原告側は「国は戦前から石綿の危険性を把握しながら規制を怠った」、国側は「危険性の認識は1960年以降で、その後は適切な対策をとった」と主張している。

  • 泉南の石綿国家賠償訴訟(2010年05月20日 朝刊)

    約100年前から石綿紡織業が国内で初めて始まった大阪・泉南地域の元工場労働者や元周辺住民ら29人が2006年5月以降、国を相手に被害者1人あたり3300万〜4400万円の賠償を求めて提訴した。工場の大半が零細企業で現在は廃業している。石綿被害と国の不作為責任をめぐっては、兵庫県尼崎市のクボタ旧神崎工場近くで働いていた男性の遺族らが神戸地裁、首都圏の建設労働者らが東京・横浜両地裁に提訴し、係争中。

最新ニュース

空襲民間被害者に50万円案 身体障害に限定 超党派議連(2017/4/28)

 太平洋戦争中に空襲被害に遭った人などの救済に取り組んでいる超党派の国会議員連盟が27日、身体障害のある人に限って一時金50万円を支給する素案をまとめた。議員立法で今国会への提出を目指す。原爆の被爆者[続きを読む]

国家賠償をコトバンクで調べる

写真

  • 空襲被害者をめぐる経緯
  • 会見する中井隆司・新検事正=岡山地検
  • 販売されるDVD
  • 販売されるDVD
  • 閣議決定された政府答弁書/菅官房長官の発言
  • 閣議決定された政府答弁書/菅義偉官房長官の発言
  • 最高検検事との面会後、記者会見を開いた徳田靖之弁護団代表(中央)ら=熊本市中央区
  • 判決後に記者会見する松岡優子弁護士(左)と西山律博弁護士=延岡市役所
  • 裁判所へ提訴に向かう原告団=宮崎市旭2丁目
  • 山口宏弥さん
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】旅行をもっと快適に!

    人気スーツケースはコレ

  • 【&TRAVEL】ホテルでGWを楽しもう

    連休限定サービスも〈PR〉

  • 【&M】家電メーカーと協業ドルガバ

    ミラノの国際家具見本市

  • 【&w】コーネンキなんてこわくない

    横森理香さんインタビュー

  • ブック・アサヒ・コム斎藤環が相談に回答

    向かいに住む夫婦が変?

  • WEBRONZA福井晶一さんインタビュー

    『レ・ミゼラブル』主役3回目

  • 写真

    ハフポスト日本版 ビキニのセレブ100連発

    夏はもうちょっと先だけど          

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ