メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国政選挙

関連キーワード

  • 国政選挙の有効性をめぐる判決(2009年12月28日 夕刊)

    裁判所が行政処分などの違法性を認めた場合は判決で取り消すのが原則だが、行政事件訴訟法の規定によって「取り消すことにより公の利益に著しい障害を生ずる場合」は請求を棄却したうえで、判決で違法を宣言することになる。最高裁は衆院選の区割りを初めて違憲と判断した1976年の大法廷判決で「違憲を理由に選挙無効としても、直ちに違憲状態が是正されるわけではなく、かえって憲法の期待するところと適合しない結果が生じる」と述べ、この考え方を採用すべきだと判断。以降も、国政選挙をめぐる判決では「事情判決」と呼ばれるこの論理が使われている。

  • 自民党と民主党(2008年09月07日 朝刊)

    96年9月の旧民主党結党以来、衆右参院各4回ずつの国政選挙が行われた。その間、民主党が衆参両院で徐々に議席を増やしてきた。だが05年9月の衆院選で自民党が歴史的大勝を収め、公明党と合わせ定数の3分の2を超える巨大与党に。一方、07年7月の参院選では、民主党が非改選分と合わせて109議席を占め第1党に。自民党は公明党と合わせても参院で過半数を割り込み、「ねじれ国会」状態が出現した。このまま「ねじれ」が続くのか、解消されるのか。近づく衆院選が注目される。

  • 大阪空港公害訴訟(1〜5次)と選挙(2013年06月25日 朝刊)

    1969〜82年、豊中市と兵庫県川西市の住民約4千人が国を相手取り、午後9時〜午前7時の飛行差し止めなどを求めて大阪地裁に提訴(豊中は71年11月提訴)。1〜3次訴訟の一審判決(74年)は午後10時以降、二審判決(75年)は午後9時以降の離着陸原則禁止と、一部損害賠償を認めた。81年の最高裁判決は差し止めを「民事上の請求は不適没としたが、国は午後9時以降の運航を認めない「門限」を設けた。4、5次は84年、大阪地裁で損害賠償を認める和解が成立。国政選挙の大きな争点にはならなかったが、全国の反公害運動の先導役となった。

最新ニュース

秋では遅い、理系目線の自民改憲草案批判(2016/05/23)

 特定秘密保護法案がそうだった。安保関連法案も同様だ。ここ数年、国のありようにかかわる重大立法が相次いだが、世論が賛否に分かれて盛りあがったのは法案が国会の審議にかかってからだった。その流れをもっと早[続きを読む]

国政選挙をコトバンクで調べる

写真

  • 「菊池良」さん提供(一部抜粋) 
  • 西田亮介さん
  • 「大阪維新の会」の全体会議の冒頭で、あいさつする松井一郎代表(左)。右端は吉村洋文・大阪市長=14日午後、大阪市北区、高橋一徳撮影
  • 厳しい表情で会見する舛添要一・東京都知事=13日、都庁、諫山卓弥撮影
  • 記者会見する舛添要一・東京都知事=13日午後、都庁、西畑志朗撮影
  • 記者会見で政治資金問題について説明する舛添要一・東京都知事=13日午後、東京都新宿区の都庁、西畑志朗撮影
  • 森原秀樹さん=外山俊樹撮影
  • 女性の政治進出をめぐる主な動き
  • 参院の勢力図と3分の2ライン/過去の参院選「1人区」の勝敗
  • 合区とは/10増10減の内訳/対象となった4県(鳥取、島根、徳島、高知)は…
  • 政権の動き・発言と今後の日程
!

PC版トップページ変更、「ライフ」ジャンル新設のお知らせ(5/18)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】人工クロスにはない力

    あらゆる拭き掃除をこの一枚で

  • 【&TRAVEL】極上のワイルドジャーニー

    魂が震えるナミブ砂漠の絶景

  • 【&M】助産院でキャンプ車イベント

    キャンピングカーで行こう!

  • 【&w】スイートポテトの奥のマグマ

    連載「このパンがすごい!」

  • ブック・アサヒ・コム吉沢悠のコミック履歴書

    「墓場鬼太郎」が新鮮だった

  • WEBRONZA原発事故の賠償責任ルール

    有限?無限?議論の行方は?

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドル

    伝説の美少女たちは今

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ