メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国政選挙

関連キーワード

  • 国政選挙の有効性をめぐる判決(2009年12月28日 夕刊)

    裁判所が行政処分などの違法性を認めた場合は判決で取り消すのが原則だが、行政事件訴訟法の規定によって「取り消すことにより公の利益に著しい障害を生ずる場合」は請求を棄却したうえで、判決で違法を宣言することになる。最高裁は衆院選の区割りを初めて違憲と判断した1976年の大法廷判決で「違憲を理由に選挙無効としても、直ちに違憲状態が是正されるわけではなく、かえって憲法の期待するところと適合しない結果が生じる」と述べ、この考え方を採用すべきだと判断。以降も、国政選挙をめぐる判決では「事情判決」と呼ばれるこの論理が使われている。

  • 民進党代表選(2016年08月25日 朝刊)

    党所属国会議員(147人=1人2ポイント)と国政選挙の公認候補予定者ら(118人)による直接投票のほか、党員・サポーター(24万2907人)と地方議員(1595人)の郵送投票を得票に応じたポイントで配分。過半数を得た人がいない時は上位2人の決選投票で決める。

  • 自民党と民主党(2008年09月07日 朝刊)

    96年9月の旧民主党結党以来、衆右参院各4回ずつの国政選挙が行われた。その間、民主党が衆参両院で徐々に議席を増やしてきた。だが05年9月の衆院選で自民党が歴史的大勝を収め、公明党と合わせ定数の3分の2を超える巨大与党に。一方、07年7月の参院選では、民主党が非改選分と合わせて109議席を占め第1党に。自民党は公明党と合わせても参院で過半数を割り込み、「ねじれ国会」状態が出現した。このまま「ねじれ」が続くのか、解消されるのか。近づく衆院選が注目される。

最新ニュース

1946年11月3日に公布された日本国憲法の原本=国立公文書館提供

憲法9条の理念と現実 専門家2氏に聞く(2016/09/25)

■戦後の原点 戦争放棄と戦力不保持を掲げた憲法9条。安全保障上の緊張があるなか、その理念と現実を見すえてきた2人に聞きました。(聞き手・藤田直央)■平和憲法、単なる「押しつけ」ではない:古関彰一・独協[続きを読む]

国政選挙をコトバンクで調べる

写真

  • 1946年11月3日に公布された日本国憲法の原本=国立公文書館提供
  • 東京都知事選で当選確実の報道を受けて万歳する小池百合子氏(中央)と、傍らで喜ぶ若狭勝衆院議員(左)=7月31日夜、東京都豊島区、北村玲奈撮影
  • 民進党の新代表に決まり、岡田克也前代表(右)、前原誠司元外相(左)と言葉を交わす蓮舫氏=15日午後、越田省吾撮影
  • 自民党の二階俊博幹事長との会談後、取材に応じる若狭勝衆院議員=6日、自民党本部
  • 若狭勝衆院議員
  • 民進代表選3候補が語る「失敗」と「こう変える」
  • 民進党代表選のしくみ

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】その場で記録、後で解析!

    GPS搭載のゴルフウォッチ

  • 【&TRAVEL】世界の美女に東京で会えた

    ツーリズムEXPOギャラリー

  • 【&M】女子アスリート応援団

    ソフトテニスに魅せられて

  • 【&w】料理の味を引き出すパン

    このパンがすごい!

  • ブック・アサヒ・コム山本一力が悩みに回答

    「保育士資格を取るべきか…」

  • WEBRONZA“貧困女子高生”バッシング

    生活保護から考える

  • 写真

    ハフポスト日本版 巨大ダコと戯れる美女

    「触手大好き」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ