メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国文学

関連キーワード

  • 加賀の三たろう(2014年01月07日 朝刊)

    鈴木大拙、「善の研究」で知られる哲学者の西田幾多郎、国文学者の藤岡作太郎はともに1870(明治3)年生まれ。第四高等中学校(後の旧制四高)で机を並べて学んだ3人はその後も交友を深めた。大拙の本名が貞太郎であったことから「加賀の三たろう」と称された。金沢ふるさと偉人館では3人の出会いを「明治3年の奇跡」と紹介している。幾多郎が生まれたかほく市には「西田幾多郎記念哲学館」があり、地元小学校の社会科見学にも利用されている。

最新ニュース

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思うベスト50を選んでみた。【選書リスト全文公開】(2018/1/22)

リリース発行企業:ライツ社『人生を狂わす名著50』三宅香帆(ライツ社・刊)が、ブックガイドとしては異例の重版3刷突破! それを記念し、書籍に掲載された選書リストを全文公開いたします。作家・有川浩も推薦…[続きを読む]

国文学をコトバンクで調べる

写真

  • ホテルのロビーに書籍などが展示された=松山市末町
  • 平川南さん  
  • 中村勘三郎さん亡き後、初めて踊る「連獅子」。親獅子(白)に中村勘九郎、仔獅子(赤)に中村七之助。2018年元日、Eテレ『すごいぞにっぽん!古典芸能・最新形』内で放送(C)NHK
  • ジョイマンの高木晋哉さん=坂本進撮影
  • 複数ページを同時に読み込み、比較することもできる「新日本古典籍総合データベース」=国文研提供
  • 「退位」までの流れと、その後の予定
  • 「退位」までの流れと、その後の予定
  • 彫刻家高田博厚が鎌倉市に残したアトリエ(東松山市提供)
  • 舞台の概要について説明する藤間蘭黄さん(右)。左隣は原作者の久泉迪雄さん=富山市舟橋南町
  • 「北斎―富士を超えて―」展で、混み合うあべのハルカス美術館=9日午前、大阪市阿倍野区
  • 亡くなった女性について会見する実践女子大学の難波雅紀副学長(中央)=11日午後、東京都渋谷区、阿部健祐撮影
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】収納に便利なたためるざる

    ダイソンのデザイナーが設計

  • 写真

    【&TRAVEL】温暖な気候と豊かな海が育む

    千葉・館山の歴史と美味

  • 写真

    【&M】12年ぶり、新「アイボ」

    写真特集「CES 2018」

  • 写真

    【&w】チョコは便秘にも効く

    鈴木奈々さん<PR>

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「犬も人間も老いて死ぬ」

    町田康がひもとく物語

  • 写真

    WEBRONZA軍事研究と日本の学術

    「無関心」こそ最も危ない

  • 写真

    アエラスタイルマガジンセンスのよさに男が上がる店

    部長がすすめる名店を紹介

  • 写真

    T JAPAN巨匠フランク・ホーヴァット

    傑作を集めた写真展が開催

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ