メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国立大学法人

関連キーワード

  • 国立大学法人と運営費交付金(2014年01月31日 朝刊)

    文部科学省の内部組織だった国立大学は2004年4月、89の法人として独立。学長権限を強めて民間のようなトップダウンによる大学運営を可能にしたり、教育研究に対して第三者評価を受けた結果を予算配分に反映させたりして活性化を図ろうとした。国からは各大学が自由に使途を決められる運営費交付金が渡されるが、その額はこの10年減り続けている。13年度は04年度比約13%減となった。14年度予算案では前年度比約3%増の1兆1123億円で、実現すれば法人化後初の増加となる。文科省は規模に応じて配分していた手法を改め、全体の3〜4割を教員の年俸制導入などの改革に積極的な大学に重点配分する。現在、国立大学は86校。

  • 大学改革(2013年05月16日 朝刊)

    すべての国立大学は04年4月、国立大学法人に移行した。大学に裁量を与えて個性化を促すほか、教授会の合議中心だった大学運営をトップダウン型に切り替えて意思決定の速度を速めることなどが狙い。私立学校法も、帝京大による寄付金の簿外処理問題などをきっかけに同年改正され、理事会などの管理運営制度を整備し財務情報の公開を義務づけた。

  • 大学のガバナンス改革(2014年04月25日 朝刊)

    昨年5月、政府の教育再生実行会議の提言に「意欲ある学長がリーダーシップを発揮して改革を進められるようにする」との形で盛り込まれた。その後、中央教育審議会が昨年末に提言案を出し、これをもとに文科省が、学校教育法と国立大学法人法の改正案を与党と調整。今年4月17日に与党に示した。学校教育法に「重要な事項を審議する」と規定されていた教授会の役割を、「学長に意見を述べる」に改めた。また、意見する内容を「学生の入学、卒業、修了、学位授与」についてか、「学長が必要と認める」場合に限定。すべての決定権が学長にあることを明確にした。今国会での成立を目指している。

最新ニュース

写真・図版

(フロントランナー)HIROTSUバイオサイエンス社長・広津崇亮さん 線虫でがん検査を変える(2018/4/21)

 動物の五感のうち、嗅覚(きゅうかく)ほど未解明のフロンティアが広がっている分野はないのだという。においの記憶は、ふとした拍子に蘇(よみがえ)る。サケも故郷の川に戻るのに、最後はにおいを頼りにするとい…[続きを読む]

国立大学法人をコトバンクで調べる

写真

  • 拡大投影したのは、緑色の蛍光たんぱく質で光らせた線虫の画像。学名「C・エレガンス」は、その動きがエレガントなことに由来する=東京都中央区
  • 検討協議会後、取材に応じる名古屋大の松尾清一総長(右)と岐阜大の森脇久隆学長=18日、名古屋市千種区
  • 「環境研究倫理特論」の授業風景。各テーブルで学生と教員らが議論する=2月5日、滋賀県彦根市の滋賀県立大学
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ