メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国立新美術館

関連キーワード

  • 草間彌生さん(2016年12月26日 朝刊)

    種苗業を営む松本市の旧家で誕生。10歳で描いた母の肖像画は、既に水玉模様で覆われていた。1957〜73年は米国で暮らし、立体や彫刻にも創作の幅を広げる。来年2月22日、東京の国立新美術館で「草間彌生わが永遠の魂」展が開幕する。

最新ニュース

あこがれ  アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々(2017/6/27)

堺市国立新美術館「ミュシャ展」で60万人以上が見た作品が帰ってくる! 平成29年7月1日(土)から平成29年11月5日(日)まで、堺 アルフォンス・ミュシャ館では、企画展「あこがれ アルフォンス・ミュ[続きを読む]

国立新美術館をコトバンクで調べる

写真

  • 「奇妙な果実」
  • 「ジャコリントウ」
  • 内覧会で180センチを超える「歩く男Ⅰ」(手前)を鑑賞する人たち=13日午後、東京・六本木の国立新美術館
  • 世界が注目する芸術家・ジャコメッティの苦悩と素顔を描く映画『Final Portrait』(原題)2018年1月公開決定(C)Final Portrait Commissioning Limited 2016
  • 「君の名は。」から、安藤雅司さんによる作監修正 (C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 「歩く男1」1960年、ブロンズ、183×26×95.5センチ
  • 「犬」(1951年、ブロンズ、マーグ財団美術館)
  • 大規模個展会場で自作を見る=東京・六本木、鬼室黎撮影
  • アルフォンス・ミュシャ《スラヴ叙事詩「スラヴ式典礼の導入」》1912年、プラハ市立美術館蔵 (C)Prague City Gallery

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ