メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国立新美術館

関連キーワード

  • 草間彌生さん(2016年12月26日 朝刊)

    種苗業を営む松本市の旧家で誕生。10歳で描いた母の肖像画は、既に水玉模様で覆われていた。1957〜73年は米国で暮らし、立体や彫刻にも創作の幅を広げる。来年2月22日、東京の国立新美術館で「草間彌生わが永遠の魂」展が開幕する。

最新ニュース

都会のまん中で新緑の季節を楽しむイベント「MIDTOWN OPEN THE PARK 2018」(2018/2/15)

リリース発行企業:東京ミッドタウンマネジメント株式会社約80体のアートこいのぼりや、長さ約25mの巨大こいのぼりが登場青空の下、アートを楽しめるイベントや人気のヨガを開催!東京ミッドタウン(港区赤坂 …[続きを読む]

国立新美術館をコトバンクで調べる

写真

  • モネの「睡蓮の池」前で取材に答える井上芳雄
  • モネの「睡蓮の池」前で取材に答える井上芳雄
  • 妻・知念里奈の妊娠祝福に笑顔で感謝した井上芳雄 (C)ORICON NewS inc.
  • 「ルーヴル美術館展」記者発表会に出席したオフィシャルサポーターを務める高橋一生(撮影・近藤由美子)
  • 米軍のヘリポートがある「赤坂プレスセンター」。後方は青山霊園(市民団体「麻布米軍ヘリ基地撤去実行委員会」提供)
  • 「ルーヴル美術館展」記者発表会に出席したオフィシャルサポーターを務める高橋一生(撮影・近藤由美子)
  • 低音ボイスを自虐した高橋一生(C)ORICON NewS inc.
  • 朝日新聞社賞の「Ego-images」と、開幕前日の最終確認をする三軌会会員=徳島市藍場町2丁目
  • PLAY! スペースインベーダー展=(C)TAITO 1978,2017
  • 「草間彌生」展は報道内覧会の段階から混み合っていた=国立新美術館
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ