メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国連総会

関連キーワード

  • 帰還権(2008年09月19日 朝刊)

    国連総会は48年末、「(難民の)早期の帰還か、戻らない者への補償」を求める決議を採択。49年には人道援助や医療、教育などの支援を実施する国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)を創設した。現在、国連に登録するパレスチナ難民は450万人。イスラエルに住むアラブ系の避難民も帰還権の対象だが、国連の登録難民には含まれていない。当初はUNRWAの支援を受けていたが、イスラエルの要請で52年に支援活動は打ち切られた。

  • G4案(2008年10月15日 朝刊)

    日本、ドイツ、インド、ブラジルの4カ国(G4)が主導し、05年7月、国連総会に提出した「安保理改革に関する枠組み決議案」。常任理事国を11カ国に増やし、非常任理事国も4カ国増の14カ国として、安保理を25カ国に拡大する内容。国連加盟国の4分の1を占めるアフリカ連合の独自案との一本化が実現せず、採択されないまま廃案となった。

  • 死刑制度(2008年10月11日 朝刊)

    アムネスティ・インターナショナルによると、9月現在で60カ国が存置、137カ国が廃止している。国連総会は昨年12月、死刑執行の停止を求める決議案を賛成多数で採択した。日本は米国、中国などとともに反対した。内閣府が04年に実施した世論調査では、死刑廃止派が6%に対し、容認派が81%。執行数は93年以降年間数人のペースだったが、長勢甚遠法相在任中の06年12月に1年3カ月ぶりに執行が再開されて以降、計26人が執行された。

最新ニュース

(京の視座)千玄室さん お茶、伝統・価値観いま一度(2017/8/21)

 京都ゆかりの識者に聞く「京の視座」。今回は茶道裏千家第十五代・前家元の千玄室さんが、茶道からみた京都の伝統文化の神髄を語ります。聞き手は日本近現代思想の研究者、中島啓勝さんです。 ――山城地域から宇[続きを読む]

国連総会をコトバンクで調べる

写真

  • 千玄室さん(茶道裏千家第15代・前家元)=上京区
  • 対談で映画「この世界の片隅に」の制作について話す片渕監督(右)と蔵本さん
  • 会見の冒頭に頭を下げる安倍晋三首相=3日午後、首相官邸
  • 原爆ドーム(手前)と広島平和記念資料館(上)=広島市中区
  • ラビシャンカール氏の道場でヨガをする人々=ベンガルール
  • 核兵器廃絶を求めるヒバクシャ国際署名に署名した染谷絹代・島田市長(左)=島田市役所
  • SDGsの17目標/米ニューヨークの国連本部ビル/SDGs動画を発表したピコ太郎さん/首相官邸で6月に開かれた政府のSDGs推進本部会合
  • 核兵器禁止条約で禁止されること
  • SDGs(Sustainable Development Goals)が掲げる17分野の目標。教育の機会やジェンダーの平等、安全な暮らし、働きがいづくりなどに取り組む
  • 平岡敬・元広島市長
  • 核兵器の人道的影響に関する国際会議での発言をめぐり、当時の佐野利男・軍縮大使(手前右)と話すサーロー節子さん(左)=2014年12月8日、ウィーン
  • 核兵器禁止条約交渉をボイコットした日本政府代表の席に置かれた大きな折り鶴=3月28日、ニューヨーク国連本部
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ