メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国際原子力機関

関連キーワード

  • 国際原子力機関(IAEA)(2009年09月06日 朝刊)

    核拡散防止のための査察を担うことから「核の番人」と呼ばれ、原子力の平和利用促進と軍事転用防止を図る国際機関。本部はウィーン。意思決定機関は、35カ国で構成する理事会。核不拡散と技術協力の両面で、役割の重要性が増している。

  • 国際原子力機関(IAEA)事務局長(2009年07月04日 朝刊)

    査察官約250人を含む約2330人の職員を率いる。国際機関のトップとして中立が建前だ。最高意思決定機関は、加盟146カ国のうち35カ国でつくる理事会。事務局長は査察後の分析結果や予算案などを報告し、判断を仰ぐ立場だ。理事国間に合意がなければ、ものごとは進まない。各国から信頼されていることや調整手腕が力の源泉になる。IAEAの役割が重みを増すにつれ、政治的な影響力が高まっているとの指摘もある。現在のエルバラダイ事務局長はイラク戦争前、査察結果をもとに「イラクに核兵器が存在する証拠はない」と主張。軍事解決への反対を貫いた。後にその正しさが証明され、05年にはIAEAとともにノーベル平和賞を受賞。これがさらに影響力を高めることになった。

  • 米欧元高官の核廃絶提言(2008年08月07日 朝刊)

    キッシンジャー、シュルツ両元米国務長官ら4人が昨年1月の米紙ウォールストリート・ジャーナルに提言「核兵器のない世界を」、今年1月に提言「非核の世界へ」を発表。核抑止力の有効性が下がる一方、核拡散の危険が高まっているとして、核廃絶を呼びかけた。特に今年の提言では、(1)冷戦時代の大規模攻撃作戦計画の廃棄(2)包括的核実験禁止条約(CTBT)の発効への努力——の08年中の開始を米ロに求めた。賛同の声は米同盟国にも広がり、今年6月にハード元英外相やロバートソン前北大西洋条約機構(NATO)事務総長ら4人が英紙タイムズへの寄稿で「究極の望みは核兵器のない世界。政治的意志と監視強化で達成は可能だ」と主張。(1)国際原子力機関(IAEA)の査察機能強化(2)米など9カ国にCTBTの批准働きかけを継続——などを訴えた。

最新ニュース

トランプ氏「合意破棄も」 修正応じぬなら イラン核巡り演説(2017/10/14)

 米欧など6カ国とイランが2015年に結んだイラン核合意について、トランプ米大統領は13日の演説で「合意を認めない」と宣言した。合意の枠組みには当面はとどまる意向を示したが、イランへの制限強化が必要だ…[続きを読む]

写真

  • 協定書を交わし、握手する岡山大の槙野博史学長(右)と名古屋大の松尾清一総長=岡山市北区津島中1丁目
  • 日米原子力協定の構図
  • イラン核合意を巡る構図
  • インタビューに応じる天野之弥事務局長=ウィーン、吉武祐撮影
  • どんな機関?
  • 国際原子力機関(IAEA)の総会に臨む天野之弥事務局長=18日、ウィーン、吉武祐撮影
  • 北朝鮮に核開発疑惑への対応を強く促す議長声明を採択した国連安全保障理事会=1994年5月30日、国連提供
  • 「不死鳥」の壁画がある議場で開かれた国連安全保障理事会サミット=1992年1月31日、国連のミルトン・グラント撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ