メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 国際法による核兵器禁止(2016年01月28日 朝刊)

    昨春の核不拡散条約(NPT)再検討会議の決裂や、核兵器の非人道性の認識の広がりを背景に、非核国の間で急速に支持が拡大している。核保有国も入って核兵器に関するあらゆる活動を禁止し、一定期間内に廃絶する「包括的な核兵器禁止条約」や、核保有国の参加なしでも交渉し、核兵器の使用と保有を禁止する「核兵器使用・保有禁止条約」など、様々な考え方がある。

  • グアンタナモ米軍基地(2008年12月12日 朝刊)

    1903年から使われ、米国はカストロ体制下でもかつての条約を盾に永久租借権を主張。治外法権の地としてきた。「テロとの戦い」では、国外ながら米軍の管理下にある上、国内胞国際法ともに適用されないとして容疑者を無期限に拘束してきた。収容所は02年1月に設置。最多時に約750人、現在も252人を収容する。

  • 国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(2009年04月27日 朝刊)

    WHOによる感染症対策活動に国際法上の根拠を与える「国際保健規則」に基づく形で、新型インフルエンザなどの感染症発生といった国際協調が必要な事態が起きた際に(1)事態の深刻さ(2)予測不能あるいは異常な事態かどうか(3)国際的に広がる危険性(4)旅行や貿易活動を疎外するリスクの評価、などをもとに事務局長が認定する。現行規則では、WHOは必要なら加盟国に出入国制限などの勧告を行うことができるが、強制力はない。

最新ニュース

トンブクトゥで古い寺を破壊するイスラム過激派の戦闘員たち=2012年7月、AFP時事

マリの世界遺産破壊「後悔」 過激派元戦闘員、国際法廷で「許しを」(2016/08/23)

 西アフリカ・マリにある世界遺産の破壊を命じたとして、戦争犯罪に問われたイスラム過激派の元戦闘員に対する法廷が22日、オランダ・ハーグの国際刑事裁判所(ICC)で開かれた。元戦闘員は容疑を認め、「人々[続きを読む]

写真

  • トンブクトゥで古い寺を破壊するイスラム過激派の戦闘員たち=2012年7月、AFP時事
  • 『集団的自衛権の思想史』  
  • 7日に領海侵入した中国海警局の公船「海警33102」。機関砲らしきものを搭載していた=海上保安庁提供
  • 見つかった「バトパハだより」。発行した計100号のうち、88号分が残っていたほか、日本国憲法全文を掲載した別刷りの小冊子も出てきた=愛知県尾張旭市
  • 東シナ海における最近の中国公船の動き/南シナ海をめぐる最近の動き
  • アレクサンダー・ブービンさん
  • ヘイトスピーチ対策法(骨子)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】織の美が光るハンドバッグ

    粋の一品

  • 【&TRAVEL】名刹で自分みがき

    暑い日も涼しくパワーチャージ

  • 【&M】女子アスリート応援団

    七種競技のヘンプヒル恵さん

  • 【&w】昭和ごはんの「さしすせそ」

    なんて奥深い、日本の調味料

  • ブック・アサヒ・コム浅利慶太インタビュー

    「李香蘭」を企画・構成・演出

  • WEBRONZA「シーベルト」の本当の意味

    放射線による健康影響は誤用?

  • 写真

    ハフポスト日本版 リオ五輪

    熱く応援する女性たち

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ