メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)

非営利報道機関ICIJとは

 ICIJは、1989年に創設された非営利の報道機関「センター・フォー・パブリック・インテグリティー(Center for Public Integrity)」の国際報道部門。米ワシントンに事務所がある。60カ国以上の記者やジャーナリストが連携し、国際的な犯罪を取材し、報道してきた。朝日新聞社は2012年に提携関係を結んだ。パナマ文書報道では共同通信も参加している。《ICIJの特設サイト「THE PANAMA PAPERS」はこちら》

最新ニュース

写真・図版

パナマ文書報道の記者死亡 車爆破の真相究明、求める声(2017/10/18)

 地中海の島国マルタで16日、タックスヘイブン(租税回避地)をめぐる「パナマ文書」をもとに政府の疑惑を告発した女性ジャーナリスト、ダフネ・カルアナガリチア氏(53)の車が爆破され、同氏は即死した。パナ…[続きを読む]

写真

  • ダフネ・カルアナガリチア氏
  • マルタで16日、死亡したカルアナガリチア記者を追悼する集会でキャンドルをともす参加者の女性=ロイター
  • マルコ・チャコンさん=フロリダ州プランテーション、ランハム裕子撮影
  • アイルランドで「我々は払わないぞ」と書かれた横断幕をもって歩くデモの参加者。家庭用水道水の有料化に反対していたが、怒りはアップルの「節税」にも向けられた=ダブリン、昨年9月、寺西和男撮影
  • アイルランドで「我々は払わないぞ」と書かれた横断幕をもって歩くデモの参加者。家庭用水道水の有料化に反対していたが、怒りはアップルの「節税」にも向けられた=ダブリン、昨年9月、寺西和男撮影
  • グラフィック・岩見梨絵
  • ICIJと「パナマ文書」報道
  • 10日夜、ピュリツァー賞の解説報道部門で受賞が決まり、抱き合って喜ぶマイアミ・ヘラルド紙の記者や編集担当幹部ら。同紙記者は「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)」の一員として、「パナマ文書」の報道に携わった=AP
  • 米国の非営利メディアに活動資金の寄付が続々と届けられているという(本文と写真は関係ありません。写真はpicture―alliance/dpa/AP Images)
  • シッラ・アレッチさん
  • パナマ文書の中にあった英領バージン諸島の法人の登記関係資料。いがらしゆみこさんの本名が漢字で記されているが、本人の筆跡ではないという
  • 熊本地震 検索データ分析
  • バハマ法人の設立登記関係書類と見られる流出文書。日本語らしき言葉を社名に含む法人もある。
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ