メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

在日韓国人

関連キーワード

  • 新韓銀行(2016年04月14日 朝刊)

    在日韓国人が出資し、1982年に設立した韓国初の民間銀行。2003年、韓国政府管理下の老舗の朝興銀行を買収した。15年12月末現在、国内外に912店舗を展開し、当期純利益が1524億円、行員1万4183人の韓国大手。近年は外国人株主が増え、在日韓国人の株保有率は低くなった。

  • 特別永住資格(2012年12月07日 夕刊)

    終戦前から日本に居住し、サンフランシスコ講和条約の発効(1952年)で日本国籍を失った在日韓国・朝鮮人とその子孫に対して認められた永住許可。入国審査時の顔写真撮影や指紋採取が省かれるなど「一般永住資格」とは違った扱いを受ける。前身は66年に在日韓国人に認められた「協定永住」と82年に在日朝鮮人に認められた「特例永住」の資格。昨年末時点の特別永住者は約38万9千人。

  • 外国人地方参政権(2010年04月29日 朝刊)

    日本に住む外国人が地方議員と首長選挙で投票できるようにする制度。鳩山政権は国内の永住外国人約91万人を対象にすることを検討している。永住資格取得には原則10年以上の在留が必要で、国籍取得の5年以上よりも長い。最高裁は95年の判決で、選挙人名簿への登録を求めた在日韓国人の請求を棄却したが、地方参政権を与えるのは必ずしも違憲といえないとした。民主党や公明党などが同様の法案を提出してきたが、いずれも成立には至っていない。

最新ニュース

写真・図版

消えた「外国人参政権反対」 希望公約―公認条件だったのに、なぜ 衆院選(2017/10/7)

 希望の党が6日に発表した衆院選の公約と政策集には「外国人の地方参政権付与に反対」が盛り込まれなかった。小池百合子代表(東京都知事)の持論で、民進党からの移籍組が公認を得る際の条件にもなっていたのに、…[続きを読む]

写真

  • 雨の中、希望の党の「外国人参政権反対」協定に抗議する人たち=6日午後6時42分、東京都新宿区の都庁前、迫和義撮影
  • 左がエミリア・シャカリアナ、右がシモナス・カイリース。「ふたりのおかげでボランティアが実現しました」と池田大平(中央)=9月4日、カウナス市
  • 北朝鮮のミサイル発射などに抗議する人たち=16日午前、東京都千代田区、竹花徹朗撮影
  • 北朝鮮のミサイル発射などに抗議し、デモ行進する人たち=16日午前、東京都千代田区、竹花徹朗撮影
  • 虐殺された被害者の遺族から韓国で話を聞く呉充功さん(左)=撮影中の映画予告編から、呉さん提供
  • 関東大震災で犠牲になった朝鮮人たちに向けて、鎮魂の舞が披露された=1日午後11時32分、東京都墨田区の横網町公園、仙波理撮影
  • リナ・ディボフスキーさん
  • 画・今日マチ子
  • 記者会見する小池百合子・東京都知事=25日午後、都庁、野村周平撮影
  • 記者会見する小池百合子・東京都知事=25日午後、都庁、野村周平撮影
  • 条例全面施行から1年を前に記者会見した市民団体「ヘイトスピーチを許さない!大阪ネットワーク」=6月、大阪市役所
  • インタビューに応じる映画「朴烈」のイ・ジュンイク監督=ソウル、武田肇撮影
  • 東ちづるさん=山本和生撮影
  • 市の担当者に書簡を渡す朴鐘碩さん(左)=川崎市
  • 孫に囲まれ笑顔を見せる青木定雄さん(右)=2004年1月、遺族提供
  • 接客を学ぶベトナム人留学生(右)。コンビニのレジでも外国人の姿をよくみるようになった=東京都新宿区
  • 接客を学ぶベトナム人留学生(右)。コンビニのレジでも外国人の姿をよくみるようになった=東京都新宿区
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ