メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

地域振興

関連キーワード

  • 地域振興(2008年10月31日 夕刊)

    小渕内閣時代の99年春、緊急経済対策の一つとして発行。1枚千円の金券で、15歳以下の子供がいる世帯は子供1人につき2万円、住民税が非課税の65歳以上の高齢者は1人につき2万円が支給された。総務省によると、全国で約3107万人が受け取り、交付総額の99・6%にあたる約6190億円が利用された。経済企画庁(当時)が同年8月発表した地域振興券の経済効果調査によると、押し上げた個人消費は2025億円程度で、国内総生産(GDP)の個人消費の0・1%程度にとどまる。

  • 合併特例区協議会(2010年03月17日 朝刊)

    2006年1月1日の宮崎市への編入合併時に合併特例法に基づき佐土原、田野、高岡の旧3町に5年の期限で設置された。公民館長や商工会会長など地域の代表者らを市長が委員に選任し、各地区とも15人で構成。年4回の定例会で地域振興策などを審議し、市長や区長に意見を述べることができる。同市では区長が副市長を兼務。副市長には月額77万円の報酬が出ている。

  • 福岡県町村会(2010年02月03日 朝刊)

    県内の全32町村が加盟し、その負担金などで運営されている。予算規模は年間8千万円程度。地域振興のための調査・研究をしたり、県に各町村の要望を伝えたりする。事務局長には県職員OBが就くのが慣例化している。事務局は福岡市博多区の自治会館内にあり、県市町村振興協会など別の複数の団体の事務局を兼ねている。

最新ニュース

島根)中海遊覧飛行、来春の本格運航めざし準備着々(2017/8/20)

 中海を飛び立った小型の水陸両用飛行機で上空から景色を楽しむ遊覧飛行の準備が進められている。来春の本格運航をめざし、7、8月には、実際に旅行業者らを乗せて観光化への課題などを探る試みをした。事業を誘致[続きを読む]

写真

  • 中海を離水する水陸両用機=松江市上宇部尾町から撮影
  • 7月中旬に学内で行われたそうめん流しのリハーサル(神戸市灘区、神戸松蔭女子学院大学提供)
  • 再生エネによる地域への貢献策の事例
  • 自身の漫画をあしらったりんご大使の名刺とうちわを手にする振分親方(右)と成田町長=板柳町役場
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ