メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

地域振興

関連キーワード

  • 地域振興(2008年10月31日 夕刊)

    小渕内閣時代の99年春、緊急経済対策の一つとして発行。1枚千円の金券で、15歳以下の子供がいる世帯は子供1人につき2万円、住民税が非課税の65歳以上の高齢者は1人につき2万円が支給された。総務省によると、全国で約3107万人が受け取り、交付総額の99・6%にあたる約6190億円が利用された。経済企画庁(当時)が同年8月発表した地域振興券の経済効果調査によると、押し上げた個人消費は2025億円程度で、国内総生産(GDP)の個人消費の0・1%程度にとどまる。

  • 合併特例区協議会(2010年03月17日 朝刊)

    2006年1月1日の宮崎市への編入合併時に合併特例法に基づき佐土原、田野、高岡の旧3町に5年の期限で設置された。公民館長や商工会会長など地域の代表者らを市長が委員に選任し、各地区とも15人で構成。年4回の定例会で地域振興策などを審議し、市長や区長に意見を述べることができる。同市では区長が副市長を兼務。副市長には月額77万円の報酬が出ている。

  • 福岡県町村会(2010年02月03日 朝刊)

    県内の全32町村が加盟し、その負担金などで運営されている。予算規模は年間8千万円程度。地域振興のための調査・研究をしたり、県に各町村の要望を伝えたりする。事務局長には県職員OBが就くのが慣例化している。事務局は福岡市博多区の自治会館内にあり、県市町村振興協会など別の複数の団体の事務局を兼ねている。

最新ニュース

全国初!お祭りを軸としたプロモーション施策 茨城県笠間市との 包括的連携協定 調印式開催 訪日客向けメディアを持つ昭文社と日本初のお祭り専門会社オマツリジャパン(2018/2/23)

 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475、以下昭文社)は、2018年2月22日付で、お祭りを事業ドメインとする株式会社オマツリジャパン(本社:新宿区、代表取…[続きを読む]

写真

  • 愛車のロードバイクにまたがる青木茂樹理事長=甲府市宝2丁目
  • 石巻市北上観光物産交流センターを訪れた地元の人たち=同市北上町十三浜
  • 2018年度 富山県一般会計当初予算案
  • 近鉄大阪上本町駅の地下ホームを逃げる弁護士役のチャン・ハンユー(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
  • JR福崎駅前に設置されている河童の妖怪ベンチ=福崎町福田
  • 真剣な表情で「原木」の血抜きをする参加者たち=大鰐町早瀬野のおおわに自然村生ハム工房
  • 手作りの「えなハヤシ」をよそう児童=恵那市岩村町
  • 地方における若者(15~29歳)の人口は15年間で3割減った/若者の東京圏への人口転入超過数
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ